fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2019. 10. 02

戦姫絶唱シンフォギアXV 最終回「神様も知らないヒカリで歴史を創ろう」

sinfo20190709.jpg

繋ぐこの手には神(キミ)を殺す力がある。

sinfo20191002.jpg

「だとしてもぉぉー!!」
っと言い続ける最終回にして
本当に歌で世界を救った最終回でした。
METANOIA…メタノイア…逆から読むとアイノタメ
そうこれは、愛の為も物語だったんでしょうね。

miku20191002.jpg

最後の最後で未来さんが仲間になってくれる流れは
最終決戦だけスポット参戦するNPC感ありました。
しかもクッソ強いの。
同時にウィル博士がまた世界を救ってしまったという
事実が発覚しました。
株が上がったり下がったりと忙しい人ですが
最終的にシンフォギア奏者7人を集められたのは
彼のおかげと言っても過言ではないですからね。
本当に英雄だと思う。

kyaroru20191002.jpg

キャロルちゃんに関しては
やっぱりそうするよね。
…っていう感じの結末でした。
満月ちゃん、Ai、そしてキャロル
最近相棒を助けるために命捨てる
相棒が多すぎじゃないか?

tubasa20191002.jpg

全員での歌からのこれまで死亡したメンバーとの
霊界通信の流れは、シリーズの締めくくりとしては
相応しい内容だったと思う。
出番ねぇだろうなって思われた
奏もフィーネもウィル博士もマムもセレナにも出番があった。
クリスちゃんの両親はいなかったよ!!

そういえば結局エンキとマリアの関係性
(アガートラームの伏線)は分からず仕舞いでしたが
だいたいの視聴者の予想通りなんでしょうね。


総括:戦姫絶唱シンフォギアXV
sinfo20191003.jpg

これまでの伏線全部回収して
歴代シリーズの要素全部ぶち込んで
全部やり切った感のある最終シリーズでした。
文字通り「神の手を離れて」
人類が一人立ちするまでのお話であり
親友同士が本当のことを打ち明けるまでのお話でした。


歌いながら戦うっていうぶっとんだ内容から始まって
ここまで付いてきたんですが。
本当に「ついてきてよかった…」っと思える作品でした。
もはや何も語るまい、ありがとうシンフォギア!


【関連記事】

・戦姫絶唱シンフォギアG 第1話「ガングニールの少女」

・戦姫絶唱シンフォギアG 第2話「胸に力と偽りと」

・戦姫絶唱シンフォギアG 第3話「終焉を望む者、終焉に臨む者」

・戦姫絶唱シンフォギアG 第4話「あたしの帰る場所」

・戦姫絶唱シンフォギアG 第5話「血飛沫の小夜曲」

・戦姫絶唱シンフォギアG 第6話「奇跡ーーそれは残酷な軌跡」

・戦姫絶唱シンフォギアG 第7話「君でいられなくなるキミに」

・戦姫絶唱シンフォギアG 第8話「繋ぐ手と手…戸惑うわたしのため…」

・戦姫絶唱シンフォギアG 第9話「英雄故事」

・戦姫絶唱シンフォギアG 第10話「喪失までのカウントダウン」

・戦姫絶唱シンフォギアG 第11話「ディスティニーアーク」

・戦姫絶唱シンフォギアG 第12話「撃槍」

戦姫絶唱シンフォギアG 第13話(最終回)「遥か彼方、星が音楽となった…かの日」

・戦姫絶唱シンフォギアGX 第1話「奇跡の殺戮者」

・戦姫絶唱シンフォギアGX 第2話「世界を壊すーその前に」

・戦姫絶唱シンフォギアGX 第3話「装者たちの黄昏」

・戦姫絶唱シンフォギアGX 第4話「ガングニール、再び」

・戦姫絶唱シンフォギアGX 第5話「Edge Works」

・戦姫絶唱シンフォギアGX 第6話「抜剣」

・戦姫絶唱シンフォギアGX 第7話「輝きを継ぐ、君らしく」

・戦姫絶唱シンフォギアGX 第8話「向き合う勇気」

・戦姫絶唱シンフォギアGX 第9話「夢の途中」

・戦姫絶唱シンフォギアGX 第10話「こんなにも、残酷だけど」

・戦姫絶唱シンフォギアGX 第11話「へいき、へっちゃら」

・戦姫絶唱シンフォギアGX 第12話、13話感想

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第1話「バルベルデ地獄変」

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第2話「ラストリゾート」

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第3話「歯車が描くホロスコープ」

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第4話「黄金錬成」

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第5話「虚構戦域に命を賭して」

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第6話「決死圏からの浮上」

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第7話「ARCANA No.00」

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第8話「過去と未来の狭間で」

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第9話「碧いうさぎ」

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第10話「アン・ティキ・ティラ」

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第11話「神威赫奕の極みに達し」

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第12話「AXZ」

・戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第13話(最終回)「涙を重ねる度、証明される現実は」

・戦姫絶唱シンフォギアXV 第1話「人類史の彼方から」

・戦姫絶唱シンフォギアXV 第2話「天空(ソラ)が堕ちる日」

・戦姫絶唱シンフォギアXV 第3話「Penny Dreadful」

・戦姫絶唱シンフォギアXV 第4話「花の名はアマルガム」

・戦姫絶唱シンフォギアXV 第5話「かばんの隠し事」

・戦姫絶唱シンフォギアXV 第6話「ゼノグラシア」

・戦姫絶唱シンフォギアXV 第7話「もつれた糸を断ち切って」

・戦姫絶唱シンフォギアXV 第8話「XV」

・戦姫絶唱シンフォギアXV 第9話「I am a father」

・戦姫絶唱シンフォギアXV 第10話「卑しき錆色に非ず」

・戦姫絶唱シンフォギアXV 第11話「ハジメニコトバアリキ」

・戦姫絶唱シンフォギアXV 第12話「戦姫絶唱」

nikoFC2.jpg

CMが空気を読んで余韻を壊さない…だとぉ!
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>>最終的にシンフォギア奏者7人を集められたのは
>>彼のおかげと言っても過言ではないですからね。
>>本当に英雄だと思う。

自分も本当に英雄だと思います
今期だけじゃなく、いなきゃ詰む人ですしね

それにフィーネさんも英雄だと思いました
ただエンキさんに気持ちを届けたい一心で色々しただけで
英雄になるつもりは一切なかったでしょうけど

>>キャロルちゃんに関しては
>>やっぱりそうするよね。
>>…っていう感じの結末でした。

ですね
でもXDで復活しそうですうけどね
エルフナインちゃんの思い出の中にいるので復活自体は可能ですし
てか実装されるみたいですけど

>>出番ねぇだろうなって思われた
>>奏もフィーネもウィル博士もマムもセレナにも出番があった。
>>クリスちゃんの両親はいなかったよ!!

アダムもいませんでしたが、いなかったのは
一にして全の完全生物なので他者と繋がれるように設計されてないせいかもです
そう考えるとある意味一番悲しい人だったのかもですね

No title

あとガングニールのギアだけ二つあったのは
ガングニールが音階のドレミファソラシドのド担当だからかもですね

なにはともあれいい最終回でした
ありがとうシンフォギア大好きです
しないフォギアやXDで後日談楽しみに待ってます

「未来を奪いたい」、今まで響が闘ってきたのはわがままだったとしても、誰かのためでした。
でも今回。響は自分のために闘った……このことは本当に大きな意味があると思います。
そして、「だとしても」は響が誰かの言葉である「へいきへっちゃら」でも、「生きることを諦めないで」でもなく、自分の言葉だからこそ、その想いは神殺しを越えたとも考えると、本当に集大成だったなと。



ところで、結婚式をシェムハ神父の前で響と未来が挙げたっていわれててちょっと笑いました。

最後の最後で……

なお元ネタの全長はマクロスクォーターとほぼ同じ



クリスが使った必殺技……元ネタは『宇宙刑事シャイダー』に登場する超次元戦闘母艦バビロスのシューティングフォーメーション&超次元波導砲ビックマグナムです。実はマクロス同様にロボットに変形するバトルモードもあるんですけど徐々に使われなくなりました

因みにギルに乗っているのはギャバンです、宇宙刑事シャリバンはグランドバースはバトルモードのみです。

No title

 シェム・ハは自分なりにすべての人が分かり合える世界を作りたかったんだね。それが長い年月の末目的と復讐がごっちゃになっただけで。
そういえばラストバトルの時、多分シェム・ハは断章の全てをこの身に集めたと言ってたけど、つまり全盛期の力を取り戻したのかな? もしそうだったらバーニング・エクスドライブと神殺しブーストと未来への愛の力で互角に渡り合った響は、あの時限りとはいえ司令を超えたのか。

 ピンナップはバッドエンドの暗示ではなく希望に満ちた終わりをしめしてたのね。バラルの呪詛が消えた今、あの世界の人類がどんな道を歩むのかは分からないが、彼らなら希望と輝きに満ちた世界を築いていけるだろうさ。

Re: No title

>サクさん
コメントどーも

> 自分も本当に英雄だと思います
> 今期だけじゃなく、いなきゃ詰む人ですしね

何気に「愛」も重要な要素でしたからね。

> それにフィーネさんも英雄だと思いました
> ただエンキさんに気持ちを届けたい一心で色々しただけで
> 英雄になるつもりは一切なかったでしょうけど

エンキさんとイチャイチャしているようで何よりでした。

> ですね
> でもXDで復活しそうですうけどね
> エルフナインちゃんの思い出の中にいるので復活自体は可能ですし
> てか実装されるみたいですけど

消滅してこれでもう楽になれるぜっと思ったら
実装決定するキャロルちゃんの運命はいかに

> アダムもいませんでしたが、いなかったのは
> 一にして全の完全生物なので他者と繋がれるように設計されてないせいかもです
> そう考えるとある意味一番悲しい人だったのかもですね

アダムは5期でやたら盛られまくったせいで
「あいつもいていいんじゃないかな?」って思えるからズルい

Re: No title

>サク さん
コメントどーも

> あとガングニールのギアだけ二つあったのは
> ガングニールが音階のドレミファソラシドのド担当だからかもですね

始まりと終わりの音だからこそ
特別な力が備わったのかもしれません。

Re: タイトルなし

> 「未来を奪いたい」、今まで響が闘ってきたのはわがままだったとしても、誰かのためでした。
> でも今回。響は自分のために闘った……このことは本当に大きな意味があると思います。

今まだ誰かのために拳を振るってきた少女が
他の誰でもない「自分のため」に拳を振るうあたりが良いですよね。

> ところで、結婚式をシェムハ神父の前で響と未来が挙げたっていわれててちょっと笑いました。

あれ誓いの挨拶だったのかーどうりで

Re: 最後の最後で……

>YF-19k(kyosuke) さん
コメントどーも

> クリスが使った必殺技……元ネタは『宇宙刑事シャイダー』に登場する超次元戦闘母艦バビロスのシューティングフォーメーション&超次元波導砲ビックマグナムです。実はマクロス同様にロボットに変形するバトルモードもあるんですけど徐々に使われなくなりました

最終回にもこの手の小ネタ入れてくるからなー
きりしらマリアなんてロボット召喚するし

Re: No title

>テラ・パーテルさん
コメントどーも

>  シェム・ハは自分なりにすべての人が分かり合える世界を作りたかったんだね。それが長い年月の末目的と復讐がごっちゃになっただけで。
> そういえばラストバトルの時、多分シェム・ハは断章の全てをこの身に集めたと言ってたけど、つまり全盛期の力を取り戻したのかな? 

少なくとも最終決戦時の彼女は
全盛期のシェムハだったと思います。
それを乗り越えてこそ「人類の神離れ」の意味がなせる

>  ピンナップはバッドエンドの暗示ではなく希望に満ちた終わりをしめしてたのね。バラルの呪詛が消えた今、あの世界の人類がどんな道を歩むのかは分からないが、彼らなら希望と輝きに満ちた世界を築いていけるだろうさ。

不吉なキャッチコピーでしたが、
愛する人を~とは書いてはおらず「神」と書いてありますから
嘘ではなかったと

スパロボ参戦マッテマス

せーにんさん

返信どうもです。

クリスちゃんの大技に動画コメが凄かったなぁ、スーパー戦隊では『特捜戦隊 デカレンジャー」のパトウィングが同様の射撃フォームがあったので……。

ロボットは一人で出していたけど今回は二人も加えての……翼さんは歌舞伎を知っている方なら……


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7265-d7b12d0c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード