FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 05. 06

SHAMAN KING 第6話「葉 VS ホロホロ」 感想 #SHAMANKING

horohoro20210506.jpg

夢がホロホロ


SHAMAN KING ~シャーマンキング~ KC完結版(5) (少年マガジンエッジコミックス)


you20210506.jpg

シャーマンファイト予選1回戦
葉とホロホロの戦いが描かれた第6話でした。

実はこの時点における数値的に言えば
巫力的にホロホロの方が上だったので
(初期巫力で言えばホロホロは5人の戦士では2番目に高い)
なんで葉がホロホロに勝てたのかが不思議なんですが、
そこらへんはこの時点で
"純粋な数値だけが勝敗を決める要素ではない"
っていうことを示していたんだと思いますね。
ホロホロの敗因はバカみたいに
技を使いまくったことで巫力を消費したことが原因。

完全版で明かされた設定を考えると
ホロホロ登場回のコロロとのやり取りは切ないですね。
後付けぽい部分でもあるのですが
ちょくちょくコロロがホロホロを気に掛ける描写は
結構あったので最初から存在してた設定だと思うんですよね。
ちなみにまん太を見てコロロが一目ぼれしたのは
あくまで"コロボックルとしての部分で惹かれた"からなので…

結局最後まで浮いた話が無かったホロホロですけど
コロロの事を思うと納得できますし、
後日談のスピンオフ作品でも五大精霊を持っているにも関わらず
コロロのOSを使い続けてるあたりにも愛を感じますね。
(浮いた話が無かった点で言うとリゼルグやチョコラブもそうですし)


次回「そんな勇気」
葉VSファスト戦。
果たしてまん太はお開きになるのか?

prknFC2.jpg

貴重なホロホロの初期戦闘スタイル
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

>純粋な数値だけが勝敗を決める要素ではない
もちろん、どうにもならない差の相手に限っては
正攻法では勝てない相手も存在しますけど、
シャーマンファイトで最も重要なのは心の持ちようですからね。
ホロホロも葉との戦いで迷いはなかったでしょうけど、
常にリラックスしててマイペースな葉にツッコミで振り回されたりと
自分のペースという意味合いでは葉の方が上でしたから、
余ほど圧倒的な差の相手でない限りは
自然体で挑める方が数値以上の実力を出せるのがわかります。

あと、蓮がトップ通過となってますが、
後々の事を考えるとあるシャーマンとその仲間の担当になった
十祭司はまともに審査しなかった可能性もあると思えてきます。
あるシャーマンの実力に限っては試練をするまでもなく、
実力はわかりきっていますからね。
むしろまともに試練行ってたら、もう1人、この段階で十祭司に犠牲者増えてたと思うので。

それと一次予選も次回の対戦相手の事も考慮に入れるとシビアなんですよね。
3戦中に2勝すれば勝ち抜けで1敗だけなら踏みとどまれますが、
これはもちろん、シャーマンファイトの中で死ななければの話、
実際、作中に描写されなかっただけで一次予選1回戦の段階で
相手のシャーマンに殺された参加者も一定数はいると思いますから。
それに死者が出たら、本来、3試合あるはずが人数不足で3試合目が
出来ない参加者もでてきますらね。
まあ、これに関しては死者抜きにしても、
2勝したシャーマンから勝ち抜けなので、
勝ち抜けで抜けたシャーマンの数も減った結果、
3試合目出来ないシャーマンも含まれますけどね。

ちなみに旧アニメだと葉もホロホロも一次予選のルールきちんと確かめなかった為、
3試合中、2勝すれば勝ち抜けできる事(一敗だけなら敗退にはならない)を
試合が終わるまで気づかなかったんですよね。

No Subject

>シャーマンファイト予選1回戦
葉とホロホロの戦いが描かれた第6話でした。

実はこの時点における数値的に言えば
巫力的にホロホロの方が上だったので
(初期巫力で言えばホロホロは5人の戦士では2番目に高い)
なんで葉がホロホロに勝てたのかが不思議なんですが、
そこらへんはこの時点で
"純粋な数値だけが勝敗を決める要素ではない"
っていうことを示していたんだと思いますね。
ホロホロの敗因はバカみたいに
技を使いまくったことで巫力を消費したことが原因。

この時点でホロホロは主人公っぽいですよね
熱血でかっこいし最高だな、もしかしたら葉より人気があるかもしれませんな

>完全版で明かされた設定を考えると
ホロホロ登場回のコロロとのやり取りは切ないですね。
後付けぽい部分でもあるのですが
ちょくちょくコロロがホロホロを気に掛ける描写は
結構あったので最初から存在してた設定だと思うんですよね。
ちなみにまん太を見てコロロが一目ぼれしたのは
あくまで"コロボックルとしての部分で惹かれた"からなので…

結局最後まで浮いた話が無かったホロホロですけど
コロロの事を思うと納得できますし、
後日談のスピンオフ作品でも五大精霊を持っているにも関わらず
コロロのOSを使い続けてるあたりにも愛を感じますね。
(浮いた話が無かった点で言うとリゼルグやチョコラブもそうですし)

コロロとホロホロの関係は切ないよね…確かに
ネタバレになりそうだからあんまり語らないけど
とりあえず本当に少年漫画の主人公っぽく熱血でいい奴なんですね、しかもホロホロのライバルは蓮だしまじで主人公

Re: No Subject

>花月(かづき) さん
コメントどーも

> もちろん、どうにもならない差の相手に限っては
> 正攻法では勝てない相手も存在しますけど、
> シャーマンファイトで最も重要なのは心の持ちようですからね。

数字は絶対ではなく知恵と工夫で何とかなるのが
本作の面白いところです。

> 自然体で挑める方が数値以上の実力を出せるのがわかります。

だからこそ次の戦いではああいう結果になったんでしょうね。

> あと、蓮がトップ通過となってますが、
> 後々の事を考えるとあるシャーマンとその仲間の担当になった
> 十祭司はまともに審査しなかった可能性もあると思えてきます。

流石に蓮がトップなのは後に出てくるキャラたちを考えるとおかしいですから
パッチ族が隠してたか嘘の情報流してたと思います。

> ちなみに旧アニメだと葉もホロホロも一次予選のルールきちんと確かめなかった為、
> 3試合中、2勝すれば勝ち抜けできる事(一敗だけなら敗退にはならない)を
> 試合が終わるまで気づかなかったんですよね。

今作ですと、きちんとまん太が説明してくれましたね。

Re: No Subject

>からららら さん
コメントどーも

> この時点でホロホロは主人公っぽいですよね
> 熱血でかっこいし最高だな、もしかしたら葉より人気があるかもしれませんな

後に作中でも指摘されるけど氷系の技を使うにしては
正確が熱血タイプなんですよね。


> とりあえず本当に少年漫画の主人公っぽく熱血でいい奴なんですね、しかもホロホロのライバルは蓮だしまじで主人公

実はホロホロって葉より蓮の方が仲が良かったりするんですよね。
後に同じチームだったりしますし、大人になっても付き合いがあって
金を借りに行ったりしてましたし。

ホロホロ(あの小さいのニャースか?)
アンナ(まさかあの少年ソーナンス?)
まんた(コジローは出ないの?)

この時点ではショボいのでは?と思うホロホロの夢ですが、コロロの正体を知ったら無茶苦茶泣ける夢なんですよね・・・。
多分この2人の設定は最初から考えていたと思われる設定だけに、完全版があって本当に良かった。

次回の相手はファウスト。改めて旧版を聞いたらロズワール系の演技だったので更に子安節をきかせて来そうな予感。

まんたの開きは尺が無いし夕方だから無いと思うが・・・。

Re: タイトルなし

> ホロホロ(あの小さいのニャースか?)
> アンナ(まさかあの少年ソーナンス?)
> まんた(コジローは出ないの?)

ラブリーチャーミーな敵役が揃いそうですね。

> この時点ではショボいのでは?と思うホロホロの夢ですが、コロロの正体を知ったら無茶苦茶泣ける夢なんですよね・・・。
> 多分この2人の設定は最初から考えていたと思われる設定だけに、完全版があって本当に良かった。

完全版が無かったら永遠にお蔵入りにされていた設定だと思うと
あのタイミングで打ち切ったの本当にひどい。

> 次回の相手はファウスト。改めて旧版を聞いたらロズワール系の演技だったので更に子安節をきかせて来そうな予感。

ファウストの声は当時からかなりハマり役でしたが
あれから多くの作品で経験を積んだ子安さんが演じるのは楽しみです

> まんたの開きは尺が無いし夕方だから無いと思うが・・・。

でしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8415-9b705ebb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード