FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 11. 13

アクダマドライブ 第6話 感想

akudama20201113.jpg

受け継がれゆく意思。


アクダマドライブ 第1巻(初回限定版) [Blu-ray]


akudama20201115.jpg

今回は処刑課師匠との決戦が描かれたお話でしたが、
処刑課もナチュラルに狂ってますね。殉職率80%とか…
師弟パートナーシステムを導入したことで30%まで
抑えられたみたいですけどそれでも高いよ。
そもそも正義の為なら自分の命さえ捨てる覚悟の奴多すぎる。

結局のところ今回としては
喧嘩屋とチンピラと処刑課師弟がどうなったか
曖昧なまま終わったのですが、
Cパートの弟子の様子を見る限りですと
弟子のみが生き残ったってことなんでしょうかね?
少なくとも師匠と喧嘩屋は死んでそう。
チンピラに関してはまだわからないですけど
あの状況で彼が生き残れるとは到底思えない。


akudama20201114.jpg

しかし、殺人鬼さん報われませんね…
やり方はどうであれ詐欺師ちゃんのために
戦ったのは事実で、何度も彼女の命を救ってるのに
全く理解されないどころか罵倒されるあたり。
(さすがに少年を盾にしたのはどうかと思いますが…)


少年少女が死ねない不死身の体だということが発覚しましたが
そこらへんの事情は来週詳しく語られそうです。
それよりも真っ二つにされようが、すぐに治療して動けるようになる
医者のお姉さんの方がやべィ…
師匠も言ってたけど彼女が一番厄介ですね。
自分だろうと他人だろうと瞬時に治療可能なヒーラーは
真っ先に潰しておくのが鉄則

emiriaFC2.jpg

関西弁は失われた言語だった
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/7963-94939caa

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード