FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 07. 05

デジモンアドベンチャー: 第5話「聖なるデジモン」感想

omega20200705.jpg

シルエットだけでどのデジモンか判別できたら
もうファンを自称しても良いと思う。








mazoku20190715.jpg

いろいろと本作の設定について事情説明が行われたお話。
今回発覚した事実をまとめますと

・古代のデジタルワールドにおいて光の勢力と闇の勢力で大きな争いがあった
・アグモンたち選ばれし子供たちのパートナーはその時戦った戦士の生まれ変わり
・再び闇の勢力が動き出した時の対抗策として
デジモンを進化する素質を持った選ばれし子供たちをこの世界に招いた
・クラウド大陸にいる希望と光の聖なるデジモンに会いにいくのが当面の目的


…という感じです。

旧シリーズですとホメオスタシスのメッセージを
受信できるヒカリが最初いなかったので
事情説明ができず、デビモンを倒して
ゲンナイさんと話するまで旅の目的が
全く分からず旅してましたからね。
そう思うと今回は序盤に事情説明してくれただけでも恩情だったと思う。

ただ、初期配置位置が全員バラバラだったり
序盤から敵が大量に襲い掛かってきたりと
旧シリーズに比べて戦闘の難易度や危険度は
上がっているように見えます。
今回戦ったドクグモンとか旧シリーズだと成熟期だと勝てなくて、
完全体のワーガルルモンでようやく勝てたんだよね…
そう思うと子供たちのデジモンも初期とは思えないくらい強かったりするんですが、
そこは転生前の戦闘経験が生きてるってことなんだろう。
思えば2話でオメガモンに進化できたのは、
そもそも古代でオメガモンに進化してた過去があったから
っていうのも理由の一つだったんでしょうね。

deji20200628.jpg

"古代の戦争において活躍した戦士"っていう部分は
デジモンフロンティアの十闘士を思い出す設定で
あの作品も三大天使デジモンが物語の鍵を握っていました。
おそらく希望と光の聖なるデジモンはパタモンとテイルモンのことを
示しているんでしょうけど、ケルビモンだけハブられてるのは
ちょっと気になります…また闇堕ちして闇側に寝返ってないよね?大丈夫?
実はロップモンに転生してて追加戦士枠として
新しい選ばれし子供が登場…てことはないかな?

kabuteri20200705.jpg

今回はテントモンがカブテリモンに進化
メガブラスターの威力が旧シリーズのそれより
上がってるように見えるんですが…

旧シリーズだと光子郎が参謀として常に物語の中心にいるので
割と出番が多い印象があります。
主役二人と並んでウォーゲームでもラスレボでもハブられなかった1体。
光子郎とテントモンの関係はビジネスパートナー的な関係に見えて
ちゃんと絆があるっていうのが良いんですよね。

deji20200705.jpg

ヴァロドゥルモンさん、ようやくアニメ出演
思えばファルコモンの究極体でしたけど
そのポジションをレイヴモンが担当したので
セイバーズでの出番はなかったんですよね…
何気に声が元祖ミミちゃんとヤマトでした。
古代の戦いで活躍したって…ふーん、そういうこと



dejiFC2.jpg

来週はミミちゃん回で
パルモンがトゲモンに進化するんだろうな。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

>・古代のデジタルワールドにおいて光の勢力と闇の勢力で大きな争いがあった
・アグモンたち選ばれし子供たちのパートナーはその時戦った戦士の生まれ変わり
・再び闇の勢力が動き出した時の対抗策として
デジモンを進化する素質を持った選ばれし子供たちをこの世界に招いた
・クラウド大陸にいる希望と光の聖なるデジモンに会いにいくのが当面の目的

この辺はフロンティア設定に似ていますね
闇の勢力にも敵の子供出てくるですかね?

>旧シリーズですとホメオスタシスのメッセージを
受信できるヒカリが最初いなかったので
事情説明ができず、デビモンを倒して
ゲンナイさんと話するまで旅の目的が
全く分からず旅してましたからね。
そう思うと今回は序盤に事情説明してくれただけでも恩情だったと思う。

なんか新シリーズのほうが目的とか子供たちの役目とか合って面白いですよね

>ただ、初期配置位置が全員バラバラだったり
序盤から敵が大量に襲い掛かってきたりと
旧シリーズに比べて戦闘の難易度や危険度は
上がっているように見えます。
今回戦ったドクグモンとか旧シリーズだと成熟期だと勝てなくて、
完全体のワーガルルモンでようやく勝てたんだよね…
そう思うと子供たちのデジモンも初期とは思えないくらい強かったりするんですが、
そこは転生前の戦闘経験が生きてるってことなんだろう。

新シリーズの子供達は小学生とは思えない行動力や身体能力高いよね

>今回はテントモンがカブテリモンに進化
メガブラスターの威力が旧シリーズのそれより
上がってるように見えるんですが…
旧シリーズだと光子郎が参謀として常に物語の中心にいるので
割と出番が多い印象があります。
主役二人と並んでウォーゲームでもラスレボでもハブられなかった1体。
光子郎とテントモンの関係はビジネスパートナー的な関係に見えて
ちゃんと絆があるっていうのが良いんですよね。

光子郎はホエーモンを巻き込まないように戦うとする所はかっこいいですよね

>ヴァロドゥルモンさん
声は旧ヤマトと旧ミミだったですね

>次回
5人目の戦士ミミが登場しますね
彼女も旧シリーズとは違ってたくましい気がしますね

Re: No Subject

>からららら さん
コメントどーも

> この辺はフロンティア設定に似ていますね
> 闇の勢力にも敵の子供出てくるですかね?

テイマーVSテイマーは02以降はお約束になっていますから
ありそうですね。

> なんか新シリーズのほうが目的とか子供たちの役目とか合って面白いですよね

目的もなくふらふらできるほど余裕がないってことなんだろうな。

> 光子郎はホエーモンを巻き込まないように戦うとする所はかっこいいですよね

あの時の恩をホエーモンが返してくれる展開来ると思う。

> >ヴァロドゥルモンさん
> 声は旧ヤマトと旧ミミだったですね

ファンサービスだったんでしょうね。

> >次回
> 5人目の戦士ミミが登場しますね
> 彼女も旧シリーズとは違ってたくましい気がしますね

旧シリーズの彼女はわりとワガママでしたからね。

No Subject

>テイマーVSテイマーは02以降はお約束になっていますから
ありそうですね。

まずはヤマトの話しを解決しないといけませんね

>目的もなくふらふらできるほど余裕がないってことなんだろうな。
戦い方や小学生とは思えない身体能力あるですよね
しかもこの新シリーズ太一は旧シリーズ太一とは違ってかなり頭の回転が速く分析力高いです

Re: No Subject

>からららら さん
コメントどーも

> まずはヤマトの話しを解決しないといけませんね

ヤマトが別行動してるあたりもフロンティアっぽさを感じますよね。

No Subject

>ヤマトが別行動してるあたりもフロンティアっぽさを感じますよね。
デビモンと因縁があったら面白いですよね

No Subject

>今回戦ったドクグモンとか旧シリーズだと成熟期だと勝てなくて、
>完全体のワーガルルモンでようやく勝てたんだよね…

成熟期3体を圧倒したドクグモンもそうですが、
デビドラモン、ダークティラノモン、スナイモン、タスクモンと、
ヴァンデモン配下の成熟期は完全体に進化しないと勝てなかったり、
成熟期にしては異常に強い個体が多かったですね。

>おそらく希望と光の聖なるデジモンはパタモンとテイルモンのことを
>示しているんでしょうけど、ケルビモンだけハブられてるのは
>ちょっと気になります…また闇堕ちして闇側に寝返ってないよね?大丈夫?

デビモンが登場したし、敵の順番が旧作通りになるとしたら、
その場合ケルビモンがどこで出てくるかも気になります。

Re: No Subject

> 成熟期3体を圧倒したドクグモンもそうですが、
> デビドラモン、ダークティラノモン、スナイモン、タスクモンと、
> ヴァンデモン配下の成熟期は完全体に進化しないと勝てなかったり、
> 成熟期にしては異常に強い個体が多かったですね。

一方で成熟期のエンジェモンに瞬殺される完全体のファントモン
弱点特攻入ってたから仕方ない。仕方ない。

> デビモンが登場したし、敵の順番が旧作通りになるとしたら、
> その場合ケルビモンがどこで出てくるかも気になります。

ケルビモンは02→フロンティアと悪玉をずっと担当してきたので
たまには善の形態で活躍を見たい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7715-38cde9c5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード