FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 06. 11

ようこそバイオレンスな日常へ

jasin20200613.jpg

「邪神ちゃんドロップキック」の感想ですの。



jasin20200614.jpg

開始10分でわかる狂気。
天使や悪魔が入り混じった日常ギャグアニメで
基本的に毎回邪神ちゃんが酷い目にあう作品。
そのおかげか日常系にしては割とバイオレンスなシーンは多く
血を見ない回のほうが少ない方でした。

邪神ちゃんからすればいきなり呼び出されて
帰る方法がわからないから居候するしかなかったわけで、
そう考えると被害者にも見えますが、
普段の行動が本当にクズ野郎の一言ですから
あんまり可哀そうだとは思えないのはいい塩梅です。

jasin20200612.jpg

でもなんだかんだで友情みたいなものはあって
ゆりねを倒すチャンスを棒に振ってまでゆりねを助けたり、
ゆりねの方もなんだかんだで邪神ちゃんの起こす騒動に
制裁を加えたりしつつも、一緒にいて楽しいと感じてる風に見える。
特に2期以降はゆりねが笑うシーンが結構増えていたのも印象的でした。
コスプレ回とか(2期8話)はそんな二人の確かな絆を
感じられるエピソードで、邪神ちゃんは本当に
ゆりねが寿命を迎えるまで一緒にいそうなんだよね。

jasin20200611.jpg

個人的に好きなキャラは天使のえるちゃんこと
ぽぽろんちゃんですね、合理主義で腹黒で
天使とは思えない発言も多いんですが、なんだかんだで先輩を助けたり
面倒見が良かったり、人間のためにちゃんと行動しているあたりが
通算的に一番天使っぽいなと思いました。

そんなバイオレンスと邪神ちゃんのクズっぷりが満載のアニメでしたが
登場人物たちの本当に容赦ないやり取りは見てて楽しかったです。
しかし、2期は完パケで放送したはずなのに
オリンピックの件とか、街に人がいない話とか
10万円の件とかタイムリーなネタ多かったな…

noeruFC2.jpg

あとこの作品、遊佐浩二さんの事好きすぎだろ…
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

ぽぽろんちゃんはぺこらちゃん曰く
昔はここまで歪んだ性格ではなかったとの事なので
(天界で何があったんでしょう?)
地上で生活するうちに元の優しい性格に戻ってきたのかもしれませんね
この後も、ぽぽろんちゃんは話が進めば進むほど優しくなって行きます

てかこの作品で一番の謎は、ゆりねちゃんでしょう
神様からも得体の知れない存在扱いされてますし

Re: No Subject

>サク さん
コメントどーも

> ぽぽろんちゃんはぺこらちゃん曰く
> 昔はここまで歪んだ性格ではなかったとの事なので

単に目の上のたん瘤だった上司がいなくなって
野心に目覚めたって感じでしょうね。

> 地上で生活するうちに元の優しい性格に戻ってきたのかもしれませんね
> この後も、ぽぽろんちゃんは話が進めば進むほど優しくなって行きます

根は良い子なんでしょうね。少し歪んでるだけで

> てかこの作品で一番の謎は、ゆりねちゃんでしょう
> 神様からも得体の知れない存在扱いされてますし

ゆりねちゃんは普通に魔術師の家系だと思ってたけど
そういうの特になくてあの戦闘力ですからね…確かに一番謎だ

No Subject

後2話だ 邪神ちゃんドロップキックはあと2話残っている この意味がわかるな?

邪神ちゃんはゆりねに「いらない」扱いされるとガチで男泣きして悲しみます(一つ前の回でゆりねを殺そうとしたのに)
そして「冗談よ」と言われると、顔を輝かせ上機嫌になって夕食を作ります

アニメでは省略されてますかメデューサは邪神ちゃんに呼ばれて、ミノスは自発的に邪神ちゃんに会いに来て、そのまま人間界に居着いてます
ちなみに二人ともゆりねと同じアパートで同室です

ゆりねは中二コスプレオタクなのに、あの強さで謎だらけです
ちなみにアニメではやりませんでしたが、秋葉原のコスプレ喫茶でバイトしてます

雪女姉妹の妹を「浩二」と呼んでるのは実は邪神ちゃんだけです
名付け親のはずのゆりねは「氷ちゃん」と呼んでいます

Re: No Subject

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> 後2話だ 邪神ちゃんドロップキックはあと2話残っている この意味がわかるな?

気になったのでアマプラで全話視聴済みだったりします。

> 邪神ちゃんはゆりねに「いらない」扱いされるとガチで男泣きして悲しみます(一つ前の回でゆりねを殺そうとしたのに)
> そして「冗談よ」と言われると、顔を輝かせ上機嫌になって夕食を作ります

ガチでゆりねが死んだりすると後悔するやつだろうね。

> アニメでは省略されてますかメデューサは邪神ちゃんに呼ばれて、ミノスは自発的に邪神ちゃんに会いに来て、そのまま人間界に居着いてます

アニメですとメインメンバーがそろった状態からスタートしてますが
本来はそこに至るまでの経緯あったんだろうな。ってずっと見てた。

> ゆりねは中二コスプレオタクなのに、あの強さで謎だらけです

謎が多い子ですけど、ただ横暴じゃなくて
面倒見が良くて普通にいい子ですからね。

> 雪女姉妹の妹を「浩二」と呼んでるのは実は邪神ちゃんだけです
> 名付け親のはずのゆりねは「氷ちゃん」と呼んでいます

実在する声優名から取った名前なんだろうけど、
アニメ化したとき本人が現場入りするとは思ってもなかっただろうな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7675-8743ed26

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード