FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 07. 03

「本物」を探して

gairu20200701.jpg

見てたけど感想書いてなかった作品を
掘り出してきたよ企画第2弾
「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の感想です。




本作はぼっちの男子高校生が
部活動に入部することをきっかけにヒロインである
個性的な少女たちとの青春を送るようになる
っていう内容の作品。
ただ、話が進むにつれて周囲の登場人物の
人間関係が描かれることが多くなるので
青春群像劇的な要素もある作品です。

ここまでですと普通のラブコメっぽい印象を
持たれるかもしれませんが、本作はそうはいきません。
主人公の比企谷八幡というキャラクターが
とにかく個性的なんですよ。
善人なのは間違いないが、基本的に捻くれてて
ぼっちの拗らせ方が尋常じゃない少年。
そこらへんが本作の面白い点であると同時に
めんどくさくしてる原因でもあります。

基本彼の解決方法は自己犠牲でバランスを取る
っというものが多く、2期ではそのやり方が
問題視されることになります。
自己犠牲と言ったら美談にも聞こえるが彼の場合、
誰も信用できないから自分で動くしかなかった
っていう風にも見えました。

そんな彼が「俺は、本物が欲しい」って奉仕部の二人に
頭を下げて助けを求めるシーンは
本作屈指の名シーンだと思っています。
本当に不器用な生き方をしながら、なれ合いや曖昧な
上辺だけの関係ではなく、信頼し分かり合える関係が欲しい。
と言い続ける八幡の涙には堪えましたね。
なんか初めて彼の本音を見れた気がしましたから。

同時にやなぎなぎさんの歌うOP主題歌「春擬き」
の内容がこれでもなく刺さって来るんですよね。
こんなレプリカはいらない
本物と呼べるものだけでいい
探しにいくんだ、そこへ


だけど本作はそれですべて解決するわけでもなく、
「本物」が何かわからないまま、
3人の関係がどうなるか不明のまま、
凄く中途半端な形で2期は終わったんですよね。

そんな曖昧で終わった2期の続きと
3人の恋の行方、そして「本物」とは何かが
絵描かれるであろう
「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」
は来週より放送されますのでよろしく!


ちなみに、僕は1期は見てなくて
2期の途中から見始めたことも
あって感想は書いてなかったのですが、
このたび完が放送されるとのことなので
放送前に全話見直しました。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7711-136c8066

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード