FC2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 08. 01

東京リベンジャーズ 第17話 感想


前回のあらすじ:
ribe20210725.jpg

一虎がやばい


東京卍リベンジャーズ(1) (週刊少年マガジンコミックス)


ribe20210801.jpg

実は一虎が盗もうとしていたバイクは
マイキーの兄貴がマイキーにプレゼントする
予定のバイクだったらしく、
まったくもって無駄なことやらかして
いたことが今回判明しました。
それなのにマイキーを逆恨みして
東卍潰そうとしてるあたり
困った…ちょっと理解できない。
そりゃマイキーくんが許せないの分かるよ。


他に今回判明した内容としては…

・場地が芭流覇羅に入ったのは稀咲を調べるため
・ドラケン殺害を企てたのは稀咲
・メビウスは実際稀咲が作ったグループのようなもの
・血のハロウィンに東卍は敗北して芭流覇羅に乗っ取られる
・血のハロウィンでマイキーは一虎を殺害する



タケミチがやること

・場地くんを東卍に連れ戻す
・血のハロウィンでマイキーに一虎を殺させない
・稀咲の野望を食い止める
・東卍のトップになる



ribe20210802.jpg

松野千冬くんという新たな協力者を得て
タケミチの新たな戦いが幕を開ける。
しかし、いきなり「この組のトップになるから」
って言っても特に反論しないどころか喜んでたあたり
あれでマイキーとドラケンのタケミチポイントさらに
高まった感じなんでしょうね。
(やっぱりタケミッチは俺のヒーローだよ…)

noeruFC2.jpg

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

松野千冬はリゼロで言うとオットー&レム&ラムポジの相棒枠

Re: タイトルなし

> 松野千冬はリゼロで言うとオットー&レム&ラムポジの相棒枠

ごめんなさい。
「こいついきなり馴れ馴れしくて怪しいな。
ベクター枠で途中で裏切るな」
って思ってしまってごめんなさい。

No Subject

・稀咲
長内と会った姿を見るに本人はガリ勉的な陰キャなんでしょう、故に人の上に立つ器じゃない、ただ彼は暗躍に特化してる能力なのでどうするか、カリスマリーダーを操ることにしたんでしょう

・千冬
もう2章の3分の一くらいたってやっと登場した相棒
これで大分東卍メンバーとして動きやすくなる

・血のハロウィンでマイキーに一虎を殺させない
一番大事なポイント、ドラケンの死同様確定した過去を変える

原作組がマイキー56せば解決すんじゃねって意見を肯定できない理由

Re: No Subject

> ・稀咲
> 長内と会った姿を見るに本人はガリ勉的な陰キャなんでしょう、故に人の上に立つ器じゃない、ただ彼は暗躍に特化してる能力なのでどうするか、カリスマリーダーを操ることにしたんでしょう

自分から前に出ず裏で支配するタイプ

> ・千冬
> もう2章の3分の一くらいたってやっと登場した相棒
> これで大分東卍メンバーとして動きやすくなる

そもそもタケミチが卍会に正式入会したのも最近ですからね

> ・血のハロウィンでマイキーに一虎を殺させない
> 一番大事なポイント、ドラケンの死同様確定した過去を変える

腕っぷしで止められうわけないから、
そもそも戦わせないっていう選択に持っていくしかないですね。

Re: タイトルなし

> 原作組がマイキー56せば解決すんじゃねって意見を肯定できない理由

マイキーも救ってこそヒーローでしょう

事件に関与した人物から証言取るだけでも稀崎を追い出せそうな気はする
長内の証言だけでも相当なもんだけど、他にも裏取れるのが1つあるし

しかし、自分で手を下さない方がハードル低く感じるけど長内にとっては逆なのか
やはり暴力だけで生きてきたからか?

Re: タイトルなし

> 事件に関与した人物から証言取るだけでも稀崎を追い出せそうな気はする
> 長内の証言だけでも相当なもんだけど、他にも裏取れるのが1つあるし
>
> しかし、自分で手を下さない方がハードル低く感じるけど長内にとっては逆なのか
> やはり暴力だけで生きてきたからか?

おそらく「得体のしれない怖さ」って言うのがあるんでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8680-84930b0a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード