FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2019. 12. 16

2020年3号のジャンプ感想

ジャンプと全く関係ないネタですが…

『ポケモン ソード・シールド』アニメ化決定!だとか

新作ゲームと同じ“ガラル地方”を舞台にしたWebアニメ。
ゲームに登場する人物が多数出演する群像劇
全7話を予定しているらしい。
ジェネレーションズみたいな感じになるのかな?
これ、アニポケ本編の方ではもう
ガラルの原作キャラに触れなくなるのでは?

以下、今週のジャンプ感想

・ワンピース

オロチが国盗りをもくろんでた理由とか判明し
マネマネの実のヤバさを改めて実感する話。
ボンちゃんがマネマネの実を継承してる
ってことはあの後あの人死ぬんだろうね。
しかし、ティーチを拾ったのはおでんだったのかな…?
これが後の白ひげ海賊団崩壊につながることを考えると
なんともやるせないね。

次回ロジャーVS白ひげとかいう
レジェンドマッチやっちゃうのか。
凄いな今回の過去編。
ワンピースという作品の核心にどんどん迫っていく。


・鬼滅の刃

どうやってあの状態の緑壱さんから逃げたんだろう?
っていうのは結構謎だったのですが
「爆散して肉片だけで逃げる」
というウルトラダイナマイトみたいな方法で驚きました。
相手が即死攻撃してくるのわかって
全部回避し続けながら破片を
1500も切り落とす緑壱さんも相変わらず化け物。

緑壱さんの人生は悲惨すぎたけど
珠世様見逃したこと、炭吉に日の呼吸(ヒノカミ神楽)を
継承させたこと、そして柱に呼吸を教えたことは
結果的に無惨を倒す力になっているわけですから
その人生は凄く意味があったんだと思う。
最後まで自分を許せなかった男の魂に
どうか救いがあることを祈ろう。



・アグラビティボーイズ

よく知りもしないメイドさんの
幸せのために自分たちの不利を選択できるあたり
ゲスだけど基本的には全員善人だってことが
よくわかるエピソードでした。ただの汚いアストラじゃない。
あと、高次元存在の人もめっちゃいい人だよね。
人類とか愚かだけどその愚かさ本当に愛おしいよねうん。
って言いながら気前よく通信機を置いていってくれるし。
「ナチュラルにタメ口になったな人類よ」で爆笑した。
この先、高次元さんとは近所の友達感覚になっていくんだろうな。


・Drストーン

「どんな苦しい一手だろうと
前に進めるのならば躊躇するものなど
科学王国にはいない!!」


ホントそうだよね…
自分は石化するかもしれないけど
それでも命がけでバトンを託すあたりが
流石科学王国民というか…
ボーダー並みにただじゃ死なない軍団と化してるよな。


・reboot:百夜

しれっと宇宙人とかお出ししてきたけど
これ本編の方でも拾うんだろうか?
もしかしてレイちゃんがホワイマンだったりするのかな?
石神村に電球が付く→お、人類復活してんじゃーん
って降りてみたら百夜いなくて「WHY」マン化とかな…
でもある意味外伝主人公的な存在ですから
敵対化はしてほしくないところです。


・僕勉

いい最終回だった…
って言ってもおかしくないほどの集大成感ある「受験回」
本当にこの日のためにみんな頑張ってきましたからね。
個人的には先輩の
「去年死ぬほど狭かった視界が
今はこんなにもクリアだ」

っていうセリフが凄く印象的でした。
これは…全員受かる流れですね。そうであってほしい。
残るはホワイトデーとか卒業旅行とか卒業式とか
そこらへんのイベントですけど
本当に春には終わりそうな予感がしますね。


・ブラッククローバー

「チャーミーがぁぁぁぁぁ
チャーミーが出たぞー!!」


って完全に地元のクリーチャー
扱いされてる同僚ってだけで笑えるけど
やってることは森の食糧を根こそぎ
奪ってるだけですから…正直盗賊とほぼ変わりがないかと。
討伐ミッションが始まる前に同僚に止めてもらえてよかったよ。
ユノくん、王子様だったらしいけど、
彼の魔力の強さの源はそこだったわけね。


【関連記事】

2016年
・2016年7号のジャンプ感想
・2016年8号のジャンプ感想
・2016年9号のジャンプ感想
・2016年10号のジャンプ感想
・2016年11号のジャンプ感想
・2016年12号のジャンプ感想
・2016年13号のジャンプ感想
・2016年14号のジャンプ感想
・2016年15号のジャンプ感想
・2016年16号のジャンプ感想
・2016年17号のジャンプ感想
・2016年18号のジャンプ感想
・2016年19号のジャンプ感想
・2016年20号のジャンプ感想
・2016年21、22号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年25号のジャンプ感想
・2016年26号のジャンプ感想
・2016年27号のジャンプ感想
・2016年28号のジャンプ感想
・2016年29号のジャンプ感想
・2016年30号のジャンプ感想
・2016年31号のジャンプ感想
・2016年32号のジャンプ感想
・2016年33号のジャンプ感想
2016年34号のジャンプ感想
・2016年35号のジャンプ感想
・2016年36、37号のジャンプ感想
・2016年38号のジャンプ感想
・2016年39号のジャンプ感想
・2016年40号のジャンプ感想
・2016年42号のジャンプ感想
・2016年43号のジャンプ感想
・2016年45号のジャンプ感想
・2016年46号のジャンプ感想
・2016年47号のジャンプ感想
・2016年48号のジャンプ感想
・2016年49号のジャンプ感想
・2016年50号のジャンプ感想
・2016年51号のジャンプ感想
・2016年52号のジャンプ感想

2017年
・2017年1号+2,3号のジャンプ感想
・2017年4,5号のジャンプ感想
・2017年6号のジャンプ感想
・2017年7号のジャンプ感想
・2017年8号のジャンプ感想
・2017年9号のジャンプ感想
・2017年10号のジャンプ感想
・2017年11号のジャンプ感想
・2017年12号のジャンプ感想
・2017年13、14号のジャンプ感想
・2017年15号のジャンプ感想
・2017年20号のジャンプ感想
・2017年21、22号のジャンプ感想
・2017年23号のジャンプ感想
・2017年24号のジャンプ感想
・2017年25号のジャンプ感想
・2017年26号のジャンプ感想
・2017年27号のジャンプ感想
・2017年28号のジャンプ感想
・2017年29号のジャンプ感想
・2017年30号のジャンプ感想
・2017年35号のジャンプ感想
・2017年36、37号のジャンプ感想
・2017年38号のジャンプ感想
・2017年39号のジャンプ感想
・2017年40号のジャンプ感想
・2017年41号のジャンプ感想
・2017年42号のジャンプ感想
・2017年43号のジャンプ感想
・2017年44号のジャンプ感想
・2017年46号のジャンプ感想
・2017年47号のジャンプ感想
・2017年48号のジャンプ感想
・2017年49号のジャンプ感想
・2017年50号のジャンプ感想
・2017年51号のジャンプ感想
・2017年52号のジャンプ感想

2018年
・2018年1号のジャンプ感想
・2018年2,3号のジャンプ感想
・2018年4,5号のジャンプ感想
・2018年7号のジャンプ感想
・2018年8号のジャンプ感想
・2018年9号のジャンプ感想
・2018年10号のジャンプ感想
・2018年11号のジャンプ感想
・2018年12号のジャンプ感想
・2018年13号のジャンプ感想
・2018年14号のジャンプ感想
・2018年15号のジャンプ感想
・2018年16号のジャンプ感想
・2018年23号のジャンプ感想
・2018年24号のジャンプ感想
・2018年25号のジャンプ感想+おまけ
・2018年26号のジャンプ感想
・2018年27号のジャンプ感想
・2018年28号のジャンプ感想
・2018年29号のジャンプ感想
・2018年30号のジャンプ感想
・2018年31号のジャンプ感想
・2018年32号のジャンプ感想
・2018年33号のジャンプ感想
・2018年34号のジャンプ感想
・2018年35号のジャンプ感想
・2018年36・37号のジャンプ感想
・2018年38号のジャンプ感想
・2018年39号のジャンプ感想
・2018年40号のジャンプ感想
・2018年41号のジャンプ感想
・2018年42号のジャンプ感想
・2018年43号のジャンプ感想
・2018年46号のジャンプ感想
・2018年47号のジャンプ感想
・2018年49号のジャンプ感想
・2018年50号のジャンプ感想
・2018年51号のジャンプ感想
・2018年52号のジャンプ感想

2019年
・2019年1号のジャンプ感想
・2019年2号のジャンプ感想
・2019年3号のジャンプ感想
・2019年4・5号のジャンプ感想
・2019年6・7号のジャンプ感想
・2019年8号のジャンプ感想
・2019年9号のジャンプ感想
・2019年10号のジャンプ感想
・2019年12号のジャンプ感想
・2019年13号のジャンプ感想
・2019年14号のジャンプ感想+α
・2019年15号のジャンプ感想
・2019年16号のジャンプ感想
・2019年17号のジャンプ感想
・2019年18号のジャンプ感想
・2019年19号のジャンプ感想
・2019年20号のジャンプ感想
・2019年21号のジャンプ感想
・2019年22、23号のジャンプ感想
・2019年24号のジャンプ感想
・2019年25号のジャンプ感想
・2019年26号のジャンプ感想
・2019年27号のジャンプ感想
・2019年28号のジャンプ感想
・2019年29号のジャンプ感想
・2019年30号のジャンプ感想
・2019年31号のジャンプ感想
・2019年32号のジャンプ感想
・2019年33号のジャンプ感想
・2019年34号のジャンプ感想
・2019年35号のジャンプ感想
・2019年36・37号のジャンプ感想
・2019年38号のジャンプ感想
・2019年39号のジャンプ感想
・2019年40号のジャンプ感想
・2019年41号のジャンプ感想
・2019年42号のジャンプ感想
・2019年43号のジャンプ感想
・2019年44号のジャンプ感想
・2019年45号のジャンプ感想
・2019年47号のジャンプ感想
・2019年48号のジャンプ感想
・2019年49号のジャンプ感想
・2019年50号のジャンプ感想
・2019年51号のジャンプ感想
・2019年52号のジャンプ感想

2020年:

・2020年1号のジャンプ感想
・2020年2号のジャンプ感想


ritobasuFC2.jpg
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>鬼滅の刃
>「爆散して肉片だけで逃げる」
というウルトラダイナマイトみたいな方法で驚きました。

こいつって奈落あるいは大蛇丸みたいだな
ま、鬼だからね

実写版フランスシティーハンターで分かる文化の違い

先週視て来たが……ストーリー上薔薇フレーム描写もあるが楽しめました、ファルコンのソックリ度は凄いけど、アレ本物なのか(意味深。握る方もされる方もプロ根性を見た。あのカラスがやたら多用されているって言う事は……このメンツで『ぐらんぶる』は危険過ぎるわコレは。


アグラビティボーイズ

どうも4人と接触している未知の文明人って本物じゃない可能性も出ているんですよねぇ?本当にハルマゲドンが起きたのか不明ですし……まあマクロスシリーズを見ていると分かるんですけど地球型大気構成がある星に辿りつくなんて天文学が使う一京(いっけい)分の一以上と思ってください。火星や金星に近い環境の星に出くわすだけでもラッキーですから……だから移民船団は数百年の航海も想定した運用もしているのです。



ぼくたちは勉強ができない


・うるかのセリフは良い

これも英語での面接なんですよね……。それにしても面接官の威圧度、元ねたはアーノルド.シュワルツネッガーさんかな?彼は豪州出身ですから……

No title

>オロチが国盗りをもくろんでた理由とか判明し
マネマネの実のヤバさを改めて実感する話。

アラバスタの反乱が国全体に広がった最後の一押しはボンちゃんのマネマネの力でしたからね
そしてインペルダウンでルフィが生き延びられたのもボンちゃんのマネマネによる掩護が大きかったから

>「どんな苦しい一手だろうと
前に進めるのならば躊躇するものなど
科学王国にはいない!!」

銀狼「うん、そうだね! 僕もそう思うよ!」(キリッ)

>自分は石化するかもしれないけど
それでも命がけでバトンを託すあたりが
流石科学王国民というか…

一度目の不意打ちの石化の時ですら、龍水はスイカを逃がし、羽京は石化装置を狙撃しようとし(これのおかげで銀狼は助かった)、クロムは石化装置を観察していたとは、ちゃんとしてますね
これは氷月くんも科学王国と仲良くやって行けそうです(前に人を殺した件で羽京とは揉めるかもしれませんが)

>しれっと宇宙人とかお出ししてきたけど
これ本編の方でも拾うんだろうか?

一応、原作者からパラレル宣言はされましたけど、どうなんでしょうね?

>ユノくん、王子様だったらしいけど、
彼の魔力の強さの源はそこだったわけね。

エルフの転生事件の時もエルフの族長のリヒトの息子の魂が転生してたし、なんとなく納得できますね

Re: No title

>かららららら さん
コメントどーも

> こいつって奈落あるいは大蛇丸みたいだな
> ま、鬼だからね

大蛇丸は不死に近いけど完全な不死ではないし
今じゃすっかり保護者やってますから
無惨に比べれば100倍マシな悪役

Re: 実写版フランスシティーハンターで分かる文化の違い

>YF-19k(kyousuke) >さん
コメントどーも

> どうも4人と接触している未知の文明人って本物じゃない可能性も出ているんですよねぇ?

実は地球人が進化した姿でした・・っていうオチがあっても面白いですね。


> ・うるかのセリフは良い
> これも英語での面接なんですよね……。それにしても面接官の威圧度、元ねたはアーノルド.シュワルツネッガーさんかな?彼は豪州出身ですから……

本当にこいうことをすらっと言えてるあたりが
「頑張って勉強してきた成果」って感じますね。

Re: No title

>通りすがりの幻想殺しさん
コメントどーも

> アラバスタの反乱が国全体に広がった最後の一押しはボンちゃんのマネマネの力でしたからね
> そしてインペルダウンでルフィが生き延びられたのもボンちゃんのマネマネによる掩護が大きかったから

「化ける能力」っていうだけでこういう策謀に関しては最強クラスなわけですからね。
ただ本人の肉体じゃないと鍛えた技が使えないデメリットもありますが
そこらへんは覚醒したら変身した相手の技も自在に扱えるとかあるかもしれません。

> 銀狼「うん、そうだね! 僕もそう思うよ!」(キリッ)

ギンローはなんだかんだで前に進む原材料になってくれるから

> 一度目の不意打ちの石化の時ですら、龍水はスイカを逃がし、羽京は石化装置を狙撃しようとし(これのおかげで銀狼は助かった)、クロムは石化装置を観察していたとは、ちゃんとしてますね

そもそもここにいるメンバーが前抜された精鋭部隊で
ちょんとした人たちしかいない軍団。

> 一応、原作者からパラレル宣言はされましたけど、どうなんでしょうね?

個人的にはメドゥーサの石化能力は
宇宙由来のオーバーテクノロジーなんじゃないかと思うんですが。どうだろう

> エルフの転生事件の時もエルフの族長のリヒトの息子の魂が転生してたし、なんとなく納得できますね

となるとアスタのほうは悪魔の血族とかいうオチだったりして…

No title

>大蛇丸は不死に近いけど完全な不死ではないし
今じゃすっかり保護者やってますから
無惨に比べれば100倍マシな悪役

じゃあ奈落かな?逃亡する所に似ているし
あいつも不死ではないけど悪役だし

心臓と脳合わせて12個…
13の型は12同時連撃技になるんでしょうか
九頭龍閃より多い

敵の逃げ方を知った炭治郎が同じしくじりが無いようにするには…

甘露寺さん。お見合いを「お前と結婚できるのは熊か猪か牛しかいない」と言われ断られたエピソードを全身筋肉8倍という設定を踏まえて科学的に計算したら
甘露寺さん握力212kg。熊は握力大体150kg
甘露寺さん時速56km。猪は時速45km
甘露寺さんの1日の食事量は力士×3で2万4000kcal。牛は1万8000kcal

つまり「なんて失礼な事を言う男だ。甘露寺さんはもっと凄いんだ!」という妙な結論が出た模様。
因みに力士三人分は食べ過ぎでは疑惑も甘露寺さんの年齢×筋肉8倍等を考えると、甘露寺さんの1日辺りの計算上の消費カロリーは2万3800kcal。なんとワニ。甘露寺さんの色々な設定は科学的に完璧に構築していたと判明した模様。

本編
ウルトラダイナマイトで逃げる無惨。自爆技を死ぬ覚悟ではなく逃げるために使うなんて無惨かバギー位にしか出来ない気がする。

Re: タイトルなし

> 心臓と脳合わせて12個…
> 13の型は12同時連撃技になるんでしょうか
> 九頭龍閃より多い

12人で同時に切りつければいける。
かまぼこ隊+カナヲ+残った柱+村田さん

Re: タイトルなし

> 甘露寺さん。お見合いを「お前と結婚できるのは熊か猪か牛しかいない」と言われ断られたエピソードを全身筋肉8倍という設定を踏まえて科学的に計算したら
> 甘露寺さん握力212kg。熊は握力大体150kg
> 甘露寺さん時速56km。猪は時速45km
> 甘露寺さんの1日の食事量は力士×3で2万4000kcal。牛は1万8000kcal

羅列してみると凄い量だった!!
そりゃ普通の人間とじゃ結婚できないわ
でも愛があれば…そういうの乗り越えられない?
って思うが、相当裕福な家庭じゃないと
この食事量は賄えない。

> 本編
> ウルトラダイナマイトで逃げる無惨。自爆技を死ぬ覚悟ではなく逃げるために使うなんて無惨かバギー位にしか出来ない気がする。

そう思うとバラバラの実ってすごく有能な実に思えてくる

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7388-9766678c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード