FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 02. 23

Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第18話「原初の星、見上げる空」感想

masyu20200222.jpg

輝く星のように。

■ギルガメッシュの演説が最高だった
giru20200222.jpg

ウルクでの最後の夜、
そして最後の夜明けが描かれた第18話。
結末は滅びであるとわかっていても
それでも抗おうとする人の強さや
生きざまを描く
ってのは他のFate作品や
型月作品にも多く見られる光景です。
Fate/Grand Order-という物語も絶賛滅びに向かって行ってる途中で
たとえ地球上に残された最後の人類になろうと
それでもあがいて戦う人々の強さが描かれています。

まぁ年末からここまで季節もののイベントしか
やってない気もするけど…ソシャゲという媒体上仕方ないのだ。
本編無視してひたすら脱線しまくるなんて他の作品でも結構ある。


■天の鎖と黄金の王
kingu20200222.jpg

序盤の強キャラムーブはどこへやら
もはや完全にポンコツとなったキングゥに対して
ポンと簡単に聖杯を手渡す王様は凄い太っ腹です。
性格はアーチャーの彼と比べるとだいぶマイルドになったとはいえ
あの傍若無人が服を着て歩いてるようなギルガメッシュが
他人のために自分の宝を使用するという時点で天地がひっくり返るような案件。

たとえ魂は違おうとその体は間違いなく
彼の友である天の鎖なわけですからね。
なんだかんだで彼の「友」だったんだなと実感させれる。
この作品って悪手だと思われた行動に実は意味があって
それが原因で勝利するってパターンが結構あります。


■最強の仁王立ち
benkei20200222.jpg

武蔵坊弁慶こと常陸坊海尊が
ここにきて再登場してくれる流れは熱かったです。
サーヴァントになってから生前の望みを叶えるキャラは
結構いるのですが、彼もまたその一人。
逃げ続けた彼でしたが今度こそ最後まで
義経と共に散ることができたわけだ。
できることなら原作と同じく宝具を発動してほしかったが…
その分をケツ姉さんの宝具にリソースを割いたってことでしょう。


■炎、神をも灼き尽くせ
ketu20200222.jpg

簡単に言うと「めっちゃ威力高いドラゴンライダーキック」
宝具のステータス的には「レンジ:1 最大捕捉:1人」らしいけど
これ絶対余波で何人が殺せる威力だよね…
まぁそういう宝具あげたら他にもキリがないんですけど。


teliamato20200222.jpg

ケツァルコアトルの宝具をもってしても
太刀打ちが出来なかったティアマト。
おまけに「飛行機能」ということが発覚し
冥界落とし穴作戦もおじゃんになると思われたが
そこに立ちふさがったのはかつての敵ゴルゴーンだった。
最後まであがき続ける人の物語
そしてそれを支える英雄たちの物語はついに最終局面ですが
来週はまたしても特別編。


【関連記事(Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア-)】

・これまでのFGO

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第1話感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第2話 感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第3話 感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第4話 感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第5話「ギルガメッシュ紀行」 感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第6話「天命の粘土板」感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第7話「陽動作戦」感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第8話「魔獣母神」感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第9話「おはよう、金星の女神」感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第10話「こんにちわ。太陽の女神」 感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第11話「太陽の神殿」感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第12話「王の死」感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第13話「さよなら冥界の女神」感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第14話「決戦」感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第15話「新しいヒトのカタチ」感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第16話「目覚め」感想

・Fate/Grand Order-絶対魔獣戦線バビロニア- 第17話「会議は踊る」感想

fateFC2.jpg

特別編がやたら多いFGO
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>あの傍若無人が服を着て歩いてるようなギルガメッシュが
他人のために自分の宝を使用するという時点で天地がひっくり返るような案件。

まあ、この時代のギルは、すでに自分の財宝を大砲の弾代わりに提供してましたけどね
親友の体とはいえウルクの民ですら無いキングゥに財宝の一つをくれてやったという意味では驚きかも知れません

>逃げ続けた彼でしたが今度こそ最後まで
義経と共に散ることができたわけだ。

前々回に黒牛若は「自分を見捨てた者」、つまり常陸坊海尊にも恨み言を言ってましたが、彼は今度は「逃げなかった」、そして本物の弁慶に代って牛若と共に最期を迎える事ができたんですね

>できることなら原作と同じく宝具を発動してほしかったが…
>その分をケツ姉さんの宝具にリソースを割いたってことでしょう

それに彼の宝具の効果は映像だとわかりにくいですし、それの説明に尺を使ってテンポが悪くなる事を考えたら妥当な変更かと思います
重要なのは今度こそ彼は主のために命をかけ、主と共に逝けた事ですし

Re: No title

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> まあ、この時代のギルは、すでに自分の財宝を大砲の弾代わりに提供してましたけどね
> 親友の体とはいえウルクの民ですら無いキングゥに財宝の一つをくれてやったという意味では驚きかも知れません

そういえば、なんだかんだで時臣のお願いで
2,3本財宝を海魔退治にくれてやったこともあるし
けち臭いけど割と心は広いんですよね。

> 前々回に黒牛若は「自分を見捨てた者」、つまり常陸坊海尊にも恨み言を言ってましたが、彼は今度は「逃げなかった」、そして本物の弁慶に代って牛若と共に最期を迎える事ができたんですね

あの時間違いなく彼は本物の弁慶に近づけたんだと思うな。

> それに彼の宝具の効果は映像だとわかりにくいですし、それの説明に尺を使ってテンポが悪くなる事を考えたら妥当な変更かと思います

確かにアレは映像化しにくい類の奴だからな

牛若回でも有りましたが自分達の事を未来まで語り継ぐ事は英雄にとっては大切な事だと改めて思いました。
後立香くんの指揮も含めて空中戦がカッコよすぎました。
次回は年末に少し放送された、騎士王の帰還の完全版ですね。

No title

>あの傍若無人が服を着て歩いてるようなギルガメッシュが
ひどい言いっぷりですけど、もしかしてギルガメッシュって
世界線が違うとものすごく質が悪いキャラなんでしょうか?
Fate goのアニメを見た限りだと自信家で壮大な俺様系、
有能な王様であると同時に立香達の乗る馬車に入って着いていったりして
シドゥリを困らせる事もある周りを振り回すタイプのキャラでもある、
という印象ですけど、他の世界線だと違う感じなんですか?

No title

>そういえば、なんだかんだで時臣のお願いで
2,3本財宝を海魔退治にくれてやったこともあるし
けち臭いけど割と心は広いんですよね。

時臣に関しては、まずアサシンを使った茶番劇に付き合ってくれただけでも、かなり寛容です
しかもギルに令呪で撤退を命じたり、ギルが参加してた聖杯問答にアサシンを送ってギルの顔に泥を塗ったり、これだけ積み重ねても言峰に聖杯戦争の真実を知らされるまでは時臣を護衛してやってたので、ギルは自分の臣下と民に対しては気難しいながらも本当に心が広いのだと思われます

Re: タイトルなし

>PT さん
コメントどーも

> 牛若回でも有りましたが自分達の事を未来まで語り継ぐ事は英雄にとっては大切な事だと改めて思いました。
> 後立香くんの指揮も含めて空中戦がカッコよすぎました。

今回の立香くんは本当に最後まであきらめない強さを感じました。
最後の令呪発動シーンはめっちゃかっこよかった。

Re: No title

>花月(かづき) さん
コメントどーも

> ひどい言いっぷりですけど、もしかしてギルガメッシュって
> 世界線が違うとものすごく質が悪いキャラなんでしょうか?

簡単に言うと「ドラえもんみたいな力を持った性格ジャイアン」
あと一応ルートによってはラスボス。

でもいろんな作品に出演するたびに性格がマイルド化していって
今のFGOみたいな寛大な王になっていきました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7506-abd4c7d3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード