FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 03. 21

ダーウィンズゲーム 第11話「血盟(サンセットレーベンズ)」感想

daulin20200323.jpg

毒虫の末路


王の末路、宝さがしゲームの特権の正体、
そしてカナメたちのクラン「サンセットレーベンズ」が
目指すべき目標が描かれた最終回。
カラスがモチーフのクランだからって
なにも全員黒ずくめにしなくてもいいだろうに…

大丈夫?そのうち高校生探偵を子供にする薬とか作らない?

daulin20200320.jpg

ついに「人殺しの一線」を踏み越えてしまったカナメですが
一度タガが外れてしまえば後はもう躊躇しない上に
常に最善手をうって無駄のない動きをしているあたりに
彼の人殺しとしての才能を感じますね。
迷いなさ過ぎてガンダムパイロットとかにしちゃいけないタイプだろう。

daulin20200321.jpg

凍らせたり水を操ったり未来予知したり
瞬間移動するシギルが凄すぎるので
「シュカちゃんのシギルはあんまり大したことねぇな…」
って思ってましたが、最終回で一転して
タイマンで王さんを無力してるあたり
やっぱり彼女も間違いなくDゲームのトッププレイヤーなんだと
思い知らされましたね。
糸使いとか強キャラ率高いよな…

daulin20200322.jpg

今まで自分が奪ってきたように
今度は自分が奪われる側となって敗北した王さん。
確かにクソ野郎だったのも確かなんですが
悪役としては非常に魅力のある人物でした。

「こいつはもうダメだ。こいつは倒さなきゃいけない」
っと視聴者および作中人物から思われるあたり
ある意味"悪役の理想"とも言える存在でした。
ボロクソに負けた後、カナメに対して
「お前もまた毒虫なんだ」っと
言いはなって死ぬのもなんか
悔しいけど良い死に方だなと思ってしまった。


総括:ダーウィンズゲー
daulin20200107.jpg

なんか怖い球団マスコットから始まった
異能力バトル+バトルロワイヤルものな作品。
敵も味方も一般人も容赦なく殺されまくる
危険なゲームに巻き込まれた少年が、
ゲームを生き抜き、そして運命に抗う物語。

daulin20200108.jpg

個人的にカナメくんの主人公としての在り方は
非常に好きでしたね。
非日常の世界においても自分の中で守るべき
信念や理想は捨てずにいるところとか、
甘ちゃんのように見えて非常に合理的な思考をしてるあたりとか。
自分たちのテリトリー内でのゲーム禁止を言い渡したのも
Dゲームの被害者を一人でも少なくするための行動だろうし
人殺しをするようになったとはいえ根っこの部分は
腐らず残っているんだなって感じました。

daulin20200111.jpg

ヒロインのシュカちゃんに関しては
「可愛いけどぶっ飛んでる子」ていう印象でしたね。
(これはシュカちゃんに限らず他のヒロインにも言えることなんですが)
カナメのことを好きだとアピールするようになってからは
割と色ボケ&ヤンデレ的なキャラに変異していきましたが
それでも最終回のバトルにおける圧が凄かった。
悪いことは言わないからカナメくんは
責任をもってシュカちゃんを嫁にすることね。
でないととんでもないことになると思う

物語的にはまだ続いていますが
中ボス的な存在を倒し、
主人公たちが新たな戦いを開始したところで終わる
という形になって話としてはまとまっていたように思います。
ある意味ゲームに巻き込まれた少年が
ゲームをしていく覚悟を決めるまでの1クールだったかと。

以上、ダーウィンズゲームの感想でした。

【関連記事】

・ダーウィンズゲーム 第1話「初陣(ファーストゲーム)」感想

・ダーウィンズゲーム 第2話「渋谷(ジェムストーンマイン)」感想

・ダーウィンズゲーム 第4話「火花(ファイアーワークス)」感想

・ダーウィンズゲーム 第5話「水葬(アクアリウム)」感想

・ダーウィンズゲーム 第6話「金剛(ハードネス)」感想

・ダーウィンズゲーム 第7話「圧砕(エイス)」感想

・ダーウィンズゲーム 第8話「平穏(フラジャイル)」

・ダーウィンズゲーム 第9話「決闘(ヘッズアップ)」

・ダーウィンズゲーム 第10話「旧王(オールドワン)」

noeruFC2.jpg

この素晴らしくないゲームに終焉を。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

>人殺しとしての才能を感じますね。
一応この後ファーストキルをしたシンジの悪夢で出たりいるけど、これ以降は殺されても仕方がない人間には躊躇しなかったりする

>糸使いとか強キャラ率高いよな...
松岡君繋がりで例えるとアカメが斬るのラバックがそうでしたね...

>Dゲーム被害者を一人でも少なくするための行動
はいそうです、初心者にはシェルター貸し出ししたりして助かったプレイヤーもいます。逆に一部の上位プレイヤーには煙たがれている(殺人賭け試合で儲けているトリニティなど)

No title

クラン戦でエイスに発動された『勝者総取り(ハイ・ローラー)』こそが
GMから与えられしカナメの特権です。カナメが敗北すればサンセットレーベンズも消滅してしまう諸刃の剣です。あの場に居なかったエイスメンバーも対象故に消滅しています。

アニメでの消滅シーンは黒塗りですが原作はもっとエグイので王の消滅時も
エグイですが読者視点でみればスッキリ感もあります・・。

渋谷制圧は細かい部分は省略されてますが同盟ダンジョウ拳闘倶楽部と共にやっています。コトリが関東一帯と言いましたが言葉通りになります。Dゲームプレイヤー以外の無関係な人々を巻き込まないための策も練られてます。

色々な伏線を残しアニメは終わりましたが真のDゲームはこれから始まります。
最後にカナメが飛ばされたのは次なるイベント『ハンティング・ゲーム』の舞台です。カナメ達の予想を遥かに上回るイベントです。2期があるとするのなら2クールは必要なほどの長さです。

カナメのシギル覚醒の際にみた刀工のイメージは幼き日に一度だけ会った刀工をしている父方の祖父の反映でしょう。カナメのシギルが創造なのは血統なのかもです。

No title

>>迷いなさ過ぎてガンダムパイロットとかにしちゃいけないタイプだろう。

かもしれません
でもカナメくんは例え悪人でも命奪ったことを苦しむタイプですけどね
これ以降、敵に容赦なくなり行動時に迷いは一切見せませんが
毎晩自分がコロコロした相手の夢を見て苦しんでますので

てか原作でいまだに苦しんでますので
目的通りゲームを終わらせて生き延びたとしても
おそらく一生苦しむかもしれません

No title

ちなみにカナメたちがゲームクリアしてDゲームを辞めた場合
ゲームマスターの思惑通りで
マスターやってDゲーム終わらせるのも
これも場合によってはマスターの思惑通りで
どっちにしろカナメ、マスターともにwin-winだったりします

Re: No title

>電子の海から名無し様 さん
コメントどーも

> >人殺しとしての才能を感じますね。
> 一応この後ファーストキルをしたシンジの悪夢で出たりいるけど、これ以降は殺されても仕方がない人間には躊躇しなかったりする

極力不殺主義だけど人の命を奪う危険分子には本気になるみたいな感じか

> >糸使いとか強キャラ率高いよな...
> 松岡君繋がりで例えるとアカメが斬るのラバックがそうでしたね...

ゆゆゆのいっつんといい、まじ恋の大和といい
タカヒロ作品の糸使いの多さよ…

Re: No title

>怪傑ズパック さん
コメントどーも

> クラン戦でエイスに発動された『勝者総取り(ハイ・ローラー)』こそが
> GMから与えられしカナメの特権です。カナメが敗北すればサンセットレーベンズも消滅してしまう諸刃の剣です。あの場に居なかったエイスメンバーも対象故に消滅しています。

クラン戦をすれば相手のクランを根こそぎ消滅させられる
恐ろしい権能だけど、逆に言えば自分たちも危険になりかねないわけね

> アニメでの消滅シーンは黒塗りですが原作はもっとエグイので王の消滅時も
> エグイですが読者視点でみればスッキリ感もあります・・。

こういうのは死に方がえぐいほど記憶に残るもの

> カナメのシギル覚醒の際にみた刀工のイメージは幼き日に一度だけ会った刀工をしている父方の祖父の反映でしょう。カナメのシギルが創造なのは血統なのかもです。

銃よりも刀を投影したほうが強かったりして…

Re: No title

>サク さん
コメントどーも

> でもカナメくんは例え悪人でも命奪ったことを苦しむタイプですけどね

戦ってる時は一切躊躇しないけど
後に後悔するタイプで
仲間内にはそういったものを見せようとしないタイプ。
…すごく爆弾を抱えそう

ガンダムのパイロットにした場合、迷ったりで間違う事がないのはいいと思います。

あとシギル使わずにトップに立った人がいるのでシギルがそこそこでも強い奴は強い、シギルが強くてもそれだけに頼るのは初見殺しみたいなイメージです。
王さんは初見で大体勝ってしまうのでこれまで負けませんでしたけど。

Re: タイトルなし

> ガンダムのパイロットにした場合、迷ったりで間違う事がないのはいいと思います。

ガンダムパイロットは一度は命のやり取りで迷ってほしいという
めんどくさいファンなんです。僕は

> あとシギル使わずにトップに立った人がいるのでシギルがそこそこでも強い奴は強い、シギルが強くてもそれだけに頼るのは初見殺しみたいなイメージです。
> 王さんは初見で大体勝ってしまうのでこれまで負けませんでしたけど。

強すぎたが故に対策され、さらに相手を侮りすぎたのが敗因かと

シュカVS王
声的には鬼滅では仲良く(?)「緒方恵美さんが演じそうと言われるゲス教祖」と戦う組み合わせだが、ここで仲違いをするとは。

あと糸使いは見映えは格好いいけどもれなくサイコロステーキ的なグロ案件なのが映像化の難点。正直カンクロウの黒秘技危機一髪はよくゴールデンで流せたなと今でも思う。

ジャンプでCV小林君が全賭けで勝った週にここでも全賭け勝利は何か因縁を感じた。

Re: タイトルなし

> シュカVS王
> 声的には鬼滅では仲良く(?)「緒方恵美さんが演じそうと言われるゲス教祖」と戦う組み合わせだが、ここで仲違いをするとは。

確かにどうま戦ではコンビで戦ってましたね。

> あと糸使いは見映えは格好いいけどもれなくサイコロステーキ的なグロ案件なのが映像化の難点。正直カンクロウの黒秘技危機一髪はよくゴールデンで流せたなと今でも思う。

サイコロステーキ先輩とか深夜放送だったからできた内容だよな

> ジャンプでCV小林君が全賭けで勝った週にここでも全賭け勝利は何か因縁を感じた。

確かに

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7549-f8ea7cf3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード