FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 03. 16

2021年15号のジャンプ感想


ジャンプと関係ないネタですが
fgo20210316.jpg

次は塔イベントか…
しかもアキバでエクスプロージョンって何が始まるの?


劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram(完全生産限定版) [Blu-ray]

以下、今週のジャンプ感想




■Dr.Stone

4周年記念でやる内容じゃねぇ…
大樹が死んだのは一番ショックでした。
霊長類最強の攻撃に耐えられたデカブツでも
銃火器相手には無力っていうあたり
本作における銃火器の絶対性は揺るがないですね。
最初から言われてたように銃火器を復活させたら
ストーンワールドにおいて覇権を握れるってのが良くわかる。
流石に全滅エンドってオチは酷いので
ドクターストーン(メドゥーサ)の石化能力で
回復するんだろうなと確信したお話でもありました。


■ワンピース

チョッパーはメンタルはナミとかウソップ寄りだけど
実際は海賊団の中では強い方なんだと思うな。
何よりも医療を司ってるから
バトルメンバーじゃ対応できない敵にも対応できる特攻持ち。
久しぶりにチョッパーが活躍したところを見れた気がするよ。

ラストでおでんが登場したんですけど…
①実は生きてたよ説
②誰かの変装だよ説
③幻覚を見せられてるよ説

どれだ?(個人的には②)


■呪術廻戦

お兄ちゃんが格好良い回でした。
兄弟の絆を信じる者が、兄弟を馬鹿にするものに負ける通りが無い。
この人パワーワードと名言しか生み出せないですよね…
直哉くんに関しては…完全初見殺しだったから相手が悪かったとしか言いようがない。
来週の選択次第で運命が変わりそう。乙骨地雷を踏まん事を祈ろう


■WITCH WATCH

最近はクラスでの出来事がメインでしたが
原点に帰って主人公とヒロインのイチャイチャを
描いたお話でした。
コーヒーに拘ったりファッションセンスが独特だったり
モイちゃんのいろんな設定が深堀されたお話でもありましたね。
興味ないように見えて普通に良い事言うからズルい。
ちょろインと天然たらしのラブコメってだけで永遠に読める。


■逃げ上手の若君

頼重殿がすごく動物虐待に関して気にしてたんですが、
人間以上の俊敏性を持って動く動物を
射貫くってそもそもかなり難しいと思いますね。
だからこそ競技として成り立ってたんでしょう。

眼球で会話する妖怪みたいな小笠原さんですけど
弓の腕ではどうあがいても勝ちようがないから
そこらへんどうするのかが来週楽しみです。
とりあえず今回最大の収穫は雫ちゃんの「兄様」


■破壊神マグちゃん

隙あらばるるちゃんの闇に触れていく
そういえば父親に関しては今まで
語られていませんでしたからね。
めっちゃ明るい子に見せかけて実は
家族関連の闇が深い所を見ると、
彼女は必死に明るい子、手のかからないいい子を
演じようとしている感あるんですよね。

人間の愚かしさも含めて「面白ッ!」って
思ってるのがウネさんで
人間の愚かしさにキレてるのがミュスカーくんってことなんだろうな。
どちらも邪神としての在り方としてはアリですね。


■あやトラ

新キャラの氷属性のロリか…良いですね。
ジャンプ作品で雪女系列は割と
優遇されるパターン多いので、
いろいろあって仲間になりそうですね。
それにしても"透明になって着替えを除く"
というシチュエーションを受け入れて
目の前で脱ぎだすあたりすずくんはさぁ…


【関連記事】

2016年
・2016年7号のジャンプ感想
・2016年8号のジャンプ感想
・2016年9号のジャンプ感想
・2016年10号のジャンプ感想
・2016年11号のジャンプ感想
・2016年12号のジャンプ感想
・2016年13号のジャンプ感想
・2016年14号のジャンプ感想
・2016年15号のジャンプ感想
・2016年16号のジャンプ感想
・2016年17号のジャンプ感想
・2016年18号のジャンプ感想
・2016年19号のジャンプ感想
・2016年20号のジャンプ感想
・2016年21、22号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年24号のジャンプ感想
・2016年25号のジャンプ感想
・2016年26号のジャンプ感想
・2016年27号のジャンプ感想
・2016年28号のジャンプ感想
・2016年29号のジャンプ感想
・2016年30号のジャンプ感想
・2016年31号のジャンプ感想
・2016年32号のジャンプ感想
・2016年33号のジャンプ感想
2016年34号のジャンプ感想
・2016年35号のジャンプ感想
・2016年36、37号のジャンプ感想
・2016年38号のジャンプ感想
・2016年39号のジャンプ感想
・2016年40号のジャンプ感想
・2016年42号のジャンプ感想
・2016年43号のジャンプ感想
・2016年45号のジャンプ感想
・2016年46号のジャンプ感想
・2016年47号のジャンプ感想
・2016年48号のジャンプ感想
・2016年49号のジャンプ感想
・2016年50号のジャンプ感想
・2016年51号のジャンプ感想
・2016年52号のジャンプ感想

2017年
・2017年1号+2,3号のジャンプ感想
・2017年4,5号のジャンプ感想
・2017年6号のジャンプ感想
・2017年7号のジャンプ感想
・2017年8号のジャンプ感想
・2017年9号のジャンプ感想
・2017年10号のジャンプ感想
・2017年11号のジャンプ感想
・2017年12号のジャンプ感想
・2017年13、14号のジャンプ感想
・2017年15号のジャンプ感想
・2017年20号のジャンプ感想
・2017年21、22号のジャンプ感想
・2017年23号のジャンプ感想
・2017年24号のジャンプ感想
・2017年25号のジャンプ感想
・2017年26号のジャンプ感想
・2017年27号のジャンプ感想
・2017年28号のジャンプ感想
・2017年29号のジャンプ感想
・2017年30号のジャンプ感想
・2017年35号のジャンプ感想
・2017年36、37号のジャンプ感想
・2017年38号のジャンプ感想
・2017年39号のジャンプ感想
・2017年40号のジャンプ感想
・2017年41号のジャンプ感想
・2017年42号のジャンプ感想
・2017年43号のジャンプ感想
・2017年44号のジャンプ感想
・2017年46号のジャンプ感想
・2017年47号のジャンプ感想
・2017年48号のジャンプ感想
・2017年49号のジャンプ感想
・2017年50号のジャンプ感想
・2017年51号のジャンプ感想
・2017年52号のジャンプ感想

2018年
・2018年1号のジャンプ感想
・2018年2,3号のジャンプ感想
・2018年4,5号のジャンプ感想
・2018年7号のジャンプ感想
・2018年8号のジャンプ感想
・2018年9号のジャンプ感想
・2018年10号のジャンプ感想
・2018年11号のジャンプ感想
・2018年12号のジャンプ感想
・2018年13号のジャンプ感想
・2018年14号のジャンプ感想
・2018年15号のジャンプ感想
・2018年16号のジャンプ感想
・2018年23号のジャンプ感想
・2018年24号のジャンプ感想
・2018年25号のジャンプ感想+おまけ
・2018年26号のジャンプ感想
・2018年27号のジャンプ感想
・2018年28号のジャンプ感想
・2018年29号のジャンプ感想
・2018年30号のジャンプ感想
・2018年31号のジャンプ感想
・2018年32号のジャンプ感想
・2018年33号のジャンプ感想
・2018年34号のジャンプ感想
・2018年35号のジャンプ感想
・2018年36・37号のジャンプ感想
・2018年38号のジャンプ感想
・2018年39号のジャンプ感想
・2018年40号のジャンプ感想
・2018年41号のジャンプ感想
・2018年42号のジャンプ感想
・2018年43号のジャンプ感想
・2018年46号のジャンプ感想
・2018年47号のジャンプ感想
・2018年49号のジャンプ感想
・2018年50号のジャンプ感想
・2018年51号のジャンプ感想
・2018年52号のジャンプ感想

2019年
・2019年1号のジャンプ感想
・2019年2号のジャンプ感想
・2019年3号のジャンプ感想
・2019年4・5号のジャンプ感想
・2019年6・7号のジャンプ感想
・2019年8号のジャンプ感想
・2019年9号のジャンプ感想
・2019年10号のジャンプ感想
・2019年12号のジャンプ感想
・2019年13号のジャンプ感想
・2019年14号のジャンプ感想+α
・2019年15号のジャンプ感想
・2019年16号のジャンプ感想
・2019年17号のジャンプ感想
・2019年18号のジャンプ感想
・2019年19号のジャンプ感想
・2019年20号のジャンプ感想
・2019年21号のジャンプ感想
・2019年22、23号のジャンプ感想
・2019年24号のジャンプ感想
・2019年25号のジャンプ感想
・2019年26号のジャンプ感想
・2019年27号のジャンプ感想
・2019年28号のジャンプ感想
・2019年29号のジャンプ感想
・2019年30号のジャンプ感想
・2019年31号のジャンプ感想
・2019年32号のジャンプ感想
・2019年33号のジャンプ感想
・2019年34号のジャンプ感想
・2019年35号のジャンプ感想
・2019年36・37号のジャンプ感想
・2019年38号のジャンプ感想
・2019年39号のジャンプ感想
・2019年40号のジャンプ感想
・2019年41号のジャンプ感想
・2019年42号のジャンプ感想
・2019年43号のジャンプ感想
・2019年44号のジャンプ感想
・2019年45号のジャンプ感想
・2019年47号のジャンプ感想
・2019年48号のジャンプ感想
・2019年49号のジャンプ感想
・2019年50号のジャンプ感想
・2019年51号のジャンプ感想
・2019年52号のジャンプ感想

2020年:

・2020年1号のジャンプ感想
・2020年2号のジャンプ感想
・2020年3号のジャンプ感想
・2020年4、5号のジャンプ感想
・2020年6,7号のジャンプ感想
・2020年8号のジャンプ感想
・2020年9号のジャンプ感想
・2020年10号のジャンプ感想ぷらす
・2020年11号のジャンプ感想
・2020年12号のジャンプ感想
・2020年13号のジャンプ感想
・2020年14号のジャンプ感想
・2020年15号のジャンプ感想
・2020年16号のジャンプ感想
・2020年17号のジャンプ感想
・2020年18号のジャンプ感想
・2020年19号のジャンプ感想
・2020年20号のジャンプ感想
・2020年21・22号のジャンプ感想
・2020年23号のジャンプ感想
・2020年24号のジャンプ感想
・2020年25号のジャンプ感想
・2020年26号のジャンプ感想
・2020年27号のジャンプ感想
・2020年28号のジャンプ感想
・2020年29号のジャンプ感想
・2020年30号のジャンプ感想
・2020年31号のジャンプ感想
・2020年32号のジャンプ感想
・2020年33、34号のジャンプ感想
・2020年35号のジャンプ感想
・2020年36、37号のジャンプ感想
・2020年38号のジャンプ感想
・2020年39号のジャンプ感想
・2020年40号のジャンプ感想
・2020年41号のジャンプ感想
・2020年42号のジャンプ感想
・2020年43号のジャンプ感想
・2020年44号のジャンプ感想
・2020年45号のジャンプ感想
・2020年46号のジャンプ感想
・2020年47号のジャンプ感想
・2020年48号のジャンプ感想
・2020年49号のジャンプ感想
・2020年50号のジャンプ感想
・2020年51号のジャンプ感想
・2020年52号のジャンプ感想

2021年:
・2021年1号のジャンプ感想
・2021年2号のジャンプ感想
・2021年3,4号のジャンプ感想
・2021年5,6号のジャンプ感想
・2021年7号のジャンプ感想
・2021年8号のジャンプ感想
・2021年9号のジャンプ感想
・2021年10号のジャンプ感想
・2021年11号のジャンプ感想
・2021年12号のジャンプ感想
・2021年13号のジャンプ感想
・2021年14号のジャンプ感想


ritobasuFC2.jpg
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

……ナニカアルノデスカ?

あやかしトライアングル

・ロシアの雪女


サンタクロースの孫娘とも言われている辺りがお国柄と言うか文化圏を出てますね、ただこれ双子なのかそれとも二重人格なのか……


画楽「とりあえず鬼の手を持つ先生の奥さんが同族と言うか……あっ、旦那さん氷漬けして向かってきますね」
祭里「……そりゃあ掲載紙じゃ同じ妖だしなぁ……」
画楽「炎属性無いのが少々」


これがサンデー掲載なら宇宙規模でしたな……

 今回名前がついた市河助房という人物、調べてみたら高氏の倒幕軍に参じた時「神」と署名していて実は諏訪神党に属してた事が分かりました、とすと三日後諏訪大社が犬追物を開催するという情報を仕入れたのは、元諏訪神党としてのツテを使った可能性がありますね。あと彼の一族は相当筆まめな一族で、かなりの数の文書を残しており歴史研究に大いに役立ってるみたいです。
それにしても歴史マンガはいいですね、自分が知らなかった歴史上の人物の名前を知ってその人物について知るとまた違うことを知ることができるんですから、長く続いてもっと知らない人のことを知ることができたらいいと思ってます。

No Subject

>どれだ?(個人的には②)

「あちしよ、麦ちゃ~ん!」
「ボンちゃ~ん! 生きてたのか~!?」
というのを一瞬想像しましたが、考えてみたら、ボンちゃんはおでんに会った事がないので無理ですね


>大樹が死んだのは一番ショックでした。

大樹はサイヤ人ではなかった

>最初から言われてたように銃火器を復活させたら
ストーンワールドにおいて覇権を握れるってのが良くわかる。

そら司も火薬武器を作れる千空を消そうとしますわ

>流石に全滅エンドってオチは酷いので
ドクターストーン(メドゥーサ)の石化能力で
回復するんだろうなと確信したお話でもありました。

ここまでやられて、アメリカ組とどう落としどころを見つけるのかが気になります
結果的に、全員助かるにしても、司やイバラの時とは被害が比べものになりません
(みんな文字通り一回殺されてる)

No Subject

>ワンピース
なにかとタヌキやゴリラに間違われがちという仕方ないとはいえ不憫なチョッパーでもありますけどねw

最後のおでんの登場には驚いたがはて、真実はどうなのやら

>呪術廻戦
兄は強しとはまさにこのことだったか、

おでんに関して
④血統因子を抽出してのコピー説
を推します

②③はあっても①だけは絶対にないですね
モモノスケがこれまで頑張ってきたのも無意味となるし、仇討ちも無くなる
とかいう視点無視しても
赤鞘達も遺体回収なんて出来なかったから死体確認はされてるし、処刑の前から別人はおでんの性格的にも釜茹でに耐えられるのがおでん以外いるのもない
とあり得ない尽くしですから

Re: ……ナニカアルノデスカ?

>YF-19k(kyousuke) さん
コメントどーも

> ・ロシアの雪女
> サンタクロースの孫娘とも言われている辺りがお国柄と言うか文化圏を出てますね、ただこれ双子なのかそれとも二重人格なのか……

なんかどっかで聞いたことあるなって思ったら
サクラ大戦のマリアさんの必殺技にあった

> 画楽「とりあえず鬼の手を持つ先生の奥さんが同族と言うか……あっ、旦那さん氷漬けして向かってきますね」

ぬらりひょんの孫の幼馴染というパターンも

Re: タイトルなし

>テラ・パーテル さん
コメントどーも

>  今回名前がついた市河助房という人物、調べてみたら高氏の倒幕軍に参じた時「神」と署名していて実は諏訪神党に属してた事が分かりました、あと彼の一族は相当筆まめな一族で、かなりの数の文書を残しており歴史研究に大いに役立ってるみたいです

先人の残したそういう書記があるから、我々は歴史を学ぶことができるんだろうな。
マメに日記を残す人の偉大さが分かる。

> それにしても歴史マンガはいいですね、自分が知らなかった歴史上の人物の名前を知ってその人物について知るとまた違うことを知ることができるんですから、長く続いてもっと知らない人のことを知ることができたらいいと思ってます。

史実故に「先の展開が分かってしまう」って言う部分もありますが、
作者が上手い事アレンジすることで楽しみもありますからね。
あと、最後が明確じゃない人物に関しては好きなように盛れる

Re: No Subject

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> 「あちしよ、麦ちゃ~ん!」
> 「ボンちゃ~ん! 生きてたのか~!?」
> というのを一瞬想像しましたが、考えてみたら、ボンちゃんはおでんに会った事がないので無理ですね

ボンちゃんが抜け出してきたのなら確かに驚きですよ…
個人的にはキツネが化けたんじゃないかと思っています。

> 大樹はサイヤ人ではなかった

まだ死ぬかどうかは分からないが

> そら司も火薬武器を作れる千空を消そうとしますわ

ちょうどアニメでもダイナマイトが出てきた回だったのでタイミング良いなと思いました。

> ここまでやられて、アメリカ組とどう落としどころを見つけるのかが気になります
> 結果的に、全員助かるにしても、司やイバラの時とは被害が比べものになりません

スタンリーやゼノの落としどころは確かに気になりますね。

Re: No Subject

>つっきー さん
コメントどーも

> >ワンピース
> なにかとタヌキやゴリラに間違われがちという仕方ないとはいえ不憫なチョッパーでもありますけどねw

タヌキでもゴリラでもなくトナカイ。
でもワノ国の人からしたら「トナカイって何?」でしょうからね。

> >呪術廻戦
> 兄は強しとはまさにこのことだったか、

ジャンプ作品において「兄」を名乗るやつはだいたい強い

Re: タイトルなし

> おでんに関して
> ④血統因子を抽出してのコピー説
> を推します

コピーだとしたら、カイドウに合わせたとき
絶対「こんなのおでんじゃねぇ」的なめんどくさいファンみたいな
反応ありそうですね。

大寒波で済めば……

せーにんさん

返信どうもです。



あ~原作者が直撃世代だったかも。


夫の負担になるような子は妖でも手加減無し……まあ夫は鬼の手を持つから大丈夫なんでしょう(爆笑

マーベルのサノスという激強ヴィラン。デビルーク星を滅ぼしてたのが判明した模様。因みにサノスは「顔面偏差値至上主義の星」生まれの為、あからさまにイケメン美人だらけのデビルーク星を滅ぼす動機は十分すぎる程にあった。

ONE PIECE
チョッパーの賞金額が極端に低いのは実は敵味方関係なく医者としては働くから世界政府としては実は引き抜きたい人物だからだったりして。と思うくらい今回大活躍。
ローとチョッパーでヒーラー2人いるし下層と上層で分かれたのが配置も上手く回ったと感じました。

ラストのおでんは2か3だとは思いますが、改めて過去話を見ると「油は水に入らない」だとしたら何かしらの高熱耐性がある能力者で、更に銃弾を耐えて油の底に沈んで死亡判定を出させて未来へ飛んだ。
という可能性もあり得そう。

Re: タイトルなし

> マーベルのサノスという激強ヴィラン。デビルーク星を滅ぼしてたのが判明した模様。因みにサノスは「顔面偏差値至上主義の星」生まれの為、あからさまにイケメン美人だらけのデビルーク星を滅ぼす動機は十分すぎる程にあった。

「アンタは存在しちゃいけない生き物だ!」に同意した人多し

> ONE PIECE
> チョッパーの賞金額が極端に低いのは実は敵味方関係なく医者としては働くから世界政府としては実は引き抜きたい人物だからだったりして。と思うくらい今回大活躍。

"政府に対する脅威度"ですから、目に見えて破壊工作をしない船医は評価されにくいのかもしれません。

> ラストのおでんは2か3だとは思いますが、改めて過去話を見ると「油は水に入らない」だとしたら何かしらの高熱耐性がある能力者で、更に銃弾を耐えて油の底に沈んで死亡判定を出させて未来へ飛んだ。
> という可能性もあり得そう。

時間移動という裏技は流石に1回きりだと思いたいが…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8270-3c129549

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード