FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 03. 06

デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 感想

dejimon20200306.jpg

デジモンと共に歩んだ、
全ての"子どもたち"へ――


以下、ネタバレありの感想です。

■概要
dejimon20151031.jpg

デジモンアドベンチャーシリーズの劇場版作品。
時系列的には初代デジモンアドベンチャーから
10年後でtriの4年後が舞台の作品なんですが、
基本的に初代と02を知っていれば
だいたい理解できる内容です。

あと下記にも記載していますが、
デジモンの映画を知っていれば知ってるほど
楽しめる映画となっておりますので
これから見に行くと言う方はぜひとも
視聴することをおススメします。

見てきた所感としては…
デジモン愛にあふれた映画で
個人的に非常に満足のいく作品でした。



■別れの物語
dejimon20200311.jpg

この作品は太一たちとデジモンたちの「別れ」
を描くもので、それが本作の大きなテーマとなっています。
思えばデジタルモンスターって最初に発売された玩具からして
「死」という概念が用意されていたんですよね。
どんなに頑張ってバトルして進化させた
デジモンでもいずれ寿命で死んでしまう。
生と死を繰り返しながらもパートナーとして
共に暮らし、そして戦っていくのが
デジモンの在り方でもありました。
ある意味本作は「必ず別れが来る」という
デジタルモンスターの在り方を
直球に描いた作品であったわけです。

全体的に太一とヤマトの葛藤を描くシーンがメインで
二人がどのようにデジモンとの別れを受け入れ、
そして前に進んでいくのかが描かれています。
同時に二人がどのような未来を目指すのかが描かれて行きます。


■僕らの最終決戦
dejimon20200309.jpg

最終作というわけで今までのデジモン映画の
オマージュシーンがやたら多かったです。
序盤のパロットモンとの戦いとか初代映画を意識してたし、
電脳空間での戦いは「ぼくらのウォーゲーム」まんまでした。
冒頭のボレロからのパロットモンVSグレイモンの流れで、
この作品はデジモンへの愛があふれてるなっと感じましたね。
進化バンクはアグモン→グレイモン→メタルグレイモンのみでしたが
初代の進化バンクに似せていたのが良かった。
あと、太一とヤマトが焼肉食ってる時に流れてる
BGMが僕らのウォーゲームのエンディングテーマだったり、
細かいところでファンサービスが光る映画でした。


■継承者たちの今
dejimon20200310.jpg

triでは出番がなかった02組も今作では活躍していましたが
本当にこの子ら出てくると明るくなりますよね
大輔とか京さんとか無駄に明るいのが理由なんですが
パートナーデジモンも一人必ず一芸を持ってて
キャラが立ってるから出てくるだけで騒がしい。
この無駄に明るいメンタリティを真っ先に
封じたtriのアルファモンは02組の
危険性を一番わかってたんではないだろうか?

太一とヤマトがネット世界で戦ってる中
現実世界の方で活躍する。っていう点は
図らずもディアボロモンの逆襲と
同じ構図になっていました。
エオスモンに吸収されることなく
最後まで戦い抜くあたり何だかんだで強いんですよね。
一つ惜しむことがあるのなら終盤の戦闘シーンで
パイルドラモンかインペリアルドラモンは出してほしかったかな…


■ゴキゲンな蝶になって
dejimon20200305.jpg

本作のラスボス「エオスモン」
これまでのデジアド映画のボスキャラの要素を
全て兼ねそろえた最後に相応しい強敵でした。
"過去の思い出の中に子供たちを閉じ込めようとしている"
っていう点はケルビモンを彷彿させていましたし、
群体として存在でき、集まることで
オメガモンすら圧倒する力を持つ点や
ネットワーク上をメインとして活動する点は
ディアボロモンやアーマゲモンに似ていました。

あと「蝶」がモチーフのデジモンなのは
主題歌の「Butterfly」に併せてきたのかな?
サイスルでも最後に出てきたのが蝶モチーフでしたし
やっぱりデジモンにとって蝶は重要な要素なんだろうと感じる。


■空へ
dejimon20200307.jpg

前日譚で出番を貰えた空さんでしたが、
本作ではかなり出番が少なかったです。
ただ、彼女は「戦わない」ことを選んだわけですから
それを貫いてくれたのは良かったと思います。
あと、最終決戦の時の様子から察するに
誰よりもパートナーとの別れを最初に経験したのは
空だったんじゃないかな?

「戦わない」という選択肢を選んだことで
パートナーとの別れのトリガーとなったのではないだろうか?


■最終にして最強の騎士
deji20150509.jpg

今作はオメガモンの戦闘シーンがやたら多くて満足でした。
エオスモン軍団を次々と撃破していくシーンはかっこよかったし
エオスモン最終形態との闘いもボロボロになりながらも
最後まであきらめない点とか非常に良かった。
最終的には今回も敗北してしまうわけですが
「現状の最強戦力」としてのオメガモンの在り方は
ちゃんと描けていたと思う。


■戻りたい過去
dejimon20200312.jpg

今回の黒幕の目的って結局のところ
「あの頃に戻りたい」「永遠に楽しい時間を過ごしていたい」
「別れという現実から選ばれし子供たちを救いたい」

っていうもので、思わず共感してしまった
人も多かったのではないだろうか?

これは現実の我々に対するメッセージでもあったんだろうね。
誰だって楽しかった過去に戻りたいときがある
大人になればなるほどそれは感じるようになる。
大人へと成長したあの頃の子供たちに対して
「想い出」という最強の武器を振りかざしてくるのが
今作の敵でした。

あと、実は本作で一番泣いたシーンは
黒幕の過去回想シーンでした。
あんなの見せられたら、あの人の事
絶対憎めないに決まってるだろうが!
って思いましたね。


■最強の絆と最後の進化
dejimon20200308.jpg

そんなラスボスの語る理想論や過去への回帰に対して
「離れても思い出は残る。だから前に進むんだ」
っていうことを突きつける最終決戦は圧巻で、
この答えのために本作はあったんでしょうね。

太一とヤマトによる最後の進化
「アグモン-勇気の絆-」「ガブモン-友情の絆-」
より人間に近いような姿となっていて
パートナーとの絆を感じられるものでした。
何気に最終決戦では他の子どもたちも
ちゃんと戦闘に参加できた点も良かったです。


■明日の予定もわからない
dejimon20200306.jpg

最終的に太一もヤマトもデジモンとの別れを
経験することになるのですが、
ここら辺を逃げずに曖昧にせずきちんと
描いてくれたので本作は素晴らしいと感じました。

エンディングでは02世代以外の
パートナーは全員消えたことが解るから
太一とヤマト以外の選ばれし子供も
同じ経験をすることになったんだろうね。

確かにパートナーと別れはしたけど
未来へと向かっていく肯定的な内容になっていましたし、
02最終回のエピローグがこの世界の行きつく先なら
最終的に希望は残ってる。
そんな余韻に浸れるラストでした。



というわけで太一たちの最後の戦いを描いた最終作で、
個人的には映画単体として凄く満足のいく作品でした。

「太一、大きくなったね」
「ヤマトは、俺の自慢のパートナーだよ」

のくだりは涙腺崩壊してました。
…最近本当に涙もろくていけない。


ただ…このあとリメイク作品をお出しするんだよね?
この最高の最終作を放映した後、
4月からまた太一たちの戦いを描くのはちょっと…
ってモヤモヤする気持ちが少しあります。

でも、デジタルモンスターってのは何度も
転生し生まれ変わる存在ですから、
この作品は「終わり」であると同時に新たなる「始まり」でもある。
だからこそこのタイミングでリメイク作品が放送するんでしょうね。

次のシリーズも、きっと飛べるさ。

というわけで、
以上、デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆 の感想でした。

noeruFC2.jpg

ちなみに今日3月6日は初代デジモンアドベンチャーの
映画が放映開始した日で、明日3月7日は
デジモンアドベンチャーのテレビアニメが放送開始した日です。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>ちなみに今日3月6日は初代デジモンアドベンチャーの
映画が放映開始した日で、明日3月7日は
デジモンアドベンチャーのテレビアニメが放送開始した日です。

あ、なるほどだから新作アニメのデジモンアドベンチャー流れたのか

No title

>今回のテーマは「別れ」
ゲーム初期から実装されてた「死」という別れとはまた違った別れに焦点を当ててきたかぁ…と思いましたね

>今回最初の戦い
まさか最初の映画の踏襲でパロットモンと戦わせるとか初代に寄せた進化バンク含めて「おぉ…!」と息を呑んで観入ってましたわ

太一とヤマトの焼肉シーンでもBGM以外にシレッとポスターがどこぞコラボ先のアイドル(?)だったのもちょっと笑ってしまった感ありますね

>triだと出番のなかった02組
なんやかんや出番初っ端からラーメン食べてるあたりほっこりしてしまったあたりそれが彼らの強み(?)でもありますよね

>今回の敵役「エオスモン」
なかなか厄介な敵だったけれどもなんか無機質っぽい感じを受けたのはやっぱりエオスモンの出自が影響してるんでしょうね…

>ほぼほぼ蚊帳の外だった空とピヨモン
前日譚の時点で「戦わないという選択」をした時点で別れはいち早く訪れてしまったが空が泣かずに窓の外を見ていたのは彼女の強さ故だったのだろうか…

>最終の騎士オメガモン
ガルルキャノンがぶった切られ、グレイソードのみで突っ込んでいく様は痛々しかったが最終の騎士の名に恥じない働きだったっすね…

>黒幕の回想、そして最新にして最後の進化
あの回想は…うん、そりゃあんな唐突な別れは黒幕に今回の事件起こさせるわ…言い方はアレだが人さらいしといて何いってんだとか言ってごめん…

より人型に近くなった最後の進化…アグモン-勇気の絆-の方はともかくなんかガブモン-友情の絆-のほうはエンシェントガルルモンをちょっと思い出しましたね

>ついに来てしまうパートナーとの別れ
最初は空、次いで太一とヤマト、そしてEDでは02組以外の面々が体験してしまうという別れ…こう見てるといずれ02のED前までにも02組も別れは体験したのかなぁと思うとタケル何回パートナーと別れてしまってんだよ(´・ω・`)

Re: No title

>からららら さん
> あ、なるほどだから新作アニメのデジモンアドベンチャー流れたのか

おそらく3月6日に情報公開したのは狙ってやったかと

Re: No title

>月風丸 さん
コメントどーも

> >今回のテーマは「別れ」
> ゲーム初期から実装されてた「死」という別れとはまた違った別れに焦点を当ててきたかぁ…と思いましたね

ゲンナイさんの言った「寿命のことをわざわざ話したりはしないだろう」
っていうセリフが凄く印象的で、別れっていうのはそういうことかと気付いた

> >今回最初の戦い
> まさか最初の映画の踏襲でパロットモンと戦わせるとか初代に寄せた進化バンク含めて「おぉ…!」と息を呑んで観入ってましたわ

本当にあそこらへんのファンサービスはお見事でした。

> 太一とヤマトの焼肉シーンでもBGM以外にシレッとポスターがどこぞコラボ先のアイドル(?)だったのもちょっと笑ってしまった感ありますね

それはボクも気が付きましたww
そのためのデレステコラボか!!

> >triだと出番のなかった02組
> なんやかんや出番初っ端からラーメン食べてるあたりほっこりしてしまったあたりそれが彼らの強み(?)でもありますよね

大輔のメンタルが強すぎる…本当にこいつ一人triに居たら
展開全然違っていたのではないだろうか?

> >今回の敵役「エオスモン」
> なかなか厄介な敵だったけれどもなんか無機質っぽい感じを受けたのはやっぱりエオスモンの出自が影響してるんでしょうね…

人工デジモンっていうのはセイバーズでも出てましたね。
あれはただ単に殺戮者っていう感じでしたが、
エオスモンはただ単に主の願いをかなえるための願望器のように感じた。

> >ほぼほぼ蚊帳の外だった空とピヨモン
> 前日譚の時点で「戦わないという選択」をした時点で別れはいち早く訪れてしまったが空が泣かずに窓の外を見ていたのは彼女の強さ故だったのだろうか…

出番がなかったことで逆に目立ったというか…
人それぞれいろいろな受け入れ方があるんだということが解るシーンでした。

> >最終の騎士オメガモン
> ガルルキャノンがぶった切られ、グレイソードのみで突っ込んでいく様は痛々しかったが最終の騎士の名に恥じない働きだったっすね…

オメガモンって最初の映画以降は結構ボコられるシーンが多かったりするんですよね…
それでもボロボロになりながらも戦うシーンはホントにかっこいい。

> >黒幕の回想、そして最新にして最後の進化
> あの回想は…うん、そりゃあんな唐突な別れは黒幕に今回の事件起こさせるわ…言い方はアレだが人さらいしといて何いってんだとか言ってごめん…

自分も途中まで「この人とちくるってんの?」って思いましたが、
理由を知ったら「ごめん。そうするのあたりまえだよね…」ってなりました。

> より人型に近くなった最後の進化…アグモン-勇気の絆-の方はともかくなんかガブモン-友情の絆-のほうはエンシェントガルルモンをちょっと思い出しましたね

確かにエンシェントガルルモンぽかったですね。
あとオリンポス12神みたいな人に近い神を感じた。

> >ついに来てしまうパートナーとの別れ
> 最初は空、次いで太一とヤマト、そしてEDでは02組以外の面々が体験してしまうという別れ…こう見てるといずれ02のED前までにも02組も別れは体験したのかなぁと思うとタケル何回パートナーと別れてしまってんだよ(´・ω・`)

それでもその先の未来に希望があるってのが決定しているのが良いですよね。
なんだかんだで02最終回のエピローグは素晴らしかったと思う。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7526-278fb09e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード