FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 03. 30

2020年18号のジャンプ感想

purikone20200330.jpg

ユニ先輩実装おめでとうございます!

以下、今週のジャンプ感想

・鬼滅

まぁ…ラスボス倒してみんな生存ハッピーエンド
みたいな終わり方は絶対しない作品とは思っていたけど
主人公死んじゃう系の作品だとはな。
禰豆子が駆け付けてきて彼女の声で
息を吹き返すみたいな展開になってほしい…
むしろそれしか希望がない。

蛇柱は死ぬと思ってたけど恋柱は生き残ると思ってたよ。
しかも死ぬ間際で思いを伝えあうとか…
キメツ学園では幸せになってほしいよな。
そして岩柱はある意味誇り高く逝けたわけだから
一番いい散りざまだったと思う。

逆に生き残ってしまったのは水柱と風柱。
最後の最後で親父殿が「お前はまだこっちくんな」
してくれるのはなんか良いなと思いましたね。
この手の死んだ人が死ぬの拒絶
してくれる展開良いですよね…

しかし…本当に無惨は倒せたんだろうか?
誰かに寄生して生きてるみたいな展開が
来るのではないかという不安も結構ある。


・ぼく勉

久しぶりに登場した文乃師匠が
急成長していなくて安心しました。
…とか思いつつ
クリスマスにリズと成幸が交わした
ゲームの内容が明らかになりました。
惚れさせて告らせた方の勝ちという
天才たちの恋愛頭脳戦がココから始まる…のかな?


・Drストーン

ガムシロップ作るのに硫酸使うんだ…
って普通に驚いてしまったお話。
劇薬でも使い方次第では甘味になるってことね。
りゅーさん今週も大活躍でしたね。
ゲンと並んで割と本作のMVPぽいです


・ゆらぎ荘

朧さんのゴールはてっきり「子作り」だと思っていたので、
他のヒロインと違って「結ばれた先」ではなく
「結ばれるまで」だったのが意外でした。
むしろ今までで一番健全だったのではないだろうか?


・ブラッククローバー

ヤミ団長ただでさえ強いのに
半年鍛えてさらに強くなってしまったという…
ダンテさんこれで倒されたとは思えないけど
普通に重症を負って撤退って流れになりそう。
この手のキャラっていつの間にか主人公に成長を追い抜かれて
「もはやお前に俺が教えることはない」っていう風になりがちだけど
この人は主人公の上司ポジションだけど最後まで
戦闘力が成長するタイプのキャラなんだろうな…


・アグラビティボーイズ

あの時のがここにきて生きてくる展開は
熱かったけど、どっちも勝利とか
ちょっとコージくんそりゃないよと思った。
まぁ彼からすれば「いいもの見せてもらった」わけだから
どちらにも賞賛したいってことなんだろうな。
しれっと捕まる3人の絵は吹き出すところだった。
次回からタイムマシン作りが開始
コージくんが「作れる」って言ってるんだから
あの星にある素材でなんとか作れるんでしょうけど
例によって作り方は教えてくれないんだろうな。


【関連記事】

2016年
・2016年7号のジャンプ感想
・2016年8号のジャンプ感想
・2016年9号のジャンプ感想
・2016年10号のジャンプ感想
・2016年11号のジャンプ感想
・2016年12号のジャンプ感想
・2016年13号のジャンプ感想
・2016年14号のジャンプ感想
・2016年15号のジャンプ感想
・2016年16号のジャンプ感想
・2016年17号のジャンプ感想
・2016年18号のジャンプ感想
・2016年19号のジャンプ感想
・2016年20号のジャンプ感想
・2016年21、22号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年25号のジャンプ感想
・2016年26号のジャンプ感想
・2016年27号のジャンプ感想
・2016年28号のジャンプ感想
・2016年29号のジャンプ感想
・2016年30号のジャンプ感想
・2016年31号のジャンプ感想
・2016年32号のジャンプ感想
・2016年33号のジャンプ感想
2016年34号のジャンプ感想
・2016年35号のジャンプ感想
・2016年36、37号のジャンプ感想
・2016年38号のジャンプ感想
・2016年39号のジャンプ感想
・2016年40号のジャンプ感想
・2016年42号のジャンプ感想
・2016年43号のジャンプ感想
・2016年45号のジャンプ感想
・2016年46号のジャンプ感想
・2016年47号のジャンプ感想
・2016年48号のジャンプ感想
・2016年49号のジャンプ感想
・2016年50号のジャンプ感想
・2016年51号のジャンプ感想
・2016年52号のジャンプ感想

2017年
・2017年1号+2,3号のジャンプ感想
・2017年4,5号のジャンプ感想
・2017年6号のジャンプ感想
・2017年7号のジャンプ感想
・2017年8号のジャンプ感想
・2017年9号のジャンプ感想
・2017年10号のジャンプ感想
・2017年11号のジャンプ感想
・2017年12号のジャンプ感想
・2017年13、14号のジャンプ感想
・2017年15号のジャンプ感想
・2017年20号のジャンプ感想
・2017年21、22号のジャンプ感想
・2017年23号のジャンプ感想
・2017年24号のジャンプ感想
・2017年25号のジャンプ感想
・2017年26号のジャンプ感想
・2017年27号のジャンプ感想
・2017年28号のジャンプ感想
・2017年29号のジャンプ感想
・2017年30号のジャンプ感想
・2017年35号のジャンプ感想
・2017年36、37号のジャンプ感想
・2017年38号のジャンプ感想
・2017年39号のジャンプ感想
・2017年40号のジャンプ感想
・2017年41号のジャンプ感想
・2017年42号のジャンプ感想
・2017年43号のジャンプ感想
・2017年44号のジャンプ感想
・2017年46号のジャンプ感想
・2017年47号のジャンプ感想
・2017年48号のジャンプ感想
・2017年49号のジャンプ感想
・2017年50号のジャンプ感想
・2017年51号のジャンプ感想
・2017年52号のジャンプ感想

2018年
・2018年1号のジャンプ感想
・2018年2,3号のジャンプ感想
・2018年4,5号のジャンプ感想
・2018年7号のジャンプ感想
・2018年8号のジャンプ感想
・2018年9号のジャンプ感想
・2018年10号のジャンプ感想
・2018年11号のジャンプ感想
・2018年12号のジャンプ感想
・2018年13号のジャンプ感想
・2018年14号のジャンプ感想
・2018年15号のジャンプ感想
・2018年16号のジャンプ感想
・2018年23号のジャンプ感想
・2018年24号のジャンプ感想
・2018年25号のジャンプ感想+おまけ
・2018年26号のジャンプ感想
・2018年27号のジャンプ感想
・2018年28号のジャンプ感想
・2018年29号のジャンプ感想
・2018年30号のジャンプ感想
・2018年31号のジャンプ感想
・2018年32号のジャンプ感想
・2018年33号のジャンプ感想
・2018年34号のジャンプ感想
・2018年35号のジャンプ感想
・2018年36・37号のジャンプ感想
・2018年38号のジャンプ感想
・2018年39号のジャンプ感想
・2018年40号のジャンプ感想
・2018年41号のジャンプ感想
・2018年42号のジャンプ感想
・2018年43号のジャンプ感想
・2018年46号のジャンプ感想
・2018年47号のジャンプ感想
・2018年49号のジャンプ感想
・2018年50号のジャンプ感想
・2018年51号のジャンプ感想
・2018年52号のジャンプ感想

2019年
・2019年1号のジャンプ感想
・2019年2号のジャンプ感想
・2019年3号のジャンプ感想
・2019年4・5号のジャンプ感想
・2019年6・7号のジャンプ感想
・2019年8号のジャンプ感想
・2019年9号のジャンプ感想
・2019年10号のジャンプ感想
・2019年12号のジャンプ感想
・2019年13号のジャンプ感想
・2019年14号のジャンプ感想+α
・2019年15号のジャンプ感想
・2019年16号のジャンプ感想
・2019年17号のジャンプ感想
・2019年18号のジャンプ感想
・2019年19号のジャンプ感想
・2019年20号のジャンプ感想
・2019年21号のジャンプ感想
・2019年22、23号のジャンプ感想
・2019年24号のジャンプ感想
・2019年25号のジャンプ感想
・2019年26号のジャンプ感想
・2019年27号のジャンプ感想
・2019年28号のジャンプ感想
・2019年29号のジャンプ感想
・2019年30号のジャンプ感想
・2019年31号のジャンプ感想
・2019年32号のジャンプ感想
・2019年33号のジャンプ感想
・2019年34号のジャンプ感想
・2019年35号のジャンプ感想
・2019年36・37号のジャンプ感想
・2019年38号のジャンプ感想
・2019年39号のジャンプ感想
・2019年40号のジャンプ感想
・2019年41号のジャンプ感想
・2019年42号のジャンプ感想
・2019年43号のジャンプ感想
・2019年44号のジャンプ感想
・2019年45号のジャンプ感想
・2019年47号のジャンプ感想
・2019年48号のジャンプ感想
・2019年49号のジャンプ感想
・2019年50号のジャンプ感想
・2019年51号のジャンプ感想
・2019年52号のジャンプ感想

2020年:

・2020年1号のジャンプ感想
・2020年2号のジャンプ感想
・2020年3号のジャンプ感想
・2020年4、5号のジャンプ感想
・2020年6,7号のジャンプ感想
・2020年8号のジャンプ感想
・2020年9号のジャンプ感想
・2020年10号のジャンプ感想ぷらす
・2020年11号のジャンプ感想
・2020年12号のジャンプ感想
・2020年13号のジャンプ感想
・2020年14号のジャンプ感想
・2020年15号のジャンプ感想
・2020年16号のジャンプ感想
・2020年17号のジャンプ感想


ritobasuFC2.jpg
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

昭和の大御所がOP務めた……まあこれもジャンプ作品ですけどな

僕たちは勉強ができない


・恋愛頭脳ゲームの元祖らの反応


理珠はあの学園に通ってなくって良かったですよ……ええ(汗。なお当人らはソレどころじゃない模様。

No title

>鬼滅
主役が死ぬ漫画聞いたことはない(デスノート以外)

No title

>蛇柱は死ぬと思ってたけど恋柱は生き残ると思ってたよ。

ワニ「来世で結ばれるには同時に死んだ方がいいんでしょう?」

>りゅーさん今週も大活躍でしたね。

銀狼は硫酸を入手した時の話を尾びれ付きで自慢してると思います

>ゲンと並んで割と本作のMVPぽいです

ゲンは仲間たちをまとめ、リューさんは科学の根幹の一つをなしてますからね
ポーカー勝負も仲間たちをまとめるためのゲンの仕込み(勝負そのものは本気だったみたいだけど)
本当に良い仕事しまくりますね


>この人は主人公の上司ポジションだけど最後まで
戦闘力が成長するタイプのキャラなんだろうな…

まだ28歳で成長の余地が残ってて実際に強くなり続けてますからね(顔は老けてるけど)

ヴェットの時も言霊魔法の悪魔の時もヤミさんの攻撃が決め手になってますしね

No title

>鬼滅
きっとジョジョや型月みたいな世界観が地続きの新作とかで、甘露寺さんと伊黒さんの生まれ変わりっぽいカップルとかが登場するから・・・(震え)
そして、風柱さんの弟への不器用ムーブは父親譲りだったみたいですね。
とりあえず、無惨様の地獄堕ち描写が残ってるから、まだ何かありそうです。

>ブラクロ
ダンテさんのセリフを要約すると「リア充爆発しろ」ですね!

>アクタージュ
ヒロイン二人の演技対決を見せつけられるあゆみちゃん(6才)

>アグラ
アールシュをポンコツ化させるという意味ではゲラルトも活躍してるから!
あと、パフィンちゃんの最後の笑顔が好きです。勝気なお転婆娘っぽい。

岩柱は確定死亡、蛇も結果的に無惨戦で大活躍でまず死亡。
ただ甘露寺さん他に比べたら元気そうだがマジで死んだのだろうか?
ワニの事だから「蛇が死んで甘露寺さんは一生旦那は選びませんでした」てもっとある意味残酷な後日談やりそうな気が。
無惨も本当に死んだのか?
一度飲み込んだ炭次郎の中の精神世界で最後のレスバトルしてるとか無いよな?

Re: 昭和の大御所がOP務めた……まあこれもジャンプ作品ですけどな

>YF-19k(kyousuke) さん
コメントどーも

> ・恋愛頭脳ゲームの元祖らの反応
> 理珠はあの学園に通ってなくって良かったですよ……ええ(汗。なお当人らはソレどころじゃない模様。

会長も成幸も努力系主人公なんですけど方向性が全然違うという

Re: No title

>からららららさん
コメントどーも

> >鬼滅
> 主役が死ぬ漫画聞いたことはない(デスノート以外)

ドラゴンボールとかシャーマンキングとか割と主人公死ぬ漫画もある。
(まぁあれは復活できるけど)

Re: No title

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> ワニ「来世で結ばれるには同時に死んだ方がいいんでしょう?」

お前ーー!!

> 銀狼は硫酸を入手した時の話を尾びれ付きで自慢してると思います

実際銀郎は誇っても良い活躍だった。

> ゲンは仲間たちをまとめ、リューさんは科学の根幹の一つをなしてますからね
> ポーカー勝負も仲間たちをまとめるためのゲンの仕込み(勝負そのものは本気だったみたいだけど)
> 本当に良い仕事しまくりますね

全ての行動に意味と策略があるゲンという男

> まだ28歳で成長の余地が残ってて実際に強くなり続けてますからね(顔は老けてるけど)
> ヴェットの時も言霊魔法の悪魔の時もヤミさんの攻撃が決め手になってますしね

闇魔法が対悪魔用として普通に有効打になりうるから
今後も物語においてキーマンになってきそうですからね。

Re: No title

>スズムシ さん
コメントどーも

> >鬼滅
> きっとジョジョや型月みたいな世界観が地続きの新作とかで、甘露寺さんと伊黒さんの生まれ変わりっぽいカップルとかが登場するから・・・(震え)

キメツ学園が実は生まれ変わった先ではないかなっと予想しているのですが…

> そして、風柱さんの弟への不器用ムーブは父親譲りだったみたいですね。

ツンデレ親子

> とりあえず、無惨様の地獄堕ち描写が残ってるから、まだ何かありそうです。

実は穴を掘って地下に逃げたんだ。

> >ブラクロ
> ダンテさんのセリフを要約すると「リア充爆発しろ」ですね!

そして爆発四散しそうなのは自分になるという

> >アグラ
> アールシュをポンコツ化させるという意味ではゲラルトも活躍してるから!

ゲラルトさん天才キャラと思いきや、今や完全にギャグキャラですからね。
でも生真面目なキャラがぼけると面白いのは確かですね。

Re: タイトルなし

> ただ甘露寺さん他に比べたら元気そうだがマジで死んだのだろうか?
> ワニの事だから「蛇が死んで甘露寺さんは一生旦那は選びませんでした」てもっとある意味残酷な後日談やりそうな気が。

鬼かぁぁぁ!

> 無惨も本当に死んだのか?

今回一切心理描写が無かったから逆に不安になる

17号で終わったばかりなのに、主人公死んだ作品だというのを忘れ去られている(そもそも読まれてない可能性)サムライ8 ・・・
しかし、蛇柱と恋柱は恋柱が告白しても、誰にでも○○さん素敵とやってたので何事?って気がします。
直前のやり取り良かったですけどね。

ヤミ団長でも魔法帝の全盛期には及んでないのを考えると本当にどれだけ遠い存在だと。
この世界ってヤミの年齢でもまだまだ発展途上ってイメージなんですよね。

Re: タイトルなし

> しかし、蛇柱と恋柱は恋柱が告白しても、誰にでも○○さん素敵とやってたので何事?って気がします。
> 直前のやり取り良かったですけどね。

惚れっぽい子だけどその中でも一番好きなのは伊黒さんなんだろう

> ヤミ団長でも魔法帝の全盛期には及んでないのを考えると本当にどれだけ遠い存在だと。
> この世界ってヤミの年齢でもまだまだ発展途上ってイメージなんですよね。

サイヤ人みたいなものかな。
戦える全盛期が長い

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7565-623f95c3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード