FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 05. 18

フルーツバスケット The Final 第7話「そうだよ、空っぽだ」感想

furuba20210520.jpg

優しさが救う心もあれば
優しさで壊れる心もある。



フルーツバスケット The Final Vol.1 *BD [Blu-ray]


furuba20210519.jpg

なんかいろいろと衝撃的なラストでした。
鳥の死体が意味深すぎる…
紅野さんは優しすぎたんだと思う。
絆が切れたらあっさり慊人の元を去った紅葉くんや
突き放した紫呉さんと違い最後まで彼女を見捨てなかった。
それが彼女を苦しめるという事も知らず…

ただ100歩譲って慊人さんが可哀そうなのはわかるけど
だからと言って人を刺していいかと言われると絶対にNO!
彼女は狂った家の被害者でもありますが
同時に加害者でもあるわけで、
ここまで一線を越えてしまったのなら
もう手放しに幸福に終われる結末は迎えられそうにないですね。
(そもそもリンちゃんを突き落とした時点でかなりアウト)
せめて自らの罪を受け入れて呪縛から解放されて生きてほしい。

その慊人さんを追い込んでしまったのが
母親である楝さんであることが明らかになりましたが。
男性として扱われていたのは「草摩の跡取りだから」
という理由ではなく単に母親の我儘だったってのは
ちょっと酷いと思いました。
慊人さんの女嫌いは母親に対する嫌悪感が理由なんでしょうね。

慊人さんも楝さんも愛情に飢えていて
「自分のもつ絆こそが本物だと信じて止まない」
「嫉妬深く他者への依存性が強い」

という点が共通していて、
やっぱりあなたたち血の繋がった親子ですよ。


【関連記事】

・フルーツバスケット The Final 第1話「また宴を開こう」感想

・フルーツバスケット The Final 第2話「それこそが、揺るぎない事実」感想

フルーツバスケット The Final 第3話「降ればいいのに」感想

フルーツバスケット The Final 第4話「……ただい…ま」感想

フルーツバスケット The Final 第5話「だって…わかるでしょう?」感想

フルーツバスケット The Final 第6話「なんて、愚かなんだろう」感想

noeruFC2.jpg

本編に全く関わってない燈路くんの呪いが本当にあっさり解けましたね。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

楝も楝だが、晶も晶ですから。
彼の思考は単純で、自分の子供は特別な子=その特別な子を産んだ自分と楝の婚姻は間違っていない、と証明したかっただけ。
でもそれを言わないんだよ。言わないから夫婦がすれ違ったまま、アキトにも「特別だ」とか言い続けて、そう思い込ませた。そしてそれを死ぬ間際に言っちゃったせいで、アキトと楝の対立を決定的になったと思う。
あげく女中達(特に老女)が派閥争いに躍起。アキトに取り巻く環境は最初から詰んでいるとも言える。

Re: No Subject

>三日坊主 さん
コメントどーも

> 楝も楝だが、晶も晶ですから。
> 彼の思考は単純で、自分の子供は特別な子=その特別な子を産んだ自分と楝の婚姻は間違っていない、と証明したかっただけ。

おそらく悪気はなかったんだと思いますけど
妻にも娘にも「呪い」を残して逝ってしまいましたからね。

依鈴もそうですが、杞紗にしたことも同レベルで許されないかと……
潑春と依鈴は既に肉体関係にまで及んでるのに対し、杞紗に関してはただ燈路が「杞紗が好き」と言っただけなのに入院するレベルでボコボコにしましたからね……
誰が誰を好きになろうと自由でしかも付き合ってすらいなかったのに、たったそれだけのことでそこまでの事態にするのはやはり異常だと思います。
燈路が自分のせいだと思ってしまったことや、杞紗に謝罪した場面はとても辛かったですね。

Re: タイトルなし

>通りすがり さん
コメントどーも

> 依鈴もそうですが、杞紗にしたことも同レベルで許されないかと……

女性に対してだけ当たりがきついのは
あの母親の性格が絶対由来なんでしょうね。

> 潑春と依鈴は既に肉体関係にまで及んでるのに対し、杞紗に関してはただ燈路が「杞紗が好き」と言っただけなのに入院するレベルでボコボコにしましたからね……

そしてそれを誰も咎めないのがあの家の異常さを表しています。

> 誰が誰を好きになろうと自由でしかも付き合ってすらいなかったのに、たったそれだけのことでそこまでの事態にするのはやはり異常だと思います。
> 燈路が自分のせいだと思ってしまったことや、杞紗に謝罪した場面はとても辛かったですね。

燈路は謝る必要も罪悪感も持つべきではないことなんですけど…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8457-2b97229e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日見たアニメ二言三言感想 2021/5/18(その1)

おしながき ・不滅のあなたへ #6 私たちの目的 ・フルーツバスケット The Final 第7話 そうだよ、空っぽだ ・蜘蛛ですが、なにか? thread 17 私、なにしてる?

フルーツバスケット Final Season テレ東(5/17)#07

第7話 そうだよ、空っぽだ 夾は帽子を見てトラウマを発動した。幼い頃、透の母、今日子と知り合いだった。親権問題で揉めたがなんとか二人で暮らせている。透は宇宙一可愛いから。夾は母に室内に閉じ込められていた。人に蔑まれ、人を憎んで生きてきた。そうして彼女は自死を選択した。そんな母と今日子の死が重なった。寝込んで夢を見てしまっていた。台所では透と紅葉がハンバーグを調理していた。紫呉は練と話している...

フルーツバスケット The Final 第7話 『そうだよ、空っぽだ』

草摩家に行った際、草摩楝に手を引かれ 話し相手をすることになった草摩紫呉。 草摩楝に唆された草摩依鈴が取ってこようとしたものは 実は、草摩紫呉が草摩楝に教えたことが発端だったのか。 だから、この件の黒幕は草摩紫呉か。 草摩楝の夫であった草摩楝は娘の草摩慊人に 嫉妬していたのか。草摩楝が元使用人だったことが 色々なことに影響しているのか。 業が深いですね。 刃物を持って草...
 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード