FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 05. 02

幼なじみが絶対に負けないラブコメ 第3話 感想

osana20210503.jpg

勝利者などいない。


幼なじみが絶対に負けないラブコメ1 (MFコミックス アライブシリーズ)




基本的にウチはストーリーをメインに感想を書いてて
作画に対して触れることはあまりないスタンスなんですけど、
それでも言わせてください…
osana20210429.jpg

ダンスシーンで笑ってしまったのは僕だけでしょうか?


…という前衛的なダンスの話は置いておいて、
話としては3話で一区切りがついたって感じですね。
全員等しく敗北して終わる。という結果になりましたが
ラブコメである以上、結ばれる=終了
みたいなところありますからね…仕方なかったって奴です。
ここまでくると「タイトル詐欺」というよりも
「タイトルで遊んでる」という風にも感じられます。

そんな中で、ただ傍観者だった哲彦くんだけが
ノーダメージで済んでるあたり、
"恋愛とは傍観者ポジションで見守るのが一番
面白いんだよな"
と気付かさせてくれますね。
なんか彼は古き良きギャルゲーの親友ポジション感あって良いですよね。
丸くんの復讐に対しても「逆恨み」だってことを
きっちり言ってくれたのも良かったですし。
そう言いつつも丸くんのことを手助けしてるあたり
腐れ縁的な友情を感じます。

とりあえず自分をかませ犬にしてまで
白の恋路を応援した先輩の株がめっちゃ上がりましたね。
丸くん…悪いけど君じゃ先輩に勝てんわ

noeruFC2.jpg

生きてる限りは負けじゃないから…
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

ちなにに黒羽が告白を断った理由は厳密には
告白されて嬉しくて直前まではOKするつもりが
深層意識の恨みが条件反射的に断ったってのが真相で
いわば己の深層意識に裏切られた形です

なのでこの後自宅で黒羽は自己嫌悪に陥ることになります
私の馬鹿、復讐するなら別の場所、別の機会があったでしょ
なんでよりによってあのタイミング?
白草が有利になっちゃうでしょうが馬鹿か
これじゃハルのこと馬鹿にできない・・・って感じで

No Subject

女の子の内面に潜む怖さや腹黒さがテーマの一つなので
この作品のヒロインは全員黒いです
まあ黒いっていっても非情の鬼にはなり切れない娘ばっかりですけどね

あと先輩と哲男はこれからも終章でたびたび解説役してくれます
てかこの二人はこの作品の探偵役っていってもいいかもです

No Subject

>ここまでくると「タイトル詐欺」というよりも
「タイトルで遊んでる」という風にも感じられます。

まあ、みんな目的を果たしたんだから確かに「負けて」はいませんね
勝手に自滅しただけで

>"恋愛とは傍観者ポジションで見守るのが一番
面白いんだよな"と気付かさせてくれますね。

だからいつの時代になってもラブコメは廃れない
みんな安全圏から他人の恋愛模様を見守りたい

>とりあえず自分をかませ犬にしてまで
白の恋路を応援した先輩の株がめっちゃ上がりましたね。

この作品で一番良い人まである

Re: No Subject

>サク さん
コメントどーも

> 女の子の内面に潜む怖さや腹黒さがテーマの一つなので
> この作品のヒロインは全員黒いです
> まあ黒いっていっても非情の鬼にはなり切れない娘ばっかりですけどね

この作品っていわゆるヒロインが最初から決まっていて安心安全な
弱いオタクに向けて作られた作品とみせかけて、
割とギスギスするヒロインレースを繰り広げるんですね。
やはりタイトル詐欺のように思えてきました。

> あと先輩と哲男はこれからも終章でたびたび解説役してくれます
> てかこの二人はこの作品の探偵役っていってもいいかもです

「先輩と哲男コンビは一番安定してる」って言われそうですね。

Re: No Subject

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> まあ、みんな目的を果たしたんだから確かに「負けて」はいませんね
> 勝手に自滅しただけで

勝者はいない、けど敗者もいないドロー状態

> だからいつの時代になってもラブコメは廃れない
> みんな安全圏から他人の恋愛模様を見守りたい

神の視点で登場人物たちの行動を見守るの楽しいですからね。

> この作品で一番良い人まである

先輩の株買っておいてよかった

No Subject

>>ここまでくると「タイトル詐欺」というよりも
>>「タイトルで遊んでる」という風にも感じられます。

ちなみにタイトルの意味はまだありますお楽しみに

あと親友の哲男君曰く
黒羽ちゃんは良心を捨てることさえ出来れば他の恋のライバルを
1日かからず完全排除できるくらい頭がいいそうです
(黒羽ちゃんは決して良心を捨てられなだろうとも言ってましたが)

Re: No Subject

>サク さん
コメントどーも

> あと親友の哲男君曰く
> 黒羽ちゃんは良心を捨てることさえ出来れば他の恋のライバルを
> 1日かからず完全排除できるくらい頭がいいそうです

良心を捨てれば排除する方法なんていくらでもありますからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8405-3a107ab6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幼なじみが絶対に負けないラブコメ TokyoMX(4/28)#03

第3話 我、初恋復讐完了す 文化祭が始まった。告白祭は最後なので、それまでは暇。丸のクラスは和風喫茶。丸に会いに来た人物が居た。それは昔に遊んだシローだった。役者を辞めて会いにも来てくれなかった。お前の作品に出演すると約束したのは覚えている丸。それが嬉しいシロー。スーちゃん小説家に成れたよ、認めてもらいたくて頑張ったよ。綺麗になろうと頑張ったよ。そのシローは白草だった、正体を自ら明かす。学校...
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード