FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2020. 12. 24

池袋ウエストゲートパーク 最終回 感想

iwgp20201010.jpg

愛と平和があふれる街、
池袋は最高だ。



【Amazon.co.jp限定】池袋ウエストゲートパーク Blu-ray BOX 上巻 ( 上下巻購入特典:アニメ描き下ろしイラスト使用B2布ポスター引換シリアルコード付 )




カラーギャング同士の争いがあったり、
その争いにヤクザが絡んでたり、
普通に銃が出回ったり、
…いつも通りの池袋の治安ですね。
デュラララ思い出します。

G-BOYSとレッドエンジェルズの抗争とその顛末、
そして作中開始時点からずっと池袋を狙ってきた黒幕
が明らかになった最終回でした。

iwgp20201204.jpg

マコトは確かに凄いんですけど
凄いのは彼だけじゃないってことが
ちゃんと示されていた最終回だったと思います。
今までの話で登場し、マコトに助けられた人たちが
彼に力を貸すっていう展開は良かったですし、
ヒロト君が助けに来てくれたのが一番良かった。
かつて敵であった人間も手を貸してくれるあたりが
良い主人公の条件の一つだと思います。

iwgp20201224.jpg

磯貝君に関しては登場した当初から
腹に一物抱えてそうな感じですし、
あからさまに怪しかったから黒幕と
言われてもあまり驚きはしませんでした。
ただ彼も虐めを受けていた被害者だったわけで
そこらへに関して特にフォローが無かったのは
ちょっと可哀そうだったかもしれません。
それでも人一人を殺してて殺人未遂も2回起こしてるから
その動機はどうあれ、彼もまた一人の「野獣」だったのは事実です。
虐めの加害者を憎んでいた彼が憎んでいたもの以上の
バケモノになってしまったというのは何とも皮肉ですね。


総括:池袋ウエストゲートパーク
iwgp20201009.jpg

池袋で便利屋みたいな扱いを受けてる青年が
池袋に関わる事件を解決していく作品。
基本的に1話完結の話が多く、、
話の内容もファンタジーは一切なく
この現実で普通にあり得る事件や事故内容なのも本作の特徴でした。
そういった意味で本作は実写化しやすかったんだと
今更ながら思いますね。

iwgp20201214.jpg

話の内容がリアルであるが故に
考えさせられる内容も多かったです。
個人的に一番印象に残ったのは
加害者と被害者、復讐と赦しを描いた
第10話「野獣とリユニオン」です。
何気にこの話の「許すことの大切さ」が
最終回のラストに繋がっていたんだと思います。

不良少年たちが自警団やってたり、
池袋の治安の悪さが目立っていましたが、
同時に「池袋を愛する人々」の物語でもあったんですよね。
マコトもタカシも「生まれ育った町を良くしたい」
「この町に住む人たちを助けたい」
という気持ちに嘘偽りはなく、
最後までその気持ちはブレない部分だったと思う。


sanyafc2.jpg

「忘却の空」は最終回にもう一度流してほしかったな…
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

これまでの人脈が解決する

マコトは何時から気が付いたのか?


寧ろ演技は上手かった……ちゃんと隠し撮りを慣れている方々が協力した訳ですね。まあ警察に居る礼兄には黒幕のヤクザを引き出せばよいのですから。桜田門のマル暴にとっては良い土産になりますし……



ラストで共演……


第二シーズン一話のゲストにお願いします。スゲェシメだなぁ……

Re: これまでの人脈が解決する

>YF-19k(kyousuke) さん
コメントどーも

> 寧ろ演技は上手かった……ちゃんと隠し撮りを慣れている方々が協力した訳ですね。まあ警察に居る礼兄には黒幕のヤクザを引き出せばよいのですから。桜田門のマル暴にとっては良い土産になりますし……

マルウェア仕込まれてたところで気付いたんだと思います。
自分の周りでそれができる人間で誰が怪しいかって考えたら磯貝君が最有力候補だったんでしょう。

> 第二シーズン一話のゲストにお願いします。スゲェシメだなぁ……

凄い閉めでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8067-0275bf8a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード