FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 02. 20

バック・アロウ 第7話 感想 #バック・アロウ

arou20210222.jpg

壁はそんなに固いのか?


バック・アロウ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]


arou20210223.jpg

姫様ガチ勢の空飛ぶエレガンス騎士
「プラーク・コンラート」登場回
レッカ側の内情は結構描かれましたから
次回からリュート国に関しても
触れられていくことになるんでしょうね。
天才のシュウが知らなかったあたり
本当にあの空飛ぶブライハイトは
リュート側がずっと秘匿にしてたんでしょうな。

fine20210220.jpg

あの頭の中お花畑っぽい
お姫様の思惑はともかくとして、
リュート国としてはエッジャ村の住民を受け入れて
メリットなんてないだろうから、100%罠だと思うんですよね…

arou20210220.jpg

しかし、壁に近づいた途端村長たちが
急に艦を降りようとしたり
壁に向かって祈ったりするのは
なんか意図的なものを感じました。
老人や年齢の高い村民だけで
アタリーたち若者には影響ないところを見ると
やっぱり経過年数で洗脳が効いてくるとかそういうのかな?
壁に対する禁忌が多すぎるし、どう見ても人工物だったわけですし
自然とそれが刷り込まれてる事実から考えても
"意図的に壁の中に閉じ込めている"可能性が出てきました。

arou20210221.jpg

アロウとこんな早く離別するとは思ってもなかったし
少なくともアタリーとシュウあたりはついていくと
思ってたから、それもなくて驚きました。
ビットの「仲間」発言に対して「だからだろ」
って即答したのは彼らしいというか、
"仲間だからと言ってその人の行動すべてを
縛れるわけではない"
っていうあたりを
理解してるからの発言なんだろうな。

身勝手ともとれる言動ですけど
彼としては初志貫徹して「壁の向こうに向かう」ことが
目的だったわけですからね。

emiriaFC2.jpg

やっぱり怪しいよなぁ先生
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8209-bfdfd81a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード