FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 10. 22

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第3話「二人ならできること」 感想

rine20201015.jpg

リーネちゃんは裏表のない素敵な人です。

「発進しますっ!」次元がもたらした影響はでかい…


【Amazon.co.jp限定】ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第1巻 ( 早期予約特典:アニメ描き下ろし“聖夜のスペシャルビジュアルボード[台座付き]"付 )( 全巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用全巻収納BOX+A3クリアポスター引換シリアルコード付 ) [Blu-ray]



gattai20080719.jpg

・ウィッチ二人が合体してネウロイを撃破
・真面目な会議から始まる
・新人を指導する先輩
・半人前二人が力を合わせて窮地を救う
・サブタイトルの「一人じゃないから」→「二人ならできること」


まごうことなき1期3話のオマージュ的なお話でしたね。
あの時は新人だったリーネと芳佳が今度は
先輩として後輩を導くようになるあたり、
二人の成長を感じられて良かったです。

rine20201022.jpg

今回のメインは新人の服部静夏ちゃんで、
501に配属された彼女が先輩たちから
少しずつ学んでいく姿が描かれました。

飛べなくて苦悩する芳佳ちゃんを見て
ただ心配するだけの静夏ちゃんに対して
余裕の表情で芳佳ちゃんなら大丈夫と
信じてるリーネちゃんが流石に貫禄ありすぎました。
あそこらへんは軍人としてのキャリアとか
階級とか関係なく、培われた信頼関係の差
見せつけられた気がします。熟年夫婦かよ…
まぁリーネちゃんは芳佳ちゃんが
不可能を可能にする所を何度も見せられてますからね。
ただ憧れるだけじゃなくて共に肩を並べなければいけない。
そんなお話でした。

sizuka20201022.jpg

静夏ちゃんは今のところ生真面目なキャラですけど
ギャグ的な意味でも坂本少佐の後釜が
務まるかちょっと不安です。
あの人も真面目といえ生真面目なキャラなんですが
たまに爆弾発言天然発言で笑いを取る
侮れないお方でしたからね…

yoshika20201022.jpg

芳佳ちゃんは魔力が壊れた蛇口みたいに
不安定になったせいで、まともに飛べなくなりましたが、
新シリーズで主人公がデバフを受けるのは割と
よくあることですからね…

バランス調整ですよ。バランス調整。
そもそも一度魔法力をなくしてから
復活した奇跡みたいな子なんですよね。
あの妖刀烈風丸は本当に凄まじい戦果と同時に
凄まじい弊害も生み出している気がする。

飛べなくなってもとしては間違いなく
トップクラスの性能を発揮してるのは事実で、
とりあえず防壁として置いておくだけでも
役に立つからやっぱり芳佳ちゃんはすごい!

syari20100818.jpg

次回はシャーリー回。
今度は1期5話や2期4話的な内容になるのかな?

sanyafc2.jpg

なかなか「リネットちゃん」とは言われないリーネちゃん
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

いきなり盛り過ぎ

この方実在した猛将です

アバンでイキナリ銃を発砲する将校がジョージ・スミス・パットン・ジュニア(1885年~1945年)ですね……米陸軍戦車運用に置いてのパイオニアであり劇場版で出て来たアイゼンハワー陸軍元帥とは親交があったりしてます。第二次世界大戦開戦から当初米陸軍は戦車運用に置いては素人同然で北アフリカで大敗を喫しており時の大統領ルーズベルトさえも”うちの陸軍って戦争出来るの?”と執務室で言い放って側近らをナイアガラ滝の如くの冷や汗を出す程の深刻な事態、そこで第一次世界大戦終了後に色々と問題があった彼を起用した訳です。まあ本当に性格は破天荒で冒頭のような光景も実際にあったと推測されてます。


作中ではアフリカの魔女シリーズに出ておりロンメルとモントゴメリーと殴り合いバトルロイヤルになった事もあったり、扶桑の陸戦魔女に拳骨喰らった事もありました…因みに作中ではウィッチに対してはダンディなふるまいを見せてます。今回の足止めにも元ネタはシチリア島でやらかした"兵士殴打事件”かな、まだPTSDが認知されてない時代でしたので根っからの戦争屋であるパットンからしてみれば理解できなかったと。


加藤「銃を発砲した?美緒、よくある事だから……」←アフリカで見慣れている。
フレデリカ「ノリはいいけどね、あの扶桑の魔女パリにいるかしら?」
加藤「萌えよ戦車学校の出番があるから無理」

Re: いきなり盛り過ぎ

>YF-19k(kyousuke) さん
コメントどーも

> アバンでイキナリ銃を発砲する将校がジョージ・スミス・パットン・ジュニア(1885年~1945年)ですね……

実在した人物だったのか…でも本作のキャラクターって
実在したトップガンが全員モチーフなので
いてもおかしくないですね。

> 作中ではアフリカの魔女シリーズに出ておりロンメルとモントゴメリーと殴り合いバトルロイヤルになった事もあったり、扶桑の陸戦魔女に拳骨喰らった事もありました…因みに作中ではウィッチに対してはダンディなふるまいを見せてます。

ちょい悪親父だけどめっちゃいいひとなんだろうなぁ

まあ古き良きアメリカン親父って感じですね……

せーにんさん

返信どうもです。

こうなるとロンメルやらモントゴメリーも出てくる可能性も……三将軍バトルロイヤルの第二Rは映像化したら黒森峰のレオパルド2とサンダース校のM1エイブラムズ戦車に劣化ウラン弾が装填されると思ってください。
(湾岸戦争を知っている方はピンと来たでしょうね)




彼の魅力なら『アフリカの魔女』シリーズで"スフィンクスの魔女”を……これ同人誌で出ているから難しいかもしれないのですがね(大汗。彼の事は『萌えろ!戦車学校』でも特集しているので……これさえ見ておけばガルパンでも作中で使われている描写の元ネタが分かりますよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7911-5716ccc9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード