FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2019. 10. 01

2019年44号のジャンプ感想

kyousuke20131229.jpg

全くジャンプと関係ない話題で申し訳ないが
Key総選挙で1位の栄光に輝いたのは
なんと棗恭介氏!!
名だたるヒロインたちを押しのけて
男のサブキャラが優勝したわけだが
「まぁ恭介なら納得かな」っと思ってしまう
この安心感はなに?

以下、今週のジャンプ感想

・ワンピース

白ひげ、カイドウ、マムが参加してる上に
劇場版に登場したシキまでも
参加してるとかロックス海賊団が魔境すぎる…
でもってそれを倒しちゃうロジャーとガープって何なの?
ゴッドバレーの頂上決戦は劇場版で描いてほしいな。

カイドウとマムの同盟が知れ渡って
完全にヤバい時期に七武海の
権利はく奪してしまったことに気付いたみたいですけど、
この世界情勢とワノ国、どっちもどっちで
大きな流れが動き出しているように感じます。


・Drストーン

メンタリストあさぎりゲンの本領発揮。
武力も科学知識もない彼だが
舌戦においては本作最強なんだと感じました。
モズという最強の手札を手に入れたけど
この同盟も彼が目的を果たした瞬間に
瓦解しそうな気も…


・鬼滅の刃

弟のようになりたかった兄と
自分を「2番目」と謙遜し兄を慕っていた弟
互いに思いやっているようで
全くすれ違っていた兄弟の物語はここに完結。
最終形態に進化したときは
「あ、やばい…これ全滅して
炭治朗たちが決着つけるパターンだ」
って思ったが、ちゃんと今のメンバーで
対処できてよかった。

でも玄弥も無一郎も死ぬだろうし
お兄ちゃんも血が足りない。
本当にギリギリの死闘を制したっていう感じだった。
残るは無惨と琵琶の鬼。次は恋と蛇かな?


・僕勉

ヒロインたちが仲良くしてるのを
少し遠くから眺めて感慨に浸る
成ちゃんから、お兄ちゃん味を感じた。
ようやく和解した真冬先生と
リズりん、文乃っちですが、
彼女の部屋に成幸が入り浸ってる件を
知ったらどう思うのだろうか?
受験は終わった、あとは成幸争奪戦がどうなるかだ。


・ヒロアカ

気付いて…エンデヴァーパパは
ホークスくんの気持ちに気付いてあげて。


・ブラッククローバー

思わず幻のアスタを吹っ飛ばしちゃうあたり
可愛かったけど、ノエルちんはもうちょっと
素直になったほうが…っは無理な話か。


・夜桜さん家の大作戦

大切な人を助けるためとはいえ
見ず知らずのか弱い少女を救わない選択は
やっぱりできませんよね。
でも実は助けた幼女が敵のスパイで…
っていうオチが来たら
たぶん太陽君は何も信じられなくなると思う。
(流石にそこまで鬼畜ではなかったが)


・ゆらぎ荘

コガラシさんが犬になって
いろいろと美味しい目に会うというサイレント回。
最後までどっちかわからないようになってたけど
あのラッキースケベ力は確実にコガラシさんだろうな
って俺は信じていました。



【関連記事】

2016年
・2016年7号のジャンプ感想
・2016年8号のジャンプ感想
・2016年9号のジャンプ感想
・2016年10号のジャンプ感想
・2016年11号のジャンプ感想
・2016年12号のジャンプ感想
・2016年13号のジャンプ感想
・2016年14号のジャンプ感想
・2016年15号のジャンプ感想
・2016年16号のジャンプ感想
・2016年17号のジャンプ感想
・2016年18号のジャンプ感想
・2016年19号のジャンプ感想
・2016年20号のジャンプ感想
・2016年21、22号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年25号のジャンプ感想
・2016年26号のジャンプ感想
・2016年27号のジャンプ感想
・2016年28号のジャンプ感想
・2016年29号のジャンプ感想
・2016年30号のジャンプ感想
・2016年31号のジャンプ感想
・2016年32号のジャンプ感想
・2016年33号のジャンプ感想
2016年34号のジャンプ感想
・2016年35号のジャンプ感想
・2016年36、37号のジャンプ感想
・2016年38号のジャンプ感想
・2016年39号のジャンプ感想
・2016年40号のジャンプ感想
・2016年42号のジャンプ感想
・2016年43号のジャンプ感想
・2016年45号のジャンプ感想
・2016年46号のジャンプ感想
・2016年47号のジャンプ感想
・2016年48号のジャンプ感想
・2016年49号のジャンプ感想
・2016年50号のジャンプ感想
・2016年51号のジャンプ感想
・2016年52号のジャンプ感想

2017年
・2017年1号+2,3号のジャンプ感想
・2017年4,5号のジャンプ感想
・2017年6号のジャンプ感想
・2017年7号のジャンプ感想
・2017年8号のジャンプ感想
・2017年9号のジャンプ感想
・2017年10号のジャンプ感想
・2017年11号のジャンプ感想
・2017年12号のジャンプ感想
・2017年13、14号のジャンプ感想
・2017年15号のジャンプ感想
・2017年20号のジャンプ感想
・2017年21、22号のジャンプ感想
・2017年23号のジャンプ感想
・2017年24号のジャンプ感想
・2017年25号のジャンプ感想
・2017年26号のジャンプ感想
・2017年27号のジャンプ感想
・2017年28号のジャンプ感想
・2017年29号のジャンプ感想
・2017年30号のジャンプ感想
・2017年35号のジャンプ感想
・2017年36、37号のジャンプ感想
・2017年38号のジャンプ感想
・2017年39号のジャンプ感想
・2017年40号のジャンプ感想
・2017年41号のジャンプ感想
・2017年42号のジャンプ感想
・2017年43号のジャンプ感想
・2017年44号のジャンプ感想
・2017年46号のジャンプ感想
・2017年47号のジャンプ感想
・2017年48号のジャンプ感想
・2017年49号のジャンプ感想
・2017年50号のジャンプ感想
・2017年51号のジャンプ感想
・2017年52号のジャンプ感想

2018年
・2018年1号のジャンプ感想
・2018年2,3号のジャンプ感想
・2018年4,5号のジャンプ感想
・2018年7号のジャンプ感想
・2018年8号のジャンプ感想
・2018年9号のジャンプ感想
・2018年10号のジャンプ感想
・2018年11号のジャンプ感想
・2018年12号のジャンプ感想
・2018年13号のジャンプ感想
・2018年14号のジャンプ感想
・2018年15号のジャンプ感想
・2018年16号のジャンプ感想
・2018年23号のジャンプ感想
・2018年24号のジャンプ感想
・2018年25号のジャンプ感想+おまけ
・2018年26号のジャンプ感想
・2018年27号のジャンプ感想
・2018年28号のジャンプ感想
・2018年29号のジャンプ感想
・2018年30号のジャンプ感想
・2018年31号のジャンプ感想
・2018年32号のジャンプ感想
・2018年33号のジャンプ感想
・2018年34号のジャンプ感想
・2018年35号のジャンプ感想
・2018年36・37号のジャンプ感想
・2018年38号のジャンプ感想
・2018年39号のジャンプ感想
・2018年40号のジャンプ感想
・2018年41号のジャンプ感想
・2018年42号のジャンプ感想
・2018年43号のジャンプ感想
・2018年46号のジャンプ感想
・2018年47号のジャンプ感想
・2018年49号のジャンプ感想
・2018年50号のジャンプ感想
・2018年51号のジャンプ感想
・2018年52号のジャンプ感想

2019年
・2019年1号のジャンプ感想
・2019年2号のジャンプ感想
・2019年3号のジャンプ感想
・2019年4・5号のジャンプ感想
・2019年6・7号のジャンプ感想
・2019年8号のジャンプ感想
・2019年9号のジャンプ感想
・2019年10号のジャンプ感想
・2019年12号のジャンプ感想
・2019年13号のジャンプ感想
・2019年14号のジャンプ感想+α
・2019年15号のジャンプ感想
・2019年16号のジャンプ感想
・2019年17号のジャンプ感想
・2019年18号のジャンプ感想
・2019年19号のジャンプ感想
・2019年20号のジャンプ感想
・2019年21号のジャンプ感想
・2019年22、23号のジャンプ感想
・2019年24号のジャンプ感想
・2019年25号のジャンプ感想
・2019年26号のジャンプ感想
・2019年27号のジャンプ感想
・2019年28号のジャンプ感想
・2019年29号のジャンプ感想
・2019年30号のジャンプ感想
・2019年31号のジャンプ感想
・2019年32号のジャンプ感想
・2019年33号のジャンプ感想
・2019年34号のジャンプ感想
・2019年35号のジャンプ感想
・2019年36・37号のジャンプ感想
・2019年38号のジャンプ感想
・2019年39号のジャンプ感想
・2019年40号のジャンプ感想
・2019年41号のジャンプ感想
・2019年42号のジャンプ感想
・2019年43号のジャンプ感想


ritobasuFC2.jpg
スポンサーサイト



COMMENT▼

ええ、滑り具合

僕達は勉強が出来ない


・成幸の怪我

最悪な事態は避けられたけど試験終わってから痛み始めたのだろうなぁ……まあ積雪になると病院も大忙しになるし診療所も開けざる得ないだろうよ。桐須先生、やはりドラテクが尋常では無い。


さて何人がちくわになりてぇ!とシャウトしたのやら……。


今後は数年後に女子高生になった水希ちゃんを主体にしてドタバタにしても良いかもしれない。

No title

>カイドウとマムの同盟が知れ渡って
完全にヤバい時期に七武海の
権利はく奪してしまったことに気付いたみたいですけど、

海軍はいつもタイミングが悪いですね

>モズという最強の手札を手に入れたけど
この同盟も彼が目的を果たした瞬間に
瓦解しそうな気も…

まあ、その辺は千空やゲンたちも織り込み済みでしょう
悟空たちが力の大会でフリーザと組んだみたいなもんですし

>ノエルちんはもうちょっと
素直になったほうが…っは無理な話か。

ノエルは現代のルイズと言っても過言じゃないです

No title

>>全くジャンプと関係ない話題で申し訳ないが
>>Key総選挙で1位の栄光に輝いたのは
>>なんと棗恭介氏!!
>>名だたるヒロインたちを押しのけて
>>男のサブキャラが優勝したわけだが
>>「まぁ恭介なら納得かな」っと思ってしまう
>>この安心感はなに?

ある意味リトバスの真のヒロインですし納得ですね

あと主人公投票での1位はコタさんでしたね
こっちも本編の身の削りぶりを考えると納得です
コタさんおめでとう

Re: ええ、滑り具合

>YF-19k(kyousuke) さん
コメントどーも

> ・成幸の怪我
> 最悪な事態は避けられたけど試験終わってから痛み始めたのだろうなぁ……まあ積雪になると病院も大忙しになるし診療所も開けざる得ないだろうよ。桐須先生、やはりドラテクが尋常では無い。

医者の娘がレギュラーにいたおかげですぐ治療できてよかった。

> さて何人がちくわになりてぇ!とシャウトしたのやら……。

ちくわになりてぇ!

> 今後は数年後に女子高生になった水希ちゃんを主体にしてドタバタにしても良いかもしれない。

最終回でそういう感じになりそう

Re: No title

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> 海軍はいつもタイミングが悪いですね

赤犬の胃がマッハでやばい

> まあ、その辺は千空やゲンたちも織り込み済みでしょう
> 悟空たちが力の大会でフリーザと組んだみたいなもんですし

科学の力で何とかするのかな?

> ノエルは現代のルイズと言っても過言じゃないです

うるさいうるさいうるさい…ってそれは違う人か

Re: No title

>サクさん
コメントどーも

> ある意味リトバスの真のヒロインですし納得ですね

リトバスは「友情」がテーマなだけあって
ヒロインたちよりも男キャラのほうが目立っていますし、
裏主人公的な存在の恭介は本当にサブキャラの域を超えた
活躍をしてくれますから。当然

> あと主人公投票での1位はコタさんでしたね
> こっちも本編の身の削りぶりを考えると納得です
> コタさんおめでとう

コタさんが主人公1位なのはすっごく納得です。
テラ編は実質彼のためにあったといっても過言ではないですから。

…というか他のKey主人公は割と情けない部分のほうが多いですからね。
だからこそヒーローとして描かれる彼が1位に輝いたのかも。

同じ漢字なんですね……ええ(遠目」

<棗 恭介


同じ漢字になるんですよ……因みに時折マドンナメイト(18禁小説)での野郎の名前にも使われる事もある。


試験終わった後で治療を受けたんだろうなぁ……


そんな声が聞こえるが結構な惨事……おでんで笑いを撮るダチョウ倶楽部や出川さえもやらない事をやってしまう二人。


相手役はもちろんイケメンだけど勉強がダメと言う逆ハーレム状態……イケるって!!

ONE PIECE
最終的なルフィの懸賞金額は多分56億ベリーだろうな・・・
正直白髭一人に匹敵する50億のオペオペの実を食べたローはもうちょいと金額見直した方がいい気がする。

ガープとロジャーが共闘した事があるのは後のエースの世話を頼まれた件を考えたら感慨深いものがある。

七武海解体が決定したタイミングは本当に悪い。描写的に仕事はキチンとこなしてたミホークは菓子折り持って別の役職与えないと大変な気がする。

鬼滅
本当に2人死んだのだろうか?
玄弥はどうも性質的に死んだ気がしないのだが。
壱も遂に撃破。「うわっ・・・私の外見、醜すぎ・・・?」で隙が出来た辺りとか、呼吸を使ったとか一番人間臭い鬼だった。

Re: タイトルなし

> ONE PIECE
> 最終的なルフィの懸賞金額は多分56億ベリーだろうな・・・

ゴムだからちょうど56になりますし
ロジャーを超えた金額っていうことでゴロが良いですからね。

> ガープとロジャーが共闘した事があるのは後のエースの世話を頼まれた件を考えたら感慨深いものがある。

そうか、ガープはロジャーの子を育てたってことになるのか…

> 七武海解体が決定したタイミングは本当に悪い。描写的に仕事はキチンとこなしてたミホークは菓子折り持って別の役職与えないと大変な気がする。

赤犬「正直しんどい」

> 鬼滅
> 本当に2人死んだのだろうか?
> 玄弥はどうも性質的に死んだ気がしないのだが。

玄弥はなんとなくどうにかなりそうだけど
無一郎に関しては鬼化しないかぎり生存は絶望的かと。

ワンピース
確かにあのメンバーの頂点に立っていた怪物を倒したのはヤバイ事ではありますが、部下のヤバイ連中がその時に全然捕まってない事から正面から全部潰したわけではなく、作戦や運もありガープとロックスだけの戦いに近い形に持ち込んだんだと思います
あと、ガープが血を流してる場面でモブが喜んでるシーンがあるので部下もいたんでしょう。
カイドウは見習いと言ってましたし、当時はそんな怪物ではなかったんだと思います。その時にガープかロジャーに半殺しにされてマムに助けられたのが、マムが言っていた恩じゃないですかね?
タイミングは最悪ですけど、レヴェリーの時以外に七武海撤廃とか出来ませんしドフラミンゴの事とかで戦うべき七武海が残り4人になってるという意味ではここしかなかったんですよね。
本当に運が悪いです。まあ七武海の事件が露見したのも、四皇の同盟成立もルフィがいなければ無かったので世界政府にとってルフィが厄病神なんですけどね。

ストーン
まあ目的は果たしましたが、向こうも得しかしてないので勝ち負けと言っていいんですかね?win-winだと思います。
条件そのものは不平等条約みたいなもんですし。

Re: タイトルなし

> ワンピース
> 確かにあのメンバーの頂点に立っていた怪物を倒したのはヤバイ事ではありますが、部下のヤバイ連中がその時に全然捕まってない事から正面から全部潰したわけではなく、作戦や運もありガープとロックスだけの戦いに近い形に持ち込んだんだと思います

確かにそうですね。一人も死んでませんし。

> あと、ガープが血を流してる場面でモブが喜んでるシーンがあるので部下もいたんでしょう。

おそらく部下も今のコビーみたいなレベルで強かったんだと思います。
(でなきゃ生存していないのかと)

> カイドウは見習いと言ってましたし、当時はそんな怪物ではなかったんだと思います。その時にガープかロジャーに半殺しにされてマムに助けられたのが、マムが言っていた恩じゃないですかね?

ああ、なるほど。それが「恩」なわけか

> 本当に運が悪いです。まあ七武海の事件が露見したのも、四皇の同盟成立もルフィがいなければ無かったので世界政府にとってルフィが厄病神なんですけどね。

行く先々で本当にいろんな事件を起こしすぎな
麦わらのルフィ

> ストーン
> まあ目的は果たしましたが、向こうも得しかしてないので勝ち負けと言っていいんですかね?win-winだと思います。
> 条件そのものは不平等条約みたいなもんですし。

本当の意味で「薄っぺらな同盟」

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7262-1cc40fd8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード