FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 02. 16

虚構推理 第6話「合理的な虚構」感想

kotoko20200216.jpg

杖とか棒とか傘とか持つと
かっこつけたくなる気持ちわかる。
とりあえずアバンストラッシュは真似するよな。
え、世代がバレる?
…来年にはきっと今の小学生もやることになるから。見とけよー


結局のところ七瀬かりんの死の真相は
"自殺に近い事故死"っという内容で
事故死と判断した警察の
調書に嘘偽りがなかったというオチでした。
それに関して難癖と疑惑をつけて
鋼人七瀬という「怪物」を生み出してしまったのは
他でもない霊能者でも異能者でもない
普通の人間なんですよね。

karin20200216.jpg

七瀬かりんに関しては今までの受け答えから結構メンタルが
強めな印象を受けていたのですが、
やっぱり父親殺し疑惑の誹謗中傷に傷ついてるあたり
感性は普通の女の子だったってことなんでしょうね。
彼女を死へと追いやったのもまた人の噂という業。

恐怖の対象を作り出すのも恐怖を楽しむのも
全て人間なわけですから、
ものすごいマッチポンプですよね。
ただ問題はそれによって一人の被害者が
生み出されてしまったという点。
寺田刑事はキービジュアルにもいる
重要キャラなので大丈夫だと思っていたのですが、
鋼人七瀬の犠牲者その1になってしまいましたね。
ある意味サキさんもあの時琴子ちゃんに
助けられていなかったらこうなっていたんだろうな…

kurou20200216.jpg

しかし「未来決定能力」っていう
神にも匹敵する凄い能力を持ちながら
その能力を自分の利のためには利用せず
世のため人のために役立てようとしてるあたり
九朗さんは割とヒーロー気質な所があると思います。
だからこそ彼は二つの怪異の力に
適合したのかもしれませんね。

ただ彼の能力にも限界があるのも事実で
遠い未来は決定するのが難しく、
それこそ世の中を変えるような大きな
未来変動は起こせないとのこと。
(万能な能力すぎると何でもありになりそうですから
物語を破綻させないために制限をかけたんだろう)


【関連記事】

・虚構推理 第1話「一眼一足」感想

・虚構推理 第2話「ヌシの大蛇は聞いていた」感想

・虚構推理 第3話「鋼人の噂」感想

・虚構推理 第4話「アイドルは鉄骨に死す」感想

・虚構推理 第5話「想像力の怪物 」感想

noeruFC2.jpg

やはり人間とは度し難い
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

寺田刑事が死亡しちゃったので
犯人でっち上げずに済ませる為の虚構の難易度が上がりましたね

てか作業員の幽霊は笑いましたが
七瀬かりん入れて二人も死亡してるってのは人死に過ぎな工事現場ですね

Re: No title

>サク さん
コメントどーも

> 寺田刑事が死亡しちゃったので
> 犯人でっち上げずに済ませる為の虚構の難易度が上がりましたね

「まぁ一夜ぐらい大丈夫だよね」
っていう油断が最悪の事態を生んでしまったという

> てか作業員の幽霊は笑いましたが
> 七瀬かりん入れて二人も死亡してるってのは人死に過ぎな工事現場ですね

作業員幽霊のおかげで七瀬かりんについての真実が判明したけど
あれはいろいろと反則技だよな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7494-cb7fe6c2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード