FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 03. 13

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第23話 感想 #ダイの大冒険

dai20210314.jpg

竜の騎士。

貴重なドラゴンキラーが!!


ドラゴンクエスト ダイの大冒険 2 [Blu-ray]


pop20210313.jpg

「大地に眠る力強き精霊たちよ…いまこそ我が声に耳を傾けたまえ!!」

重圧呪文(ベタン)良いよね…

重力場で敵を押しつぶして攻撃する重力呪文。
(FFで言うところのグラビデ系)
ダイの大冒険に登場するオリジナル呪文だったけど
後に本家にも実装されました。
ポップの中盤のメインウェポンでドラゴン数匹を一撃で
葬り去る威力がある。(その分魔力消費がデカいが)

dai20210313.jpg

今回ようやく「竜の騎士」についての説明がありました。

「人間、魔族、竜の神がそれぞれ各種族の
良いところをより合わせて作った生命体」
究極の救世主にして破壊者。

ヒュドラとドラゴンを一掃するダイの戦闘シーンは
確かにかっこよかったですが、
同時に「ドラゴンをも超える化け物がそこにいる」
っという証明してしまったわけで、
子供が怖がっちゃうのも無理もない。
人間とは自分の知らないものに恐怖する生き物なのだから。
ただ、これがダイに対して人間への不信感に繋がったのは確実ですね。

pop20210314.jpg

でもってポップが
「ダイが何者であろうと友達なのは変わらない」
って言ってくれるのが本当に良かった。
重要なのは周りがどうとかじゃなくて
"自分自身がダイのことが好き"って言ってる所。
我儘でエゴかもしれませんが、
そういう人間が一人はいてもいい。
本当に名言と名シーンしか作れない奴である。
何気にこの瞬間にメルルの好感度が上昇していった気がします。


baran20210313.jpg

次回はついに竜騎将バランと直接対決。
そしてダイにとってもう一つの
衝撃の事実が発覚するお話。


emiriaFC2.jpg

いよいよ"ドラゴン"クエストになってきましたね
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

バラン編はポップが勝利の鍵になるので、これからポップの見せ場だらけになる。相手の事を理解するのは我儘でもエゴでもない、ダイの人間として初めての友達なんだから。

No Subject

ダイとバランの関係は知っていたけど
まさかバランまで竜の騎士だったとは・・・

No Subject

ダイにとって人から怖がられるという避けては通れない話。今までがダイにとって都合がよすぎたという観点ですね。

ポップの「ダイが何者であろうと友達なのは変わらない」嘘偽りのない言葉と思いこそがある局面でダイに勇気を与え一大決心をさせますね。

>何気にこの瞬間にメルルの好感度が上昇していった気がします
というよりは爆上げ真っ只中。でもポップは一筋に彼女を・・・

ダイとバランの関係とは!?一話冒頭シーンと
バランの額を観れば一目瞭然なんですよね。

No Subject

ロモスとパプニカはクロコダイン戦やレオナ奪還戦で苦難を共にしたり、ダイが傷ついてる所など、弱い部分も見ていたから、無敵の英雄ではなく国を救った恩人として見てくれてた所があるんですよね。
今回のベンガーナの人々からは突然現れてドラゴン数匹を相手に無双する得体のしれない子供でしかなかったという。

最近では国を救った勇者の末路はなろうでもよく書かれてますね(権力者にやっかまれて即元の世界へ送還、下手すれば刺客を送られる)。
アバン先生のように素性を隠してのんびりスローライフ(家庭教師)してる人もいますが。

No Subject

改めて見るとバランはバッドコミュニユケーションですね
不器用にもほどがありますね
まあ最もダイとのコミュニユケーション上手くいったとしても
結局は戦いになってたでしょうけど

No Subject

> 竜の騎士
竜と魔族の力に人間をベースに融合した生命体。本家ドラクエに因んだ竜絡みの物語の設定だと思う

> 貴重なドラゴンキラーが!!
壊されたドラゴンキラー。何気にキルバーンの様々な伏線を張っていたシーンだと思う

>ダイが何者であろうと友達なのは変わらない
ポップがダイの一番の親友だと分かるセリフ、ポップは意外とダイに対して尊敬はしても恐れたことは無いんですよね

No Subject

ポップは何気にデルムリン島のモンスターたちにも馴染んでましたね
クロコダインの事もおっさんと呼んで物怖じしませんし

メルルは単純に格好いい人よりも、迷ったり悩んだりしながらも頑張ったり友達想いだったりする男が好きなんでしょうね
なんとなくリゼロのレムと好みが合いそうな気がします

Re: No Subject

>光になれ さん
コメントどーも

> バラン編はポップが勝利の鍵になるので、これからポップの見せ場だらけになる。相手の事を理解するのは我儘でもエゴでもない、ダイの人間として初めての友達なんだから。

ダイにとっての節目であると同時に、ポップにとっても節目となるシリーズですからね。
ここから先名シーンしかない

Re: No Subject

>からららら さん
コメントどーも

> ダイとバランの関係は知っていたけど
> まさかバランまで竜の騎士だったとは・・・

予告で容赦なくネタバレしていく

Re: No Subject

>怪傑ズパック さん
コメントどーも

> ダイにとって人から怖がられるという避けては通れない話。今までがダイにとって都合がよすぎたという観点ですね。

ダイの戦いを間近で見てた人間の質にも寄りますよね。
ロモスの時は王様や兵士、パプニカの時は仲間以外誰にも見られてなかった
今回は初めて民間人の前でその力を振るったわかですから。

> ポップの「ダイが何者であろうと友達なのは変わらない」嘘偽りのない言葉と思いこそがある局面でダイに勇気を与え一大決心をさせますね。

このセリフが最終局面で生きてくるんですよね

> というよりは爆上げ真っ只中。でもポップは一筋に彼女を・・・

メルルポイントを稼武もポップはマァムポイントをカンストさせていた

> ダイとバランの関係とは!?一話冒頭シーンと
> バランの額を観れば一目瞭然なんですよね。

次回予告でネタバレ!!

Re: No Subject

>スズムシ さん
コメントどーも

> 今回のベンガーナの人々からは突然現れてドラゴン数匹を相手に無双する得体のしれない子供でしかなかったという。

国王や兵士から見たら「めっちゃ強い勇者」でも
普段から戦闘慣れしてない民間人からすりゃ
恐怖の対象にしか映らなかったんでしょうね

> 最近では国を救った勇者の末路はなろうでもよく書かれてますね(権力者にやっかまれて即元の世界へ送還、下手すれば刺客を送られる)。
> アバン先生のように素性を隠してのんびりスローライフ(家庭教師)してる人もいますが。

世界を救った後世捨て人的な余生を過ごすのがやっぱり一番だな

Re: No Subject

>サク さん
コメントどーも

> 改めて見るとバランはバッドコミュニユケーションですね
> 不器用にもほどがありますね

今更親として名乗り出るわけにはいかないから
せめて同族として同じ会社の一員として接していこうと思っての行動だったと思います。

Re: No Subject

>電子の海から名無し様 さん
コメントどーも

> > 竜の騎士
> 竜と魔族の力に人間をベースに融合した生命体。本家ドラクエに因んだ竜絡みの物語の設定だと思う

本家ドラクエでもドラゴン要素のある主人公はあんまりいませんでしたからね。

> 壊されたドラゴンキラー。何気にキルバーンの様々な伏線を張っていたシーンだと思う

伏線この時から張ってたのか…

> ポップがダイの一番の親友だと分かるセリフ、ポップは意外とダイに対して尊敬はしても恐れたことは無いんですよね

友達だからね

Re: No Subject

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> ポップは何気にデルムリン島のモンスターたちにも馴染んでましたね
> クロコダインの事もおっさんと呼んで物怖じしませんし

ポップはそういう部分で差別をしない人間だってのは
前から描写されていましたね。

> メルルは単純に格好いい人よりも、迷ったり悩んだりしながらも頑張ったり友達想いだったりする男が好きなんでしょうね
> なんとなくリゼロのレムと好みが合いそうな気がします

見てくれじゃなくて、本質的な強さや中身を好きになる子なんでしょうね

ドラゴンを超える化け物というけど、勇者が倒した魔王ってドラゴンより強いのでは?とか思ったりも
やっぱ実際に見てるかどうかですよね
一般人が想像してた魔王は実物より遥かに弱いんですかね?

Re: タイトルなし

> ドラゴンを超える化け物というけど、勇者が倒した魔王ってドラゴンより強いのでは?とか思ったりも
> やっぱ実際に見てるかどうかですよね
> 一般人が想像してた魔王は実物より遥かに弱いんですかね?

そうですね。実際目の当たりにしたらアバン先生やポップも一般人からすれば十分化け物

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8264-f345bca9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード