FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、13歳になりました。
人生という"冒険"はまだこれからも続く。

翼があるから飛べるんじゃない。
飛ぼうとするから翼があるんだ。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 10. 24

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第4話 感想

hadora20201024.jpg

魔王ハドラーの復活!


ドラゴンクエスト ダイの大冒険 1 DRAGON QUEST―ダイの大冒険― (ジャンプコミックスDIGITAL)



hadora20201025.jpg

今回は魔王ハドラーが復活してアバン先生を
殺しにやって来るというお話でしたが、
思えば1話からデルムリン島にはやたら来訪者が
多い気がしますね。

1話:ニセ勇者一行
2話:パプニカ王国
3話:アバン先生とポップ
4話:ハドラー


ハドラーはかつて勇者アバンに敗れた魔王。
大魔王バーンによって復活し
現在は魔軍司令ハドラーとして頑張ってる模様。
この魔王とそれ以上の大魔王がいるっていう設定は
ドラクエ3のバラモスとゾーマの関係を彷彿させますね。

「残忍にして卑劣」とは言いますが
部下を一人も連れずに単独でアバンを倒そうとしてた点や
弱者であるダイたちには目もくれない点
何よりも自分を倒したアバンに執着してる点など
この時点では武人としての側面は持ち合わせていたんですよね。

aban20201025.jpg

「世界の半分をおまえにやろう」っていう提案は
初代ドラゴンクエストのりゅうおうとのやり取りが元ネタで
割といろんな作品でパロディにされることもあるので
ドラクエを知ってなくてもこれは知ってる人は多いのでは?
その提案に対して「大魔王の使い魔に成り下がったお前に、
世界の半分を与える権力があるとは思えん」

っていうアバン先生の返しは見事ですね。

aban20201024.jpg

ダイたちを庇って重傷を負ったアバン先生。
本作のやたら強いベギラマ先生を受けたら勇者とて無事では済まない。


やめて!ハドラーのベギラゴンで焼き払われたら、
ドラゴラムを使ってMPが減少してるアバン先生のHPまで燃え尽きちゃう!
お願い、死なないでアバン先生!
あなたが今ここで倒れたら、ポップやダダイとの約束はどうなっちゃうの?
HPはまだ残ってる。ここを耐えれば、ハドラーに勝てるんだから!

次回「アバン死す」デュエルスタンバイ。

emiriaFC2.jpg

なお、旧アニメ版では
「アバン自己犠牲呪文に散る!?」っという
ネタバレ全開な次回予告だったという…
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

思えば、ダイ、ポップ、アバンそしてハドラー
四人の初対面と再会というこの形は、やはり伏線だったのでしょうね。この四人の次は涙なしには語れない展開。

>旧アニメ版では「アバン自己犠牲呪文に散る!?」というネタバレ全開な次回予告だったという
この時点での原作進行は中盤終局あたりだったかな?
偶然なのか原作終盤に繋がる「!?」が鍵になるとはでしたね。

ハドラーは小物みたいな登場ですが彼もまた物語を通してポップ同様に
大きく強く成長するキャラ。ある意味ラスボスバーン以上に魅力のある敵ですね。

No Subject

>魔王ハドラー
かつて勇者アバンと戦って敗れた魔王、昔は武人気質であったが大魔王の下に就いて地位に固執する3流魔王になって行ってしまった…この頃は

>本作のやたら強いベギラマ
DQ1の最強呪文ですからね…上位のギラ系であるベキラゴンの構えもカッコ良くて優遇されている

結構卑劣扱いされるけどそんな卑怯か?という気もしたり。
ハドラーは別に人質取ったわけでもないどころか、1人で来ただけ
相手が回復するまで待つとかはサービス精神旺盛過ぎますし。

ザボエラの策に乗った時も、魔王軍の1人であったバラン戦の後に追撃ってのは軍隊なら普通の策というか。
ラリホーもちゃんとした術ですし。卑劣ではないかと。
バランに報告しなかった事は卑劣ですし、
ザボエラがクロコダインに授けた人質とかも卑劣ですが。

Re: No Subject

>怪傑ズパック さん
コメントどーも

> 思えば、ダイ、ポップ、アバンそしてハドラー
> 四人の初対面と再会というこの形は、やはり伏線だったのでしょうね。この四人の次は涙なしには語れない展開。

そこまで放送するかはわからないですが
そこまで行ってほしいですね…

> この時点での原作進行は中盤終局あたりだったかな?
> 偶然なのか原作終盤に繋がる「!?」が鍵になるとはでしたね。

最初あれで退場する予定だったらしいですからね。

> ハドラーは小物みたいな登場ですが彼もまた物語を通してポップ同様に
> 大きく強く成長するキャラ。ある意味ラスボスバーン以上に魅力のある敵ですね。

"成長する悪役"っていうのは良いものですよね。

Re: No Subject

>電子の海から名無し様 さん
コメントどーも

> >魔王ハドラー
> かつて勇者アバンと戦って敗れた魔王、昔は武人気質であったが大魔王の下に就いて地位に固執する3流魔王になって行ってしまった…この頃は

魔王→小物→武人と話が進むにつれて成長していく悪役

> >本作のやたら強いベギラマ
> DQ1の最強呪文ですからね…上位のギラ系であるベキラゴンの構えもカッコ良くて優遇されている

ベギラマはいろんなキャラが使いますから印象に残りやすい。

Re: タイトルなし

> 結構卑劣扱いされるけどそんな卑怯か?という気もしたり。
> ハドラーは別に人質取ったわけでもないどころか、1人で来ただけ
> 相手が回復するまで待つとかはサービス精神旺盛過ぎますし。

確かに、言われてみるとそこまで卑劣な行為はしていませんよね。
序盤も残忍で小物っぽさはあったけど
卑怯な真似はしてなかったはず。
ザボエラの印象が強すぎるからそう思えてしまう罠

No Subject

今回と次回はダイが勇者に必要な事をアバンから教わる話なのでそしてハドラーが今回の件で因縁を持つ事になる大事な回。

魔王復活

察しが良いアバン


恐らくは大魔王の存在は分かっていたかもしれませんね、魔族の文字が判読できるのなら……。

No Subject

使い魔魔軍司令ハドラー
悪く言えば元社長が合併された後に中間管理職に就任みたいなもので、その時点で保身思考に切り替わったのが残念ですが、言い換えれば人の下につくタイプではないから、そうなったのかもしれないな。

>本作のやたら強いベギラマ
代わりにイオ系が影が薄い気がする。
そういえばダイの呪文はまだ3段階ですね。11の時、第4階があることにちょっと衝撃を受けた。調べれば9から変わったそうですが、9は表をクリアしただけだから知らなかった。

No Subject

 魔王の服きてたハドラーのとんがりあれなんだろうと思ってたけどあれ耳だったのね、てことはりゅうおうもそうだったり?

No Subject

>この時点では武人としての側面は持ち合わせていたんですよね。

後にアバンも、ハドラーが常に自ら最前線で戦ってた事は評価してましたしね

>アバン先生の返しは見事ですね

アバン先生は頭が良いのでレスバも強い
後にキルバーンも煽られる

>序盤も残忍で小物っぽさはあったけど
卑怯な真似はしてなかったはず。

そもそも作中でポップに「残酷だが卑怯じゃなかった」と言われてましたからね
だからこそバラン戦の直後にザボエラと共謀した際には「墜ちるところまで墜ちたな」と罵倒されてます
そして武人の目覚め

Re: No Subject

>光になれ さん
コメントどーも

> 今回と次回はダイが勇者に必要な事をアバンから教わる話なのでそしてハドラーが今回の件で因縁を持つ事になる大事な回。

ハドラーともこれから長い付き合いになっていきますからね・・
といっても作中の経過時間は3か月足らずだとか

Re: 魔王復活

>YF-19k(kyousuke) さん
コメントどーも

> 恐らくは大魔王の存在は分かっていたかもしれませんね、魔族の文字が判読できるのなら……。

そのために自分の後継となる勇者を育てていたんでしょう

Re: No Subject

>三日坊主 さん
コメントどーも

> 悪く言えば元社長が合併された後に中間管理職に就任みたいなもので、その時点で保身思考に切り替わったのが残念ですが、言い換えれば人の下につくタイプではないから、そうなったのかもしれないな。

部下に恵まれるタイプで上司や同僚に恵まれないタイプ

> >本作のやたら強いベギラマ
> 代わりにイオ系が影が薄い気がする。
> そういえばダイの呪文はまだ3段階ですね。11の時、第4階があることにちょっと衝撃を受けた。調べれば9から変わったそうですが、9は表をクリアしただけだから知らなかった。

メラガイアーとかは
「DQモンスターズ ジョーカー」で登場して以降マザーシップタイトルにも逆移入された呪文です

Re: No Subject

>テラ・パーテル さん
コメントどーも

>  魔王の服きてたハドラーのとんがりあれなんだろうと思ってたけどあれ耳だったのね、てことはりゅうおうもそうだったり?

ぼくは角だと思ってたんですが…耳なのかな?

Re: No Subject

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> 後にアバンも、ハドラーが常に自ら最前線で戦ってた事は評価してましたしね

そこは何よりアバンとの決着は自分でつけたかったんでしょうね。

> アバン先生は頭が良いのでレスバも強い
> 後にキルバーンも煽られる

そのアバン先生から「私よりも切れ者」と言われることになるやつがいるんだよなぁ

> そもそも作中でポップに「残酷だが卑怯じゃなかった」と言われてましたからね
> だからこそバラン戦の直後にザボエラと共謀した際には「墜ちるところまで墜ちたな」と罵倒されてます
> そして武人の目覚め

ポップとハドラーも奇妙な友情があるんですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7916-b24cdd41

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード