FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2019. 11. 03

ぼくたちは勉強ができない! 第5話「心づくしの賜物は時に[X]の錯綜となる」感想

mizuki20191101.jpg

前回のアレでようやく出禁が
解除された水希ちゃん。
この子もまた凄いテクニシャンで
兄を全力サポートしてることが後にわかるんだよね。



今週は「文乃さんとブラジャー」
「成幸くんとマッサージ」の二本立てでした。


■文乃さんとブラジャー
fumino20191101.jpg

やたら関西弁でのツッコミがキレキレだった文乃回。
またこのひとは盛りを繰り返しやがって…
文乃さんは中学生どころか小学生よりも小さい可能性も。
そういえば、シリアスな話でなければだいたい
文乃さんは胸のネタばかりになるんですよね。
希少価値だからね。


■成幸くんとマッサージ
mafuyu20191101.jpg

野生のゴッドハンドが目を覚ます回
成ちゃんはそのままマッサージ師になれるほどの
テクニシャンだったりするのですが
割とラブコメ主人公はそういうの得意だったりするよね。
リトさんとか寝ながら性トレーニングしてるとかいう超人だし。
それにしても…相変わらず感じやすい淫行教師である。
後半パート目をつぶってセリフだけ聞いたら
ゆらぎ荘並みにえっちな作品になる気が…


【関連記事】

・ぼくたちは勉強ができない 第1話「天才と[X]は表裏一体である」

・ぼくたちは勉強ができない 第2話「魚心あれば、天才に[X]心あり」

・ぼくたちは勉強ができない 第3話「天才は[X]にも心通ずるものと知る」

・ぼくたちは勉強ができない 第4話「彼女が天才に望むもの即ち[X]である」

・ぼくたちは勉強ができない 第5話「林間の天才は[X]に迷走する」

・ぼくたちは勉強ができない 第6話「天才[X]たちは、かくして勉強ができない」

・ぼくたちは勉強ができない 第7話「前任者の秘匿領域は[X]な有様である」

・ぼくたちは勉強ができない 第8話「天才の一挙手一投足は時に[X]を翻弄する」

・ぼくたちは勉強ができない 第9話「禁断の地にて彼は、[X]が為奮闘する」

・ぼくたちは勉強ができない 第10話「かの新天地にて迷える子羊は[X]と邂逅する」

・ぼくたちは勉強ができない 第11話「威厳ある先任者は時に[X]にかしづく」

・ぼくたちは勉強ができない 第12話「天才は時に[X]をともに分かち追懐する」

ぼくたちは勉強ができない 第13話「天才の目に天の光はすべて[X]である」

・僕たちは勉強ができない! 第1話感想

・ぼくたちは勉強ができない! 第2話「先人の誇りは時に[x]どもの事情と背反す」 感想

・ぼくたちは勉強ができない! 第3話「天才は変遷する季節と[x]模様に憂う」感想

・ぼくたちは勉強ができない! 第4話「時に天才は限定された[x]において奮闘する」感想

noeruFC2.jpg

長男力を発揮して家族の危機を乗り越える…鬼滅かな?
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

原作掲載時には“大学に進学するよりもマッサージ専門の学校に進学した方が良いのでは?“と言うカキコ多数

僕達は勉強が出来ない

・なお水希ちゃんもスゴ腕です

ここら辺は両親の苦労も垣間見えた(大汗。水希ちゃんも同様の腕前だけど成幸が寝落ちしないと出来なかった……この腕があるだけで競泳選手として大成出来なくてもやっていけますから。

Cパート……ズッコケルのがお約束です(命令!


・彼女ならできるかもしれない?

これでスマホ落とせないとかタピオカドリンクの容器を載せられるならね……。

学園長「肉のお兄さんに相談して見るか?」
成幸「スコシマッテクダサイ」

Re: 原作掲載時には“大学に進学するよりもマッサージ専門の学校に進学した方が良いのでは?“と言うカキコ多数

>YF-19k(kyosuke) さん
コメントどーも

> ・なお水希ちゃんもスゴ腕です
> ここら辺は両親の苦労も垣間見えた

後の水希回でわかるけど、父親が居なくなった寂しさを
埋めてくれた兄のことを家族としても異性としても愛してるだけなもんな。

Cパートはワロタ

せーにんさん

返信どうもです。


例え盥が落ちてくるのも懺悔で水を被るも見え見えでもギャグをする芸人の如くに……双子が居なかったらヨスガノソラでした(大笑い

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7314-3bebc65f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード