FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2019. 11. 24

ぼくたちは勉強ができない! 第8話「ゆく[x]の流れは絶えずして…」感想

boku20191124.jpg

成幸は水泳ができない


uruka20191124.jpg

今回はうるかちゃん回
彼女が自分の道を決めるお話であると同時に
彼女との別れを予感させるお話でした。
忘れがちですが彼女もまた「天才」と称される
超高校級の才能を持った人物の一人で
迷いさえなければ全国で優勝できる
実力を持った水泳選手なんですよね。
だからこそ海外でアスリートとして勉強してゆく
ってのは悪い方向性ではないんですよね。

uruka20191125.jpg

結局のところ留学を決めたのですが
今後は恋心と自分の目指すべき道との間で
揺れ動くことになります。
人生の重要な分岐点を決める
多感な時期に恋だ愛だ言ってるのって
非常にパワー使うと思うよな。
凄いよな高校生のエネルギー

mafuyu20191124.jpg

しかし、真冬センセはさ、なんで他キャラの
メイン回に割り込んで出番奪っていくの?

水着姿で成幸とさも当然のように
手をつないでいたようだし同情の余地もなし。

fumino20191125.jpg

次回、ついに文乃さんのメイン回
ついに彼女のヒロイン力が降り切れてしまうのかー
原作でもかなり好きなエピソードなので楽しみ

【関連記事】

・ぼくたちは勉強ができない 第1話「天才と[X]は表裏一体である」

・ぼくたちは勉強ができない 第2話「魚心あれば、天才に[X]心あり」

・ぼくたちは勉強ができない 第3話「天才は[X]にも心通ずるものと知る」

・ぼくたちは勉強ができない 第4話「彼女が天才に望むもの即ち[X]である」

・ぼくたちは勉強ができない 第5話「林間の天才は[X]に迷走する」

・ぼくたちは勉強ができない 第6話「天才[X]たちは、かくして勉強ができない」

・ぼくたちは勉強ができない 第7話「前任者の秘匿領域は[X]な有様である」

・ぼくたちは勉強ができない 第8話「天才の一挙手一投足は時に[X]を翻弄する」

・ぼくたちは勉強ができない 第9話「禁断の地にて彼は、[X]が為奮闘する」

・ぼくたちは勉強ができない 第10話「かの新天地にて迷える子羊は[X]と邂逅する」

・ぼくたちは勉強ができない 第11話「威厳ある先任者は時に[X]にかしづく」

・ぼくたちは勉強ができない 第12話「天才は時に[X]をともに分かち追懐する」

ぼくたちは勉強ができない 第13話「天才の目に天の光はすべて[X]である」

・僕たちは勉強ができない! 第1話感想

・ぼくたちは勉強ができない! 第2話「先人の誇りは時に[x]どもの事情と背反す」 感想

・ぼくたちは勉強ができない! 第3話「天才は変遷する季節と[x]模様に憂う」感想

・ぼくたちは勉強ができない! 第4話「時に天才は限定された[x]において奮闘する」感想

・ぼくたちは勉強ができない! 第5話「心づくしの賜物は時に[X]の錯綜となる」感想

・ぼくたちは勉強ができない! 第6話「彼らは安んぞ面する[x]の志を知らんや」感想

・ぼくたちは勉強ができない! 第7話「人知れず天才は彼らの忖度に[x]する」感想

noeruFC2.jpg

スポンサーサイト



COMMENT▼

スポーツするなら英語は必須

泳げない理由

成幸には溺れた経験があるのかなって……とは言え本職の保健体育の先生も可也の曲者です。



何故豪州?

実は競泳の世界では豪州は“強豪”でしてね……『Free!』シリーズを見ていた方ならお分かりでしょう、主要キャラの一人でもある松岡 凛に至っては中学進学前に豪州に四年間留学してます。銃乱射が起きちゃうアメリカよりも近いし安全と言う一面もあるけどな。

大体五輪種目で日本で大成出来るのって野球やソフトボール、柔道位ですよね?サッカーで一例挙げるとしたらJリーグがあるのにどうして日本代表は海外リーグでの活躍している選手が起用されているのか?それは審判との英語でのやり取りが生じるからです。更に海外での行動面(危機管理)に慣れているのも大きい。フィギュアスケートに至ってはロシアが強豪なので……。

???「ロシア語にタイ語も知っておかないと中々大変だけど、実家旅館やっているから……役に立ちます」←某男子フュギュアスケートアニメの主人公のぼやき。


因みに競技種目によっては英語の他にもロシア語やフランス語、ドイツ語をマスターしていると引退後も困らないかもしれませんね。


教えるのは下手なうるか、上手なのが桐須先生

確かに下手なんだよな、うるか……逆に桐須先生は教えるのが巧い、うるかも気が付いてますけど……こうなった要因も後々語られます。

No title

シャワールームで緊張感で弱音を吐いているうるかに対して、適切なアドバイスをした真冬先生は、さすがスポーツ選手(フィギュアスケート)経験者ですね。うるかはまだ先生がかつてスポーツ選手だったことは知らないですが。

No title

そういえば、うるかと先生が話すのって今回が初めてじゃないかな?
というか先生なんやかんや他のヒロインと会話やイベントが多いけど、うるかとだけは、まったくっていうほどないよね、自分の記憶にある限り、うるかと先生の会話って今回と文化祭とセンター試験くらいなような

No title

前半のプールの話は、うるか回と見せかけ先生回かと思うくらい、先生が活躍したね
先生って普段はポンコツだけど結構面倒見がいいよね
そして、何とは言わないが水泳部のみんなけっこう大きいね

Re: スポーツするなら英語は必須

>YF-19k(kyosuke) >さん
コメントどーも

> 成幸には溺れた経験があるのかなって……とは言え本職の保健体育の先生も可也の曲者です。

普通に平均的な高校三年の男子なら泳げるでしょうけど
割と運動神経は弱いほうですからね

> 因みに競技種目によっては英語の他にもロシア語やフランス語、ドイツ語をマスターしていると引退後も困らないかもしれませんね。

世界を目指す選手は引退後もインストラクターや
語学講師としてもやっていけそうですよね。

Re: No title

>komkom さん
コメントどーも

> シャワールームで緊張感で弱音を吐いているうるかに対して、適切なアドバイスをした真冬先生は、さすがスポーツ選手(フィギュアスケート)経験者ですね。うるかはまだ先生がかつてスポーツ選手だったことは知らないですが。

先生の事情を知ってるのは現状成幸だけですからね。
(だからこそ謎の絆が生まれてるんですが)

Re: No title

> そういえば、うるかと先生が話すのって今回が初めてじゃないかな?
> というか先生なんやかんや他のヒロインと会話やイベントが多いけど、うるかとだけは、まったくっていうほどないよね、自分の記憶にある限り、うるかと先生の会話って今回と文化祭とセンター試験くらいなような

うるかちゃんは文乃やリズりんと違って
元教え子ってわけでもないし
あんまり接点がないですからね。

Re: No title

> 前半のプールの話は、うるか回と見せかけ先生回かと思うくらい、先生が活躍したね
> 先生って普段はポンコツだけど結構面倒見がいいよね

先生の面倒見の良さは彼女が教師を目指すことになった
きっかけに由来してます。本質的には生徒に寄り添う系のいい先生

> そして、何とは言わないが水泳部のみんなけっこう大きいね

この作品、先輩と文乃師匠以外は大きい人ばかりだからね。
ただ、お隣のゆらぎ荘がさらに魔境すぎる…

後になってこれ伏線って言うケース

せーにんさん

返信どうもです。

運動神経が悪いのか本人のヤル気の無さなのか……桐須先生のスキルの高さが証明された話でもありますね。

逆に日本に来る各競技の監督やコーチはチームが翻訳を入れるケースもあるけどね……『Free!』シリーズに凛の留学先のコーチが日本語OKって言う設定でしてね、まあ興味あるのは男性の筋肉らしくって……凛が“妹と同じ嗜好かよ”と呆れてました。

語学に関しては声優にも同じ事が言えます、特に英語以外ならほぼ独占だもん。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7346-1742b3fc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード