FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2019. 12. 01

Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第9話「おはよう、金星の女神」感想

fgo20191201.jpg

復讐者(アベンジャー)の蹂躙により
多くの人命は失われ
そして、英霊は散っていった。
だが、天を覆うかのような絶望の中、
弱弱しく、けれど確かに立ち上がる人々がいた…
ana20191201.jpg

今週もアナちゃんは可愛い
来週もきっと可愛いぞ。

ちょっとフォウくんになりたいと思ったぞ。
マシュみたいなのが好みと思いきや
幼女も行けるあたり、割と節操なしだよね
(飼い主に似たんでしょうな)

rin20191201.jpg

今回は金星の女神ことイシュタルが
藤丸君たちと協力関係を結ぶまでのエピソード。
金であっさりなびくあたりちょろすぎる。
イベントによっては黒幕だったりするけど
何だかんだで憎めないロクデナシって感じで
味方のパターンが多いですよねイシュタルさん。
(今秋のイベントでは敵も味方も黒幕も
みんなイシュタルというイシュタルバーゲンセール状態でしたし)

rin20141221.jpg

作中でも説明があったようにイシュタルはとある人物の
体をベースとした疑似サーヴァントです。
それが誰なのかは、Fateシリーズみてれば
だいたいわかるのですが、
セイバーさん(アルトリア)以上にアクティブに活躍しすぎですよね。

ana20191202.jpg

ゴルゴーンは魔物としての側面が
著しく強調されたメドゥーサの別側面。
魔物として迫害された逸話により
人類への復讐を抱く「復讐者」

ゴルゴン三姉妹もFGOで登場してから
それぞれがそれぞれキャラ付けされていきましたね。
上姉様(ステンノ)はジュリエット、
下姉様(エウリュアレ)は牛くん関連で株を上げた。
(下姉様は男性セイバーキラーとしても重宝されますし)

rituka20191201.jpg

今週の夜会話パート
今回は藤丸君がサーヴァントの好感度を上げました。
藤丸君と「彼女」のやりとりが
本当にヒロインと主人公って感じでした。
しかし声とか雰囲気は「彼女」になると
本当に変わりますよね。


【関連記事(Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア-)】

・これまでのFGO

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第1話感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第2話 感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第3話 感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第4話 感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第5話「ギルガメッシュ紀行」 感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第6話「天命の粘土板」感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第7話「陽動作戦」感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第8話「魔獣母神」感想

fateFC2.jpg

疑似サーヴァントはこれ以降どんどん増えていく
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>金であっさりなびくあたりちょろすぎる。

なお凛が依り代でなかったら宝石を強奪されて終わっていた模様
(貢ぐならともかく交渉なんて不遜は本来のイシュタルは許さない)

ってか、イシュタルも言ってますけど大量の宝石を見た瞬間は凛の意識が表に出てました
「これだけあれば魔術用の宝石に困らない!」って・・・w
「落ち着け、私! そして落ち着け、イシュタル! そんな美味い話があるわけがない!」とか・・・W

>何だかんだで憎めないロクデナシって感じで

本来のイシュタルは遠坂凜とルヴィアを足して人間性を引いた感じです
そこに凛の人格の3割という形で凛の人間性が加わったため、結果的に「少しだけ傲慢で悪どくなった遠坂凜」という感じに落ち着いてます

なお本来のイシュタルなら第1話で自分の体に無断で触れた藤丸を殺害してたし、第3話で周囲の被害を気にせずギルガメッシュを攻撃してました

>セイバーさん(アルトリア)以上にアクティブに活躍しすぎですよね。

同姓同名のそっくりさん(EXTRA遠坂凛)まで含めたらシリーズで一番出番が多いです
といか、SNの時点で総合的な出番の多さはヒロイン1でしたが

>魔物として迫害された逸話により
人類への復讐を抱く「復讐者」

そして、ある意味で姉を食い殺してしまった場合の桜の成れの果ての可能性とも言えます
そう考えると凛を依り代にしたイシュタルと同盟を結んだり敵対するのも皮肉な運命

SNのメドゥーサはライダーのクラスで女神だった頃の側面が残って事もあり、自分によく似た境遇の桜に感情移入し、桜を守る事を最優先にしてます
慎二の命令に黙って従ってるのも偽臣の書の束縛以上に桜を戦いから遠ざけるためで、学校の結界を発動したのも桜なら意識を失う程度で済むと理解してたから、HFで慎二に反逆したのも慎二が桜を巻き込んだから、という桜至上主義

>疑似サーヴァントはこれ以降どんどん増えていく

エミヤ「なぜ私の周りの女性は女神と波長が合いまくるのだ・・・」

何と今vita版ホロウをプレイするとフルボイスで形の無い島で三姉妹がどんな生活を営んでいたかが分かるんですよ。
夜空の下赤面したイシュタルを見た後にUBWを見直すと最高でした。

No title

>今週のアナ
序盤のダメージ抜けきってなくて弱々しい感じがまた可愛さに拍車をかけてますね、相変わらずスタッフに愛されてます

>守銭奴金星の女神イシュタル仲間化
チョロインの名に恥じないチョロさですねぇ…フォウ君のアレも絶対「チョロいなあの女神」みたいなこと言ってたんじゃね?

>ゴルゴーン
たきつけたアテナもアテナな気もするなぁ…

>夜会話パート
なんとまぁ、これ傍から見ればイチャイチャじゃね?みたいなやつでしたねこれ

Re: No title

>通りすがりの幻想殺しさん
コメントどーも

> なお凛が依り代でなかったら宝石を強奪されて終わっていた模様
> (貢ぐならともかく交渉なんて不遜は本来のイシュタルは許さない)

本来神ならそうあるべきですよね。
凛ちゃんの甘さ成分のおかげで助かったわけですね。

> >セイバーさん(アルトリア)以上にアクティブに活躍しすぎですよね。
> 同姓同名のそっくりさん(EXTRA遠坂凛)まで含めたらシリーズで一番出番が多いです
> といか、SNの時点で総合的な出番の多さはヒロイン1でしたが

ラスアンでも出番結構ありましたしFateシリーズ一番の功労者なんじゃ…

> >魔物として迫害された逸話により
> 人類への復讐を抱く「復讐者」
> そして、ある意味で姉を食い殺してしまった場合の桜の成れの果ての可能性とも言えます

桜のサーヴァントになったのもある意味わかる気がします。

> 慎二の命令に黙って従ってるのも偽臣の書の束縛以上に桜を戦いから遠ざけるためで、学校の結界を発動したのも桜なら意識を失う程度で済むと理解してたから、HFで慎二に反逆したのも慎二が桜を巻き込んだから、という桜至上主義

ゴルゴーンを討伐したペルセウスはプロトに出てきて
慎二の元ネタだったりしますからそれもあるんでしょうな

> >疑似サーヴァントはこれ以降どんどん増えていく
> エミヤ「なぜ私の周りの女性は女神と波長が合いまくるのだ・・・」

キミも十分特殊だよえみやん…

Re: タイトルなし

>PT さん
コメントどーも

> 何と今vita版ホロウをプレイするとフルボイスで形の無い島で三姉妹がどんな生活を営んでいたかが分かるんですよ。

ゴルゴン三姉妹はメドゥーサ以外はホロウが初出でしたよね?

> 夜空の下赤面したイシュタルを見た後にUBWを見直すと最高でした。

モニター室をのぞいてたエミヤがにっこりしてたぞ

Re: No title

>月風丸さん
コメントどーも

> >今週のアナ
> 序盤のダメージ抜けきってなくて弱々しい感じがまた可愛さに拍車をかけてますね、相変わらずスタッフに愛されてます

更に今週はダメージがゼロ。よかった

> チョロインの名に恥じないチョロさですねぇ…フォウ君のアレも絶対「チョロいなあの女神」みたいなこと言ってたんじゃね?

ちょろすぎて可愛い

> >ゴルゴーン
> たきつけたアテナもアテナな気もするなぁ…

ギリシャの神はだいたい問題児ぞろいですから。
二部5章が楽しみだぜ

> >夜会話パート
> なんとまぁ、これ傍から見ればイチャイチャじゃね?みたいなやつでしたねこれ

藤丸君は好感度上げによって生存してる感あるから
もはや生きるための行為と言っていい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7355-06b6bba6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード