FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 09. 18

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 第11話 感想

gairu20200921.jpg

想いは、触れた熱だけが確かに伝えている。



「等価交換だ。俺の人生半分やるから
お前の人生半分くれ!」


っというエドワード・エルリックのプロポーズを
思い出しましたね。
そのあと「半分どころか全部あげるわよ」
って返すあたりとか最高なんですよね。

…とか思いつつ。

gairu20200920.jpg

本当に察しと思いやりと遠回りするのが
得意な人たちの物語なんだってことは
分かっていたのですが、告白までそんな感じで進むとはね。
もう「好き」って言えばそれで済むことに対して
理由と段取りと根回しを必要としてる時点で
めんどくささの極みなんですが、
だからこそ比企谷八幡なんですよね。
決して「好き」とは言わず
遠回しに相手の人生に関わりたいと言うあたりが
八幡の愛の告白としてはなんか納得できる内容。

gairu20200919.jpg

由比ヶ浜さんに関しては自分で納得して
自分の中で敗北宣言を出してしまったようなものなので
いっそ「言えや!」って思ってしまったけど
既に答えの決まってる相手を困らせなくない。
って思って言わないあたり、彼女の察しと思いやりを感じる。
どのみち、3人の関係としてはこれで「終わり」なんでしょうね。
自分の好きな人が他の子と付き合って
その子と今までと同じような友達でいるってのはできないと思うし、
奉仕部が無くなったら確実に接点が減ると思うからね。

しかし、最後までプロムは
二人がくっつくまでのイベントアイテムとしてしか
消化されなかったことを考えると
いろはす自分から墓穴を掘ってしまったようにも思える。

gairu20200918.jpg

次回は最終回。
最後に作品名のタイトルを回収する
サブタイトル好き。

noeruFC2.jpg

ラブコメにおける橋は最大の告白スポットである。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

ガハマさんが凄い可愛そうで見ていれなくなる時間帯有りました

それでも八幡の告白シーンは近年稀に見る名シーンだったと思います。心揺さぶられるシーンなのは間違いないですよね

Re: タイトルなし

>おたくみんさん
コメントどーも

> ガハマさんが凄い可愛そうで見ていれなくなる時間帯有りました

本当にそうですねね…
好きな人に好きって言えずに恋が終わる
っていう経験、誰でもあると思うんだ。

> それでも八幡の告白シーンは近年稀に見る名シーンだったと思います。心揺さぶられるシーンなのは間違いないですよね

決して「好き」って言葉を言わないけど、それ以上の感情を間接的にぶつけてるあたりが良いですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7845-d5167a0c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード