FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 10. 19

2020年46号のジャンプ感想

sunohara20081015.jpg

今期は土日に見る作品が多いので
ジャンプが土曜発売の場合も
月曜日に感想上げますのでよろしく。

以下、今週のジャンプ感想



・ワンピース

赤鞘がカイドウを追い詰めていて強い。
かつての主君の技である「おでん二刀流」で
斬りかかるシーンは熱かったですね。
今までですとボスキャラと対峙するのはルフィの役目なので
今回もそうなると思っていたんですが、
カイドウに対して一番深い怨恨を持つのは彼らなので
このまま赤鞘が決着をつける流れになるかもしれません。
もしくは赤鞘が付けた傷が勝負の決め手になるとか
そういう感じで勝利に貢献しそうな勢いです。


・Dr.STONE

スタンリー率いるゼノ奪還チームとの
追いかけっこをしながら科学師弟が真理に迫る。
もうほとんどゼノさんは千空に協力する気マンマンみたいなので
スタンリーが追いついてもなんかどうにでもなる気がしてきますね。
今回もギンローがファインプレイをする流れかなー?
っと思いましたが、普通に目的地話しちゃいましたね。
(ここで松風を生かしたことが後に重要になって来ると思いますが)


・呪術廻戦

俺たちの戦いはこれからだ!

多くの人の命を救えず、
仲間を失った悠二を助けたのは
我らがブラザー東堂さん。
この分だと野薔薇さん助かりそうですね。
一瞬で空気が変わったような感覚を感じました。


・ブラッククローバー

悪魔たんことリーベ君の悲しい過去が
明らかになったお話。
リーベ君は初めて知った人の愛 で
その優しさに目覚めた悪魔だったのか…

"持たざる者"として生まれたこと
生まれつき虐げられる地位だったことは
アスタと同じで、だからこそ彼の
グリモワールにはリーベが宿ったんでしょうね。
"悪魔を倒さないといけない"
っていう共通の目的がありますから
おそらくこれがアスタと共闘する理由になっていくと思う。


・ぼく勉

桐須真冬ルート解禁。
今回は成幸が教師になりたての時期からスタート。
流石に教師と生徒の恋愛は無理でしたか…
社会人同士の恋愛はあすみ先輩でやったので
もしかしたら真冬先生のルートでは
原点に振り返って学生時代に戻るのかな?
っと思いましたが違いましたね。

それにしても双子(葉月と和樹)の
成長した姿が見れたのはなんか嬉しかったです。


・チェンソーマン

チェンソーマン完全敗北!
めっちゃデバフかけてようやく倒したみたいな感じですけど、
それでつまんなそうな顔するマキマさんはほんとさぁ…
マキマさんはチェンソーマンのファンだけど
目的を達成したらそれはそれで一瞬で冷めるタイプ
最終回見終わったらリセットして次の作品見始めるタイプ
なんだろうな。


・破壊神マグちゃん

風邪ひいたるるちゃんのために
家事を引き受けるマグちゃん本当に優しい。
この邪神一家に一匹ほしいんですけど!

同時に今まで見えてこなかったるるちゃんの
が少し見えてきたお話でもありました。
思えば中学生で一人暮らしってそれだけで
なんかちょっと悲しいことだと思うし、
だからこそマグちゃんを受け入れたんだろうな
ってのも分かった気がします。

センターカラーに持って来る話だけあって
これまで登場した邪神と人間勢ぞろいで
それぞれがそれぞれの日常を過ごしてる感が
表れていてよかった。


・鬼滅の刃 外伝(後編)

煉獄さんもカッコいいけど
みつりちゃんもカッコいい。
でもって敵もカッコいいという
たしかな満足な後編でした。

特にハイロウさんが名乗って
武士としての決着を求めるあたりとか
めっちゃ熱かったです。
良いですよね…誇りを失った敵キャラが
強敵と出会うことでかつての誇りを取り戻す展開…
何だかんだで、下弦でも十二鬼月は強かったと思うんですよね。
それを纏めて在庫処分する無惨様はさぁ…


・アグラビティボーイズ

俺もMASARU見てぇよ…どんな話なのか気になるよぉ
センターカラーということで特別編的な内容でしたが、
メタネタを容赦なくぶっこんでくるあたり、
本作は銀魂的なポジションを確保しつつあるのかな?
確かにクリス君の乳首解禁は気になる。
ほとんど男性だっていうのもなんか納得できる。
あと「魔王」ネタはホントズルい…


・あやかしトライアングル

なんかこう、怪しい感じのイケメンは
割と最初敵なこと多いよね。
そこから戦っていく中で悲しい過去が明らかになって
バトルを終えたらなんか仲間になってるパターンも多い。

割とシリアスな感じで話が進んでる中で
「サメと人間のハーフ」とか言われて
癒しを提供してくれる先輩は流石だぁ…

【関連記事】

2016年
・2016年7号のジャンプ感想
・2016年8号のジャンプ感想
・2016年9号のジャンプ感想
・2016年10号のジャンプ感想
・2016年11号のジャンプ感想
・2016年12号のジャンプ感想
・2016年13号のジャンプ感想
・2016年14号のジャンプ感想
・2016年15号のジャンプ感想
・2016年16号のジャンプ感想
・2016年17号のジャンプ感想
・2016年18号のジャンプ感想
・2016年19号のジャンプ感想
・2016年20号のジャンプ感想
・2016年21、22号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年25号のジャンプ感想
・2016年26号のジャンプ感想
・2016年27号のジャンプ感想
・2016年28号のジャンプ感想
・2016年29号のジャンプ感想
・2016年30号のジャンプ感想
・2016年31号のジャンプ感想
・2016年32号のジャンプ感想
・2016年33号のジャンプ感想
2016年34号のジャンプ感想
・2016年35号のジャンプ感想
・2016年36、37号のジャンプ感想
・2016年38号のジャンプ感想
・2016年39号のジャンプ感想
・2016年40号のジャンプ感想
・2016年42号のジャンプ感想
・2016年43号のジャンプ感想
・2016年45号のジャンプ感想
・2016年46号のジャンプ感想
・2016年47号のジャンプ感想
・2016年48号のジャンプ感想
・2016年49号のジャンプ感想
・2016年50号のジャンプ感想
・2016年51号のジャンプ感想
・2016年52号のジャンプ感想

2017年
・2017年1号+2,3号のジャンプ感想
・2017年4,5号のジャンプ感想
・2017年6号のジャンプ感想
・2017年7号のジャンプ感想
・2017年8号のジャンプ感想
・2017年9号のジャンプ感想
・2017年10号のジャンプ感想
・2017年11号のジャンプ感想
・2017年12号のジャンプ感想
・2017年13、14号のジャンプ感想
・2017年15号のジャンプ感想
・2017年20号のジャンプ感想
・2017年21、22号のジャンプ感想
・2017年23号のジャンプ感想
・2017年24号のジャンプ感想
・2017年25号のジャンプ感想
・2017年26号のジャンプ感想
・2017年27号のジャンプ感想
・2017年28号のジャンプ感想
・2017年29号のジャンプ感想
・2017年30号のジャンプ感想
・2017年35号のジャンプ感想
・2017年36、37号のジャンプ感想
・2017年38号のジャンプ感想
・2017年39号のジャンプ感想
・2017年40号のジャンプ感想
・2017年41号のジャンプ感想
・2017年42号のジャンプ感想
・2017年43号のジャンプ感想
・2017年44号のジャンプ感想
・2017年46号のジャンプ感想
・2017年47号のジャンプ感想
・2017年48号のジャンプ感想
・2017年49号のジャンプ感想
・2017年50号のジャンプ感想
・2017年51号のジャンプ感想
・2017年52号のジャンプ感想

2018年
・2018年1号のジャンプ感想
・2018年2,3号のジャンプ感想
・2018年4,5号のジャンプ感想
・2018年7号のジャンプ感想
・2018年8号のジャンプ感想
・2018年9号のジャンプ感想
・2018年10号のジャンプ感想
・2018年11号のジャンプ感想
・2018年12号のジャンプ感想
・2018年13号のジャンプ感想
・2018年14号のジャンプ感想
・2018年15号のジャンプ感想
・2018年16号のジャンプ感想
・2018年23号のジャンプ感想
・2018年24号のジャンプ感想
・2018年25号のジャンプ感想+おまけ
・2018年26号のジャンプ感想
・2018年27号のジャンプ感想
・2018年28号のジャンプ感想
・2018年29号のジャンプ感想
・2018年30号のジャンプ感想
・2018年31号のジャンプ感想
・2018年32号のジャンプ感想
・2018年33号のジャンプ感想
・2018年34号のジャンプ感想
・2018年35号のジャンプ感想
・2018年36・37号のジャンプ感想
・2018年38号のジャンプ感想
・2018年39号のジャンプ感想
・2018年40号のジャンプ感想
・2018年41号のジャンプ感想
・2018年42号のジャンプ感想
・2018年43号のジャンプ感想
・2018年46号のジャンプ感想
・2018年47号のジャンプ感想
・2018年49号のジャンプ感想
・2018年50号のジャンプ感想
・2018年51号のジャンプ感想
・2018年52号のジャンプ感想

2019年
・2019年1号のジャンプ感想
・2019年2号のジャンプ感想
・2019年3号のジャンプ感想
・2019年4・5号のジャンプ感想
・2019年6・7号のジャンプ感想
・2019年8号のジャンプ感想
・2019年9号のジャンプ感想
・2019年10号のジャンプ感想
・2019年12号のジャンプ感想
・2019年13号のジャンプ感想
・2019年14号のジャンプ感想+α
・2019年15号のジャンプ感想
・2019年16号のジャンプ感想
・2019年17号のジャンプ感想
・2019年18号のジャンプ感想
・2019年19号のジャンプ感想
・2019年20号のジャンプ感想
・2019年21号のジャンプ感想
・2019年22、23号のジャンプ感想
・2019年24号のジャンプ感想
・2019年25号のジャンプ感想
・2019年26号のジャンプ感想
・2019年27号のジャンプ感想
・2019年28号のジャンプ感想
・2019年29号のジャンプ感想
・2019年30号のジャンプ感想
・2019年31号のジャンプ感想
・2019年32号のジャンプ感想
・2019年33号のジャンプ感想
・2019年34号のジャンプ感想
・2019年35号のジャンプ感想
・2019年36・37号のジャンプ感想
・2019年38号のジャンプ感想
・2019年39号のジャンプ感想
・2019年40号のジャンプ感想
・2019年41号のジャンプ感想
・2019年42号のジャンプ感想
・2019年43号のジャンプ感想
・2019年44号のジャンプ感想
・2019年45号のジャンプ感想
・2019年47号のジャンプ感想
・2019年48号のジャンプ感想
・2019年49号のジャンプ感想
・2019年50号のジャンプ感想
・2019年51号のジャンプ感想
・2019年52号のジャンプ感想

2020年:

・2020年1号のジャンプ感想
・2020年2号のジャンプ感想
・2020年3号のジャンプ感想
・2020年4、5号のジャンプ感想
・2020年6,7号のジャンプ感想
・2020年8号のジャンプ感想
・2020年9号のジャンプ感想
・2020年10号のジャンプ感想ぷらす
・2020年11号のジャンプ感想
・2020年12号のジャンプ感想
・2020年13号のジャンプ感想
・2020年14号のジャンプ感想
・2020年15号のジャンプ感想
・2020年16号のジャンプ感想
・2020年17号のジャンプ感想
・2020年18号のジャンプ感想
・2020年19号のジャンプ感想
・2020年20号のジャンプ感想
・2020年21・22号のジャンプ感想
・2020年23号のジャンプ感想
・2020年24号のジャンプ感想
・2020年25号のジャンプ感想
・2020年26号のジャンプ感想
・2020年27号のジャンプ感想
・2020年28号のジャンプ感想
・2020年29号のジャンプ感想
・2020年30号のジャンプ感想
・2020年31号のジャンプ感想
・2020年32号のジャンプ感想
・2020年33、34号のジャンプ感想
・2020年35号のジャンプ感想
・2020年36、37号のジャンプ感想
・2020年38号のジャンプ感想
・2020年39号のジャンプ感想
・2020年40号のジャンプ感想
・2020年41号のジャンプ感想
・2020年42号のジャンプ感想
・2020年43号のジャンプ感想
・2020年44号のジャンプ感想
・2020年45号のジャンプ感想


ritobasuFC2.jpg
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

ハイロウさんは結局土方さんでいいのかな?

Re: タイトルなし

> ハイロウさんは結局土方さんでいいのかな?

新選組の誰かだとは思うけど、
たしか土方さんの最期って
「敵の銃弾を腹部に受けて討ち死に」でしたから
その可能性は高いのではないかと思います。
思えば、戦国時代とか幕末の時もずっと無惨様は
鬼ガチャ回し続けてたのかよ…


なんでここに先生が(違う

僕達は勉強ができない


・"花火の伝説”は……



何も成幸が高校生になってなくとも……。



・葉月も和樹も中学生に……


葉月は確実に成幸同様のポジに……和樹は空手をしているらしく筋トレ。瑞樹ちゃんは大学緒と言う事はやはり兄同様に……



成幸「どうして空手?」
和樹「柔道だと事故が起こりやすいから、空手なら金的で済むって、プロレスだったらややこしいから」
成幸「あ~確かに。超人だもんなぁ」




・天田さんが良く世話する理由


やはり恩師の事を家族を含めてよく知っているからじゃないのかなぁ……もしかして病気の事も知っていた可能性も……。



妖トライアングル


・常に進歩する


宅配泥雲って……まあ最先端ですね。


・異魂は新種


どうもこれまで出て来た妖の多くが異魂が進化した感じらしい……シロガネも知っていたのが人妖になる事……さあどうなる?


シロガネ「恐らく、ギリギリ攻めてくるだろう。ニノ曲が耐えられるか?」
祭里「……?」

No Subject

>ワンピース
ジャックもそうですが、カイドウはまだ獣人形態を見せてないですし、確実にもう一波乱あるでしょう。
どちらにせよルフィ単独で四皇を相手にするにはまだ荷が重そうですね。

>呪術
今となってはこの作品で一番頼りになる男。アニメでの彼の暴走が楽しみです。

>鬼滅外伝
三角の紋様(新選組の旗)や使い魔の(壬生)狼など、ヒントが前回から散りばめられてたんですね。
下弦はむしろ強い鬼は今回のように柱たちに狩られまくって、本編時では穴埋めしか残っておらず、有望株の累くんまでやられて、無惨様もついにブチ切れたんじゃないのかと。
それでも他所で考察されてるように、各地で暴れさせて陽動にしたり、ダメモトで柱に特攻させるなり、使い道はあったと思いますが。

Re: なんでここに先生が(違う

>YF-19k(kyousuke) さん
コメントどーも

> ・"花火の伝説”は……
> 何も成幸が高校生になってなくとも……。

真冬先生は過去改変能力持ちだってのは前から言われてたけど
自分がメインのルートになって本領を発揮してきたな。

> ・葉月も和樹も中学生に……
> 葉月は確実に成幸同様のポジに……和樹は空手をしているらしく筋トレ。

葉月は勉学、和樹はスポーツっていう感じに育ったのか


> ・異魂は新種
> どうもこれまで出て来た妖の多くが異魂が進化した感じらしい……シロガネも知っていたのが人妖になる事……さあどうなる?

本作、普通に妖怪退治ものとしても設定凝ってますからね。
いつバトルに転向しても大丈夫。
…名実ともにゆらぎ荘枠だ!

Re: No Subject

>スズムシ さん
コメントどーも

> >ワンピース
> ジャックもそうですが、カイドウはまだ獣人形態を見せてないですし、確実にもう一波乱あるでしょう。
> どちらにせよルフィ単独で四皇を相手にするにはまだ荷が重そうですね。

今はレイドボスみたいな感じになってますけど
やっぱり最後はルフィかゾロとタイマンで勝負するのかな?

> >呪術
> 今となってはこの作品で一番頼りになる男。アニメでの彼の暴走が楽しみです。

アニメでの登場が楽しみです。

> >鬼滅外伝
> 三角の紋様(新選組の旗)や使い魔の(壬生)狼など、ヒントが前回から散りばめられてたんですね。
> 下弦はむしろ強い鬼は今回のように柱たちに狩られまくって、本編時では穴埋めしか残っておらず、有望株の累くんまでやられて、無惨様もついにブチ切れたんじゃないのかと。

柱になる条件が十二鬼月を倒すことですから
割と多くの下弦がやられてたのは事実なんでしょうね。

> それでも他所で考察されてるように、各地で暴れさせて陽動にしたり、ダメモトで柱に特攻させるなり、使い道はあったと思いますが。

そこはスペック高くても戦闘に関してはド素人同然の無惨様ですから。

思えば彼女の高校時代は明かされてない?

せーにんさん

返信どうもです。


恐らく成幸は幼少期の時に父親が勤める高校に行った可能性もある訳でしてね……


願わくは和樹にはマトモな師匠に巡り合うことを願う……チャンピオンは想定外の各種格闘の猛者が居るし、サンデーには拳で傭兵になぅた男が居るし、マガジンにも居たんですよ……空手だけど祖先が忍者だったという猛者。一応系列になるけどジャンプにも空手使いのJKっていますよ。


成幸「うるかとは違うからなぁ」



いよいよ話が動きますね、果たして二人だけで大丈夫なのか……

>柱になる条件が十二鬼月を倒すこと
一応他に鬼を50体以上倒すという条件もあります。ただそれはアカザとかの十二鬼月を産み出す前の条件だとも思われますが。
あと柱自体がポンポンやられてますので、下弦は本当にボロクソでしょうね。
何せ下弦陸ペアだけでも20人以上、アカザに至っては水柱だけで50人殺したと言ってますから。他の柱も含めたら100人は超えるはず。
この2人だけでも150人以上、他の上弦の事を考えなくても柱は2年に1人は殺されてる。
他の上弦の事を考えたらそれ以上、柱は下弦を複数倒してるのもいるから更に多い。
下弦は年1人以上は殺されてると見ていいでしょう。

Re: タイトルなし

> 一応他に鬼を50体以上倒すという条件もあります。ただそれはアカザとかの十二鬼月を産み出す前の条件だとも思われますが。
> あと柱自体がポンポンやられてますので、下弦は本当にボロクソでしょうね。

そりゃ無惨様が上弦を特別視するのも分かる気がする

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7907-c9386e9a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード