FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 03. 02

2020年14号のジャンプ感想

aimasu20150214.jpg

今週の裏表紙はニュージェネのお三方。
そういえばプリコネには既に
リンちゃんがいるからリン(デレマス)
っていう表記になったんだろうな。

以下、今週のジャンプ感想

・Drストーン

遂に霊長類最強の男(司)が仲間に
本当にここまで長かった…
序盤にスポット参戦したやたら強いキャラが
敵として立ちふさがってきて、
そのままの強さで終盤仲間になるみたいな感じですよね。
目覚めて一言目があの時と同じ台詞だったのが
なんかよかったですね。
(そんな司もさすがに月行きは驚いた模様)


・鬼滅

①人間にする
②ターン経過で老化(デバフ)が進行する
③無惨ダイナマイトを使用不可能にする
④細胞破壊(スリップダメージ)が発生する


なんか珠世様の毒が9期か10期の遊戯王カード並みに
効果盛られすぎな気がする…死んでからのほうが
絶好調ですねこの人。執念が、執念がすごすぎる!
破壊されたときに効果が発動するウィルスカードかな?

禰豆子視点の回想は鬼になっていたとしても
それまでに過ごした日々や人々との記憶は
ちゃんと感所の中で生き続けてたってのが解ってよかった。
禰豆子が来たらパーフェクト無惨になるんじゃないかと思ったけど
今週で完全に人間に戻ったっぽいのでそれはなさそう。
逆に言うと…もう戦力としては期待できなくなった
(炭治朗的にはそれが一番幸福なことなんだろうけど)


・アグラビティボーイズ

リーダー(グリスロウ)面白すぎだろ!
というかクリスくんは絶対半分くらい
解っててやってるだろ。だろぉ
でもリーダー視点から見てみると
男連中とやたら親しくて、
出会ったその日にお風呂に誘ってくる女子なんだぜ。
…かなりビッチに見える気がする。


・ぼく勉

いい最終回だった…
完全に今週で最終回みたいな雰囲気でしたね。
成幸が初めて"誰かのため"じゃなくて
"自分のためだけに自分の幸福を選んだ"ってのが
本当に良い回答だと思った。
最良でもなければ最善でもない、
だけど彼を見守り続けてきた読者にとっては
「最高」の回答。もう…幸せになれ!!
勉強の話も恋愛の話も完結してしまったわけだが
残り何の話をするんだろうか?
数話丸々使ってエピローグとかかな?


・ゆらぎ荘

完全に最終決戦な雰囲気になっていますが…
ロリキャラを筋肉もりもりマッチョマンの変態に
変態させてしまうとか…予想できるかぁ!



【関連記事】

2016年
・2016年7号のジャンプ感想
・2016年8号のジャンプ感想
・2016年9号のジャンプ感想
・2016年10号のジャンプ感想
・2016年11号のジャンプ感想
・2016年12号のジャンプ感想
・2016年13号のジャンプ感想
・2016年14号のジャンプ感想
・2016年15号のジャンプ感想
・2016年16号のジャンプ感想
・2016年17号のジャンプ感想
・2016年18号のジャンプ感想
・2016年19号のジャンプ感想
・2016年20号のジャンプ感想
・2016年21、22号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年25号のジャンプ感想
・2016年26号のジャンプ感想
・2016年27号のジャンプ感想
・2016年28号のジャンプ感想
・2016年29号のジャンプ感想
・2016年30号のジャンプ感想
・2016年31号のジャンプ感想
・2016年32号のジャンプ感想
・2016年33号のジャンプ感想
2016年34号のジャンプ感想
・2016年35号のジャンプ感想
・2016年36、37号のジャンプ感想
・2016年38号のジャンプ感想
・2016年39号のジャンプ感想
・2016年40号のジャンプ感想
・2016年42号のジャンプ感想
・2016年43号のジャンプ感想
・2016年45号のジャンプ感想
・2016年46号のジャンプ感想
・2016年47号のジャンプ感想
・2016年48号のジャンプ感想
・2016年49号のジャンプ感想
・2016年50号のジャンプ感想
・2016年51号のジャンプ感想
・2016年52号のジャンプ感想

2017年
・2017年1号+2,3号のジャンプ感想
・2017年4,5号のジャンプ感想
・2017年6号のジャンプ感想
・2017年7号のジャンプ感想
・2017年8号のジャンプ感想
・2017年9号のジャンプ感想
・2017年10号のジャンプ感想
・2017年11号のジャンプ感想
・2017年12号のジャンプ感想
・2017年13、14号のジャンプ感想
・2017年15号のジャンプ感想
・2017年20号のジャンプ感想
・2017年21、22号のジャンプ感想
・2017年23号のジャンプ感想
・2017年24号のジャンプ感想
・2017年25号のジャンプ感想
・2017年26号のジャンプ感想
・2017年27号のジャンプ感想
・2017年28号のジャンプ感想
・2017年29号のジャンプ感想
・2017年30号のジャンプ感想
・2017年35号のジャンプ感想
・2017年36、37号のジャンプ感想
・2017年38号のジャンプ感想
・2017年39号のジャンプ感想
・2017年40号のジャンプ感想
・2017年41号のジャンプ感想
・2017年42号のジャンプ感想
・2017年43号のジャンプ感想
・2017年44号のジャンプ感想
・2017年46号のジャンプ感想
・2017年47号のジャンプ感想
・2017年48号のジャンプ感想
・2017年49号のジャンプ感想
・2017年50号のジャンプ感想
・2017年51号のジャンプ感想
・2017年52号のジャンプ感想

2018年
・2018年1号のジャンプ感想
・2018年2,3号のジャンプ感想
・2018年4,5号のジャンプ感想
・2018年7号のジャンプ感想
・2018年8号のジャンプ感想
・2018年9号のジャンプ感想
・2018年10号のジャンプ感想
・2018年11号のジャンプ感想
・2018年12号のジャンプ感想
・2018年13号のジャンプ感想
・2018年14号のジャンプ感想
・2018年15号のジャンプ感想
・2018年16号のジャンプ感想
・2018年23号のジャンプ感想
・2018年24号のジャンプ感想
・2018年25号のジャンプ感想+おまけ
・2018年26号のジャンプ感想
・2018年27号のジャンプ感想
・2018年28号のジャンプ感想
・2018年29号のジャンプ感想
・2018年30号のジャンプ感想
・2018年31号のジャンプ感想
・2018年32号のジャンプ感想
・2018年33号のジャンプ感想
・2018年34号のジャンプ感想
・2018年35号のジャンプ感想
・2018年36・37号のジャンプ感想
・2018年38号のジャンプ感想
・2018年39号のジャンプ感想
・2018年40号のジャンプ感想
・2018年41号のジャンプ感想
・2018年42号のジャンプ感想
・2018年43号のジャンプ感想
・2018年46号のジャンプ感想
・2018年47号のジャンプ感想
・2018年49号のジャンプ感想
・2018年50号のジャンプ感想
・2018年51号のジャンプ感想
・2018年52号のジャンプ感想

2019年
・2019年1号のジャンプ感想
・2019年2号のジャンプ感想
・2019年3号のジャンプ感想
・2019年4・5号のジャンプ感想
・2019年6・7号のジャンプ感想
・2019年8号のジャンプ感想
・2019年9号のジャンプ感想
・2019年10号のジャンプ感想
・2019年12号のジャンプ感想
・2019年13号のジャンプ感想
・2019年14号のジャンプ感想+α
・2019年15号のジャンプ感想
・2019年16号のジャンプ感想
・2019年17号のジャンプ感想
・2019年18号のジャンプ感想
・2019年19号のジャンプ感想
・2019年20号のジャンプ感想
・2019年21号のジャンプ感想
・2019年22、23号のジャンプ感想
・2019年24号のジャンプ感想
・2019年25号のジャンプ感想
・2019年26号のジャンプ感想
・2019年27号のジャンプ感想
・2019年28号のジャンプ感想
・2019年29号のジャンプ感想
・2019年30号のジャンプ感想
・2019年31号のジャンプ感想
・2019年32号のジャンプ感想
・2019年33号のジャンプ感想
・2019年34号のジャンプ感想
・2019年35号のジャンプ感想
・2019年36・37号のジャンプ感想
・2019年38号のジャンプ感想
・2019年39号のジャンプ感想
・2019年40号のジャンプ感想
・2019年41号のジャンプ感想
・2019年42号のジャンプ感想
・2019年43号のジャンプ感想
・2019年44号のジャンプ感想
・2019年45号のジャンプ感想
・2019年47号のジャンプ感想
・2019年48号のジャンプ感想
・2019年49号のジャンプ感想
・2019年50号のジャンプ感想
・2019年51号のジャンプ感想
・2019年52号のジャンプ感想

2020年:

・2020年1号のジャンプ感想
・2020年2号のジャンプ感想
・2020年3号のジャンプ感想
・2020年4、5号のジャンプ感想
・2020年6,7号のジャンプ感想
・2020年8号のジャンプ感想
・2020年9号のジャンプ感想
・2020年10号のジャンプ感想ぷらす
・2020年11号のジャンプ感想
・2020年12号のジャンプ感想
・2020年13号のジャンプ感想

ritobasuFC2.jpg
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>なんか珠世様の毒が9期か10期の遊戯王カード並みに
効果盛られすぎな気がする…死んでからのほうが
絶好調ですねこの人。執念が、執念がすごすぎる!
破壊されたときに効果が発動するウィルスカードかな?

ハオ「無惨…所詮こいつは邪悪な存在だ…この程度の男だったな」
レイ「欲に取り付かれた哀れな邪悪な存在…無様だな」

効果盛り過ぎ以上に、無惨は記憶を覗いたというのに騙されるもクソもないだろって思いました
薬作ってる場面全部見て、老化薬に辿り着いたならそれ以外の薬も知れただろ
って感じで
ここまで来たら鬼殺隊はただの介錯役でしかないような

Re: No title

>からららさん
コメントどーも

> ハオ「無惨…所詮こいつは邪悪な存在だ…この程度の男だったな」

だって無惨様だぜ?

Re: タイトルなし

> 効果盛り過ぎ以上に、無惨は記憶を覗いたというのに騙されるもクソもないだろって思いました
> 薬作ってる場面全部見て、老化薬に辿り着いたならそれ以外の薬も知れただろ
> って感じで

確かに記憶を覗くシーンありましたね…
あれをもうちょっと用心深く見ていれば…
でも既に毒は回った後だからどうあがいても
無惨ダイナマイトは封じられるのだ。

No title

>だって無惨様だぜ?
レイ「それが愚かななんだよ」

No title

何となく、うるかエンドに納得が出来ないところがありますね、
やっぱりアニメの結末もここ最近の展開も唐突過ぎるとこありますし、
中学の頃にノート写させてあげたエピソードも、
「アイツには借りがあるから」みたいなシーンが有れば良かったですけど
あとアニメで思い出しましたけど、学園祭でうどん売るときのサクラカップルで、
縁結びの効果をでっち上げてましたけど、一応、ご利益有ったんですね

禰豆子が人間に戻った!
普通なら喜ぶべき展開だが、両断してもくっつけられる等の除去耐性も消えたと考えたら、ワニ先生の事だから嫌な予感しかしない。

ウルトラダイナマイト不発。最期の薬の効果凄まじい。ただこのままあっさり斬られるとラスボスにしてはカタルシスが足りないが大丈夫か?

Dr.STONE
司が仲間になった。ロケットを作るとなったら流石に人類最強筋肉の出番か。

No title

ぼく勉はこれから文化祭の時に時を戻して各ヒロインの個別ルートにいくみたいですよ

Re: No title

> 何となく、うるかエンドに納得が出来ないところがありますね、
> やっぱりアニメの結末もここ最近の展開も唐突過ぎるとこありますし、
> 中学の頃にノート写させてあげたエピソードも、
> 「アイツには借りがあるから」みたいなシーンが有れば良かったですけど
> あとアニメで思い出しましたけど、学園祭でうどん売るときのサクラカップルで、
> 縁結びの効果をでっち上げてましたけど、一応、ご利益有ったんですね

序盤のうるかちゃんは中学からの腐れ縁的なキャラだったけど
いつの間にか恩人ポジションになっていましたからね。
それにしては序盤の成幸は恩人に対して塩対応でした

Re: タイトルなし

> 禰豆子が人間に戻った!
> 普通なら喜ぶべき展開だが、両断してもくっつけられる等の除去耐性も消えたと考えたら、ワニ先生の事だから嫌な予感しかしない。

やめろぉぉぉぉぉ!!それ以上言うなぁぁぁ!

> ウルトラダイナマイト不発。最期の薬の効果凄まじい。ただこのままあっさり斬られるとラスボスにしてはカタルシスが足りないが大丈夫か?

無惨には無惨に敗北してほしい

> Dr.STONE
> 司が仲間になった。ロケットを作るとなったら流石に人類最強筋肉の出番か。

月でエイリアンと戦う仕事が残ってそうですからね

Re: No title

>満足 さん
コメントどーも

> ぼく勉はこれから文化祭の時に時を戻して各ヒロインの個別ルートにいくみたいですよ

まさかのアマガミ形式のマルチエンド方式とは…
全キャラの推しが救われる神展開。

最終ルートはもちろん水希ちゃんですよね?

そもそも無惨に鬼にされた場合、無惨が死んだら一緒に死ぬから禰豆子が人間に戻る前に死なれてたらそれでアウトですから。
それにこんな状況で増援いるか?と言われたら微妙というような状況ですし。村田さんとかが駆けつけて時間稼げば充分なような。
想い出は善逸は良かったねですが、結構構ってた伊之助がちょっとしか絡みない煉獄さんやお館様よりコマが小さかったり、恋に至っては登場してなかったりであれ?なところも。

No title

>>まさかのアマガミ形式のマルチエンド方式とは…
全キャラの推しが救われる神展開。

厳密にはこれは、アマガミ方式ではありませんね、
アマガミ方式は、攻略ヒロインとイベントのみを行い関係を深め、恋愛をしてまた最初から始まる、オムニバスとなっています。
今回の場合は、ギャルゲーでいう共通ルートから個別ルートの分岐、恐らく脱落式を採用したものでしょう


Re: タイトルなし


> 想い出は善逸は良かったねですが、結構構ってた伊之助がちょっとしか絡みない煉獄さんやお館様よりコマが小さかったり、恋に至っては登場してなかったりであれ?なところも。

やっぱり善逸には生き残ってちゃんと禰豆子と会話してほしいと思いました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7520-e5c3a8fd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード