FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2019. 12. 29

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第12話「一筋の光」感想

bekuta20191228.jpg

人生最高の瞬間だぜ!
って顔してますよねこの皇帝
sao20191229.jpg

チャンピオンくんことイスカーンくんが
すごく主人公してた件。
自らの意思でシステムの枷を破って
ヒロインを救ったという意味では
ユージオ、アリスと並ぶ重要人物に思えてくる。
「お前を倒すのはこの俺だ」的な
共闘も熱かったし、ダークテリトリーの人間とも
共に歩んでゆけるのではないかという希望を抱かせてくれます。

sao20191228.jpg

さまようよろい(赤)になって
容赦なくアンダーワールドの人たちを
ぶっちころろんする米国のゲーマーたち。
「これが人間のやることかよぉォぉ!!」
って思うが、コントローラーのボタンを
押すたびにいちいち胸を痛める
タイプのプレイヤーはまずこんなゲームには
参加しないだろうからね。
(アンダーワールドの人間も魂を持った人間という
真実を知ったらどう思うかはわからないですが)

sinon20191228.jpg

シノンさん来た!これで勝つる!

sao20191230.jpg

って思ってたらここで春までおあずけですか…



【関連記事】

・劇場版ソードアートオンライン オーディナル・スケール 感想

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第1話「アンダーワールド」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第2話「悪魔の樹」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第3話「最果ての山」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第4話「旅立ち」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第5話「オーシャン・タートル」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第6話「アリシゼーション計画」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第7話「剣の学び舎」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第8話「剣士の矜持」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第9話「貴族の責務」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第10話「禁忌目録」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第11話「セントラル・カセドラル」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第12話「図書館の賢者」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第13話「支配者と調停者」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第14話「紅蓮の騎士」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第15話「烈日の騎士」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第16話「金木犀の騎士」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第17話「休戦協定」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第18話「伝説の英雄」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第18.5話「リコレクション」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第19話「右目の封印」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第20話「シンセサイズ」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第21話「三十二番目の騎士」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第22話「剣の巨人」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第23話「アドミニストレータ」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション 第24話「ぼくの英雄」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第1話「北の地にて」感想

・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第2話「襲撃」

・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第3話「最終負荷実験」感想

・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第4話「ダークテリトリー」感想

・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第5話「開戦前夜」感想

・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第6話「騎士たちの戦い」感想

・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第7話「失格者の烙印」感想

・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第8話「血と命」感想

・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第9話「剣と拳」感想

・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第10話「創世神スティシア」感想

・ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 第11話「非情の選択」感想

noeruFC2.jpg

キリトさんが廃人になったまま終わった
アリシゼーション第2期でした。
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

シノン参戦は心強いですが、不安要素があるのも事実ですね。
一つは敵のボスであるベクタの正体を人界側は誰も知らないという事です。
アスナの情報で現実世界から来た敵という事はわかっても、
ベクタがGGOでその名を轟かせてるカブリエルとはわかってないわけですから。
もう1つの不安要素は前回、コメントに書き忘れてましたが、
向こうも他のゲームからコンバートできるという事は、
ヴァサゴも別のアカウントで再度ログインして帰って来れる事を意味します。
SAOサバイバーなら、SAOのアカウントで参戦する可能性は十分にあります。
アスナの事を知っている以上、彼の別アカウントでの姿は、
アスナも知っている人物の可能性も十分にあるのが厄介です。

ただし、不安要素だけでなく、希望ももちろんあります。
それはカブリエルがアリシゼーション編1話の時に、
GGOでキリト達との戦いを避けた事です。
理由はイレギュラーとのバトルは、
本番(オーシャンズタートル襲撃)に影響が出るからでしたが、
人界側に植物人間状態とはいえキリト、スーパーアカウントでログインしてきたアスナ達、
特にキリトとアスナはイレギュラー中のイレギュラーなので、
あの時、戦いを避けた事はカブリエルにとっての失敗になると思います。
まあ、イレギュラーの悪影響受けたくないから避けた相手が、
襲撃したところのゲーム世界にいるなんて誰も思わないので無理ないですけど。
いずれにしても、キリト達というイレギュラー中のイレギュラーが、
カブリエルにとっての予想外の相手となる可能性が高いと思います。

米国プレイヤーに関しては前話で描写された形で、知らないからこそ「血が出ていい反応するぜ!」みたいなやり方させてるわけですからね。物量差では勝てないのは元から今章序盤で言われてましたが、マジでそれが最悪の形で生まれたわけです。
恐ろしいのはこれがまだやり方として序の口であること。
もっと陰湿な手を使ってくるのが恐ろしい……


イスカーンが自らの手で枷を破ったり、彼らもまた同じ人間であること……まさに本章のテーマを表してる漢の一人でしょう。
もし菊岡さんとかが観測できてるならまたALICEが産まれたと歓喜しますよ()
……この章はSAO全体でも珍しい(キリトが事実上死んでる状態なのもありますが)群像劇になってるわけで、そういう意味では彼もダークテリトリー側の主役と言っても過言ではないでしょう。
実際この後も活躍が多いですし……

原作読んでたからこそ、「ここで切るアニメ製作陣は鬼か何かか!?」ってなりましたね。
小説で言えば17巻冒頭部分が終わったとこな訳で、ここからどうなる!?で切られてますから……

No title

第二の女神シノンの降臨でしたね
ステイシアと比べると戦闘特化の戦女神って感じですね

シノンだから弓はぴったりですけど
にしてもMAP兵器とかさすがスーパーアカウント・・・
単発が単発じゃなかったんですけど・・・

No title

ちなみにシノンとリーファは残り2つの神アカウントです
気付かれたでしょうが神アカで来るのはそれぞれ
SAO編ALO編GGO編のヒロインです

アリシ編は本来これがSAOの最終章でしたので
これまでのヒロインや友達&助けた人が
グリザイアの楽園のごとくキリトさんへ恩返しする話でもあります

なのでキリトさん復活はグリザイアの雄二と同じくらい最後の最後になります

No title

米国のゲーマーたちは誰が味方で誰が敵か教えられずにダイブしました
なので自分たち赤い鎧の人以外は目に映るもの全部皆○ろしするつもりで
それでアリスは異常といい
アスナはゲーマーが何しに来たのか察したので止めに入りました

てか米国のゲーマーたちはシノンたちと違い騙されてインしてたりします
ペィアブソーバー働かない痛みがあることすら教えられてないので

No title

あとアスナは米国ゲーマーも騙されて連れて来られたのに気付いてるので
痛みを感じずにログアウト出来るよう一撃必殺で倒すよう心がけてたので
ある意味縛り状態になってます

No title

ちなみにアスナさんが腕切り落とされたのは
ダメージを食らってしまう!と意識したせいです
アスナは分析力と判断力で指揮をしてきたタイプですので
アンダーワールドのシステムとは相性は良くないです

てかぶっちゃけ自分は無敵だと心の底から思い込めれば無敵になる世界です
鬼滅の無残様はこのシステムと相性いいかも?

流石にアメリカモブに用意出来たのは大したアカではなかった模様
とはいえ、弱いアカウントでも数いればアスナの腕を斬ったり出来るあたり、やはり数の力は馬鹿に出来ない
特にこの世界ではレベルと防御力は関係無いみたいですし

Re: No title

>花月(かづき) さん
コメントどーも

> シノン参戦は心強いですが、不安要素があるのも事実ですね。
> 一つは敵のボスであるベクタの正体を人界側は誰も知らないという事です。

GGOではシノノンも普通に負けてましたからね。
プレイヤースキルがくっそ高いボスキャラという
今まではいなかったタイプ

> ただし、不安要素だけでなく、希望ももちろんあります。
> それはカブリエルがアリシゼーション編1話の時に、
> GGOでキリト達との戦いを避けた事です。

銃の世界で剣を振り回すキリトたちは
GGOとしてのイレギュラーでしたからね。
訓練にはならないでしょう

Re: タイトルなし

> 恐ろしいのはこれがまだやり方として序の口であること。
> もっと陰湿な手を使ってくるのが恐ろしい……

人類の歴史は戦いの歴史だっただけあって、
現実世界の人間が一番戦争を知ってるわけですからね。

> イスカーンが自らの手で枷を破ったり、彼らもまた同じ人間であること……まさに本章のテーマを表してる漢の一人でしょう。
> もし菊岡さんとかが観測できてるならまたALICEが産まれたと歓喜しますよ()

まさかダークテリトリー側からもユージオ枠のキャラが生まれるとは思わなかった。

> 原作読んでたからこそ、「ここで切るアニメ製作陣は鬼か何かか!?」ってなりましたね。
> 小説で言えば17巻冒頭部分が終わったとこな訳で、ここからどうなる!?で切られてますから……

これが人間のやることかよぉぉぉぉ!!

Re: No title

> 第二の女神シノンの降臨でしたね
> ステイシアと比べると戦闘特化の戦女神って感じですね

アスナ=僧侶タイプ
シノン=戦士タイプ
リーファ=魔法使いタイプ
になるかと思う

> シノンだから弓はぴったりですけど
> にしてもMAP兵器とかさすがスーパーアカウント・・・
> 単発が単発じゃなかったんですけど・・・

一発一発撃つのに時間はかかるがそのぶん威力が強力
チャージ時間に攻撃されなきゃいいけど

Re: No title

>サクさん
コメントどーも

> ちなみにシノンとリーファは残り2つの神アカウントです
> 気付かれたでしょうが神アカで来るのはそれぞれ
> SAO編ALO編GGO編のヒロインです

ギャルゲーで例えるとこれまでのバッケージヒロインが
勢ぞろいして最終作に乗り込んでくるみたいな感じか

Re: No title

> あとアスナは米国ゲーマーも騙されて連れて来られたのに気付いてるので
> 痛みを感じずにログアウト出来るよう一撃必殺で倒すよう心がけてたので
> ある意味縛り状態になってます

気遣いの達人か

Re: No title

> ちなみにアスナさんが腕切り落とされたのは
> ダメージを食らってしまう!と意識したせいです

メインヒロインの片腕を容赦なく切り落とすあたり容赦ないなって思った

Re: タイトルなし

> 流石にアメリカモブに用意出来たのは大したアカではなかった模様
> とはいえ、弱いアカウントでも数いればアスナの腕を斬ったり出来るあたり、やはり数の力は馬鹿に出来ない

全員プレイアブルキャラだっていうのも大きい。
レベル差があってもプレイヤースキルでなんとかできてしまうゲームもありますから。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7408-9974bbc9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード