FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 04. 27

2020年21・22号のジャンプ感想

yugi20090701.jpg

今週号は付録として遊戯王ラッシュデュエルカード
「暗黒騎士ガイア」が収録されています。
OCGで強化されたり、ラッシュデュエルカードになったり
最近のガイアさん推しなんなの…

以下、今週のジャンプ感想



・鬼滅

永遠なんて望みはしない。
たとえちっぽけでも構わない。
確かに今ここに僕らがいること。それが幸せ。


"無惨の想い"に対して"みんなの想い"が
勝ったっていうことを示した決着回でした。
闇落ちした主人公をこれまで絆を結んできた
みんなの想いではねのける展開は良いですよね…
最初に背中を押してくれるのが煉獄さんなのめっちゃ良かったです。

無惨に関しては本当に最後まで言ってること無茶苦茶でしたけど、
おかげで過去に例のないラスボスとして
描かれた存在だったかもしれない。
同情も共感もできない、悪として尊敬できる部分はまるでない
本当に最後まで「何言ってんだこいつ?」って思うラスボスも珍しい。

いろいろありましたが次回クライマックス。


・ワンピース

一味全員揃っての決戦で敵は
四皇のカイドウとビッグマム
これまでで最大規模の戦いがついに開幕。
今回登場した「飛び六胞」のメンバーも全員強そうですし、
(しれっと加わってるドレークさんにはちょっと驚いた。)
シャーロット家はもう全員来てるみたいですし、
数も質も上回る敵で「本当に勝ち目あるの?」
っていうくらい戦力差を感じます。
この際ルフィ海賊団傘下の海賊たちも連れてきてもいいと思う。


・ぼく勉

思ってた以上に紗和子ルートだった!!
ヒロインの家庭事情の問題解決とか
まさにそれっぽいぞ。いつからルート分岐したの?
…って思ったが最近やったゲームで
"専用ルートがほぼほぼ親友の問題解決話で終わる"
っていうヒロインいたからね。
リズりんの問題はある意味ルート入った時点で
解決してたも同然だしこの流れはある意味必然だったかと。


・Drストーン

アメリカといえばハンバーガー
でもあのサイズのバーガーは本当に
食べるの苦労します。
形が崩れないようにつまようじさしてある奴だ。
司いるだけでオーバーキルなのに
そこに肉食に飢えた戦闘メンバー全員で
殴り込みとか…ワニが何をした!!


・ブラッククローバー

ラック先輩の修行の成果が良く表れていた回
やっぱり雷系のキャラ神髄は速度ですよね。
ジャンプ作品でもキルアとか善逸とかその部類で、
ポケモンでも電気タイプはSが高かったりするのが多いから。


・ゆらぎ荘

満を持してメインヒロインの幽奈さんの担当回。
主人公だけが認識できなくなったヒロインとの恋ってのは
なんかシチュエーション的に良いなと思った。
次回から彼女が成仏できない真の未練に関する話が
ついに回収されるみたいですが…
この作品もそろそろクライマックス感ありますね。


・アグラビティボーイズ

てっきりモニカちゃんもネカマでした
っていうオチを予想してたけど、そっちできたか…
もしや例の性転換装置を使う日が来たのではないか?
ババに関しては…うnドンマイ。


【関連記事】

2016年
・2016年7号のジャンプ感想
・2016年8号のジャンプ感想
・2016年9号のジャンプ感想
・2016年10号のジャンプ感想
・2016年11号のジャンプ感想
・2016年12号のジャンプ感想
・2016年13号のジャンプ感想
・2016年14号のジャンプ感想
・2016年15号のジャンプ感想
・2016年16号のジャンプ感想
・2016年17号のジャンプ感想
・2016年18号のジャンプ感想
・2016年19号のジャンプ感想
・2016年20号のジャンプ感想
・2016年21、22号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年25号のジャンプ感想
・2016年26号のジャンプ感想
・2016年27号のジャンプ感想
・2016年28号のジャンプ感想
・2016年29号のジャンプ感想
・2016年30号のジャンプ感想
・2016年31号のジャンプ感想
・2016年32号のジャンプ感想
・2016年33号のジャンプ感想
2016年34号のジャンプ感想
・2016年35号のジャンプ感想
・2016年36、37号のジャンプ感想
・2016年38号のジャンプ感想
・2016年39号のジャンプ感想
・2016年40号のジャンプ感想
・2016年42号のジャンプ感想
・2016年43号のジャンプ感想
・2016年45号のジャンプ感想
・2016年46号のジャンプ感想
・2016年47号のジャンプ感想
・2016年48号のジャンプ感想
・2016年49号のジャンプ感想
・2016年50号のジャンプ感想
・2016年51号のジャンプ感想
・2016年52号のジャンプ感想

2017年
・2017年1号+2,3号のジャンプ感想
・2017年4,5号のジャンプ感想
・2017年6号のジャンプ感想
・2017年7号のジャンプ感想
・2017年8号のジャンプ感想
・2017年9号のジャンプ感想
・2017年10号のジャンプ感想
・2017年11号のジャンプ感想
・2017年12号のジャンプ感想
・2017年13、14号のジャンプ感想
・2017年15号のジャンプ感想
・2017年20号のジャンプ感想
・2017年21、22号のジャンプ感想
・2017年23号のジャンプ感想
・2017年24号のジャンプ感想
・2017年25号のジャンプ感想
・2017年26号のジャンプ感想
・2017年27号のジャンプ感想
・2017年28号のジャンプ感想
・2017年29号のジャンプ感想
・2017年30号のジャンプ感想
・2017年35号のジャンプ感想
・2017年36、37号のジャンプ感想
・2017年38号のジャンプ感想
・2017年39号のジャンプ感想
・2017年40号のジャンプ感想
・2017年41号のジャンプ感想
・2017年42号のジャンプ感想
・2017年43号のジャンプ感想
・2017年44号のジャンプ感想
・2017年46号のジャンプ感想
・2017年47号のジャンプ感想
・2017年48号のジャンプ感想
・2017年49号のジャンプ感想
・2017年50号のジャンプ感想
・2017年51号のジャンプ感想
・2017年52号のジャンプ感想

2018年
・2018年1号のジャンプ感想
・2018年2,3号のジャンプ感想
・2018年4,5号のジャンプ感想
・2018年7号のジャンプ感想
・2018年8号のジャンプ感想
・2018年9号のジャンプ感想
・2018年10号のジャンプ感想
・2018年11号のジャンプ感想
・2018年12号のジャンプ感想
・2018年13号のジャンプ感想
・2018年14号のジャンプ感想
・2018年15号のジャンプ感想
・2018年16号のジャンプ感想
・2018年23号のジャンプ感想
・2018年24号のジャンプ感想
・2018年25号のジャンプ感想+おまけ
・2018年26号のジャンプ感想
・2018年27号のジャンプ感想
・2018年28号のジャンプ感想
・2018年29号のジャンプ感想
・2018年30号のジャンプ感想
・2018年31号のジャンプ感想
・2018年32号のジャンプ感想
・2018年33号のジャンプ感想
・2018年34号のジャンプ感想
・2018年35号のジャンプ感想
・2018年36・37号のジャンプ感想
・2018年38号のジャンプ感想
・2018年39号のジャンプ感想
・2018年40号のジャンプ感想
・2018年41号のジャンプ感想
・2018年42号のジャンプ感想
・2018年43号のジャンプ感想
・2018年46号のジャンプ感想
・2018年47号のジャンプ感想
・2018年49号のジャンプ感想
・2018年50号のジャンプ感想
・2018年51号のジャンプ感想
・2018年52号のジャンプ感想

2019年
・2019年1号のジャンプ感想
・2019年2号のジャンプ感想
・2019年3号のジャンプ感想
・2019年4・5号のジャンプ感想
・2019年6・7号のジャンプ感想
・2019年8号のジャンプ感想
・2019年9号のジャンプ感想
・2019年10号のジャンプ感想
・2019年12号のジャンプ感想
・2019年13号のジャンプ感想
・2019年14号のジャンプ感想+α
・2019年15号のジャンプ感想
・2019年16号のジャンプ感想
・2019年17号のジャンプ感想
・2019年18号のジャンプ感想
・2019年19号のジャンプ感想
・2019年20号のジャンプ感想
・2019年21号のジャンプ感想
・2019年22、23号のジャンプ感想
・2019年24号のジャンプ感想
・2019年25号のジャンプ感想
・2019年26号のジャンプ感想
・2019年27号のジャンプ感想
・2019年28号のジャンプ感想
・2019年29号のジャンプ感想
・2019年30号のジャンプ感想
・2019年31号のジャンプ感想
・2019年32号のジャンプ感想
・2019年33号のジャンプ感想
・2019年34号のジャンプ感想
・2019年35号のジャンプ感想
・2019年36・37号のジャンプ感想
・2019年38号のジャンプ感想
・2019年39号のジャンプ感想
・2019年40号のジャンプ感想
・2019年41号のジャンプ感想
・2019年42号のジャンプ感想
・2019年43号のジャンプ感想
・2019年44号のジャンプ感想
・2019年45号のジャンプ感想
・2019年47号のジャンプ感想
・2019年48号のジャンプ感想
・2019年49号のジャンプ感想
・2019年50号のジャンプ感想
・2019年51号のジャンプ感想
・2019年52号のジャンプ感想

2020年:

・2020年1号のジャンプ感想
・2020年2号のジャンプ感想
・2020年3号のジャンプ感想
・2020年4、5号のジャンプ感想
・2020年6,7号のジャンプ感想
・2020年8号のジャンプ感想
・2020年9号のジャンプ感想
・2020年10号のジャンプ感想ぷらす
・2020年11号のジャンプ感想
・2020年12号のジャンプ感想
・2020年13号のジャンプ感想
・2020年14号のジャンプ感想
・2020年15号のジャンプ感想
・2020年16号のジャンプ感想
・2020年17号のジャンプ感想
・2020年18号のジャンプ感想
・2020年19号のジャンプ感想
・2020年20号のジャンプ感想


ritobasuFC2.jpg

ふむ…8歳の少女の体操着へそチラね…
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

>しれっと加わってるドレークさんにはちょっと驚いた。

海軍のスパイと判明した今となっては色々と思うところがある人物ですね
カン十郎といい、スパイが活躍してるな、ワの国編

>無惨に関しては本当に最後まで言ってること無茶苦茶でしたけど、
おかげで過去に例のないラスボスとして
描かれた存在だったかもしれない。

ちなみにリゼロの魔女教大罪司教は、ほぼ全員が無惨と同じような感じです
ペテルギウス? 奴は大罪司教の中で一番まともな性格・・・(作者公認) 

>本当に最後まで「何言ってんだこいつ?」って思うラスボスも珍しい。

自分が悪だと気づいていないドス黒い邪悪であり、発言の大半がブーメランという客観性の欠如した男
信念も美学も理想も無く、ただ自分が生きるだけのために全てを踏み潰す、ある意味で当人が語る通りの生きた災害
最期の瞬間に人の絆と受け継がれる想いに感銘を受けたかと思えば自分の独りよがりを押しつけるだけという改心の余地が無い徹底した自己中心的な人格
異常に自尊心が強く、それでいて最期まで他人に頼りまくり、だが他人を信じるという事ができない、自分の何が歪んでるか否、自分が歪んでる事さえ自覚できない天然の邪悪

それが鬼舞辻無惨

>やっぱり雷系のキャラ神髄は速度ですよね。

エネル「雷より早く動けるつもりか?」
エネルってルフィがいなかったら、本当に手の打ちようが無かったですね

>司いるだけでオーバーキルなのに
そこに肉食に飢えた戦闘メンバー全員で
殴り込みとか…ワニが何をした!!

しかも司、いつの間にかゴッツい大剣を持ってますしね

No Subject

>鬼滅
他人を踏みつけ駒扱いしてきた男が、初めて他人を頼りにするもあっさり拒絶されるというインガオホー。
ひたすら自分の事しか頭にない、他人のために動く人間を理解できないという意味では一貫してたと思います。

>ワンピ
飛び六砲はデザインがかっこいいですね。ページワンは弟キャラだったのか。

>アグラ
これクリスとゲラルト達(賞金首)を見て絶対ややこしくなりますよね。あと、ババのせいで借金取りも来そうです。

あと、鰤のバンビエッタに竹達さんはハマリ役ですね。

No Subject

>鬼滅

最後まで哀れな奴だったなw無惨は

Re: No Subject

>通りすがりの幻想殺しさん
コメントどーも

> 海軍のスパイと判明した今となっては色々と思うところがある人物ですね
> カン十郎といい、スパイが活躍してるな、ワの国編

ワノ国自体が世界政府からしても未知の国になっていますし
おまけに四皇のカイドウの支配する土地ですし
そりゃスパイの一人や二人送り込むよ。

> ちなみにリゼロの魔女教大罪司教は、ほぼ全員が無惨と同じような感じです
> ペテルギウス? 奴は大罪司教の中で一番まともな性格・・・(作者公認) 

そういえばアニメ放送時もペテ公が一番まともというコメントを見て驚いた記憶あるな

> 自分が悪だと気づいていないドス黒い邪悪であり、発言の大半がブーメランという客観性の欠如した男

ブーメランが全部自分に帰ってきても気づかない男

> エネル「雷より早く動けるつもりか?」
> エネルってルフィがいなかったら、本当に手の打ちようが無かったですね

ようやく念願敵うってところでピンポイントメタ能力持ってるやつが
殴り込みに来るんだから割と運ないよな

> しかも司、いつの間にかゴッツい大剣を持ってますしね

カセキのじいちゃんあたりがノリノリで作ったんだろう

Re: No Subject

>スズムシ さん
コメントどーも

> >鬼滅
> 他人を踏みつけ駒扱いしてきた男が、初めて他人を頼りにするもあっさり拒絶されるというインガオホー。
> ひたすら自分の事しか頭にない、他人のために動く人間を理解できないという意味では一貫してたと思います。

だからこそ唯一無二のラスボスになれたんだと思うな。

> >ワンピ
> 飛び六砲はデザインがかっこいいですね。ページワンは弟キャラだったのか。

CP9みたいな感じで良いです

> >アグラ
> これクリスとゲラルト達(賞金首)を見て絶対ややこしくなりますよね。あと、ババのせいで借金取りも来そうです。

ババのアレはギャグ要素と見せかけて実は次回に繋がるやつだろー

Re: No Subject

>からららららさん
コメントどーも

> 最後まで哀れな奴だったなw無惨は

本当にね。最後まで同情も共感もできなかった

鬼滅
今回の話だけでも
無惨「人を信じるな」→「炭次郎待て!待ってくれ頼む!」
炭次郎からしたら「人を信じるな言っておいて何で人である俺を信じて助けてもらおうとする?」て矛盾してる事すら気付かないのまさに無惨
本当に終わる・・のか?人気絶頂でJUMP編集部が終わらせてくれる気がしないのだが・・・

ONE PIECE
ドレークが裏切りフラグ立ててるが大丈夫だろうか?5胞にいきなりなるぞ?
4人は新キャラですが、ササキは見た目からしてジンベエの相手な予感。

No Subject

無惨「ふっ(^_^)私は最強のラスボス無惨様だ(^O^)」
ハオ様「薬如きに敗れた雑魚がなにか吠えているな」
無惨「( ゚д゚)」
レイ様「メンヘラストーカーみてえに惨めな姿を晒した雑魚が吠えるじゃねえよ」
無惨「( ゚д゚)・・・(´・ω・`)ショボーン」

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

無惨様、鬼相手に力でゴリ押ししかしてなかったからか説得ド下手〜。
先程まで無惨倒す一助になれば死んでもいい程度にしか自分の命を見てなかった相手に、残り数年だぞが通じるわけがない。
てか人が繋いできた事に感動とか言ってる側から人を信じるなとか矛盾にも程がある。
まあ炭治郎の方も言い返すだけで特に抵抗見せてなく疲れたとか言ってるので皆の手は薬の力に見えたのでそこだけは無惨に同意でしたが。ましてや周囲の様子が匂いで分かっているのに。

ドレークの場合、裏でこっそり助けてカイドウ・ビッグマム連合の戦力削る手助けくらいはするでしょうがバレるような裏切りはしないと思います。
政府の敵という意味ではルフィ達も同じだし、潰れないならしばらくスパイしておきたいはず。生き残るならスパイとバレる行為は御法度。
CP0がワノクニに来ていたとか判断に困る事も把握してますし。

ワニも弱肉強食の1つに過ぎないので、今まで魚にやってきた事が返ってきただけ。と言い難くもなる戦力差。
まあ護衛船と千空達が同時に襲われたり船底から急襲されて船が壊れてたら護衛が間に合わなかったの意外とギリギリ。
てか対策するなら何人か護衛同じ船に乗せとくべき。あとこんなに戦力集中させてもう1つのチームは大丈夫?

Re: タイトルなし

> 無惨様、鬼相手に力でゴリ押ししかしてなかったからか説得ド下手〜。

スペックが高くてもそれを生かしきれない戦術の拙さと
マウント取ることしか考えなくて相手のことを考えられない対話力
終始、戦闘経験と対話能力の無さが目立つラスボスでしたね。

Re: タイトルなし

> ドレークの場合、裏でこっそり助けてカイドウ・ビッグマム連合の戦力削る手助けくらいはするでしょうがバレるような裏切りはしないと思います。

そうだよね…あれを裏切るくらいなら
ルフィ海賊団と真っ向から戦って負ける方がまだ安全

> ワニも弱肉強食の1つに過ぎないので、今まで魚にやってきた事が返ってきただけ。と言い難くもなる戦力差。

これが食物連鎖!
霊長類最強の男が相手とか不運すぎる

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7611-b6e44930

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード