fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 09. 04

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第47話 感想 #ダイの大冒険

reona20210904.jpg

「いざ決戦の地へ」


ドラゴンクエスト ダイの大冒険 4 [Blu-ray]





■バラン再び
baran20210327.jpg

ここにきてようやく再登場した
ダイの父親にして元竜騎将のバラン。
キルバーンによって大魔王バーンの真の目的を
知ったバランは彼を一刀両断するなど
規格外の強さなのは相変わらずであることを見せつけました。
ここからバランも物語に大きく関わって
来ますので活躍にご期待を。
真魔剛竜剣はダイによって折られましたが
自己修復能力によって復活してます。


■いざ決戦の地へ
pop20210904.jpg

修行を終えたダイ達と人類の総力となる軍団が
ついに魔王軍への反撃を開始するために集結。
ここから本格的に人間側VS魔王軍の戦いが展開されていきます。
しかし、ポップさんは自分のことになると鈍いけど
他人の恋心には鋭いからね…ほんとメルルも大変です。

地味に好きなのがロンさんとヒュンケルの会話ですね。
剣を使ったほうが強いのは事実なんですが
それでも槍を使おうとするあたり、
ヒュンケルがラーハルトに対して友情を
感じてるのがよくわかるやり取りでした。
何気にヒュンケルに対するロンさんの好感度も上がったと思う。


■北の勇者ノヴァ
nova20210904.jpg

ダイに次ぐもう一人の勇者。
厳密に言うと活躍してる地方が違うだけで
同じ時間、違う場所で勇者的な活動をしてきた
もう一人の人物ってことになります。
その実力と活躍は次回にて。
ノヴァの声が本当にイメージ通りでした。


■教えて三条先生のコーナー
dai20210725.jpg

今週のダイ好きTVで明らかになった事実

・ダイの剣についてる宝玉は
ロンベルクさんが用意した新品の物

(覇者の冠についてた宝玉を利用したのではなく
あれはただの装飾だったらしい)

・ベタンとアバンストラッシュで撃ち合った場合
近接タイプのBだとアバンストラッシュの負け
遠距離から放つAだとアバンストラッシュの勝ちになるとのこと
互いに得意なレンジの差で明確な強弱は無いみたいな回答でした。

hadora20210822.jpg

次回は「ハドラー親衛騎団」
オリハルコンの戦士たち VS 勇者チームの戦いが描かれます。

emiriaFC2.jpg

親衛騎団の変形シーンがやたら気合入ってた。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

>バラン再び
大魔王バーンの真の狙いを聞き再び動くバラン。相変わらず人間嫌いではあるが地上世界の魔界化は許さないので竜の騎士として動く

>北の勇者ノヴァ
もう一人の勇者。この頃は自信過剰だが実力はあるのでちょっと慢心していた、キャスト蘭でロンさんの隣にあるのは後の展開を考えるとエモい


>ハドラー親衛騎団
襲来してきたハドラー親衛騎団。まさかのチェスピースからの全員変形バンクで驚いた。

No Subject

>ここにきてようやく再登場した
ダイの父親にして元竜騎将のバラン。
キルバーンによって大魔王バーンの真の目的を
知ったバランは彼を一刀両断するなど


バーンの目的は地上の星を魔界するだったのか・・・
地上の星全ての生命体を全滅を企む小物の大筒木イッシキと違ってバーンは大物しか見えないんだよな・・・


規格外の強さなのは相変わらずであることを見せつけました。
ここからバランも物語に大きく関わって
来ますので活躍にご期待を。
真魔剛竜剣はダイによって折られましたが
自己修復能力によって復活してます。

流石バランだな 今後息子と共闘して戦うからね


No Subject

>親衛騎団の変形シーンがやたら気合入ってた
合体するんじゃないかと錯覚した。

Re: No Subject

>電子の海から名無し様 さん
コメントどーも

> >バラン再び
> 大魔王バーンの真の狙いを聞き再び動くバラン。相変わらず人間嫌いではあるが地上世界の魔界化は許さないので竜の騎士として動く

この時点で既にバーンを倒すことを決めてたんだろうな。

> >北の勇者ノヴァ
> もう一人の勇者。この頃は自信過剰だが実力はあるのでちょっと慢心していた、キャスト蘭でロンさんの隣にあるのは後の展開を考えるとエモい

ノヴァは最後まで読めば間違いなく「もう一人の勇者」だと思える存在ですね。

> >ハドラー親衛騎団
> 襲来してきたハドラー親衛騎団。まさかのチェスピースからの全員変形バンクで驚いた。

あのシーンにリソース割いたのがよくわかる気合の入れっぷりでした

Re: No Subject

>からららら さん
コメントどーも

> バーンの目的は地上の星を魔界するだったのか・・・

その理由も結構重いので終盤まで株の落ちないラスボスです

> 流石バランだな 今後息子と共闘して戦うからね

それは今後のお楽しみに

Re: No Subject

>三日坊主 さん
コメントどーも

> >親衛騎団の変形シーンがやたら気合入ってた
> 合体するんじゃないかと錯覚した。

…やばい、見てみたい

キルバーン、戦闘力はそんなに高いと思えないんですよね
搦め手とかトラップとかが強力な知能派ってイメージで

ヒュンケルは剣の腕は同格という事は、それと魔法通用しなくても良い勝負だったハドラーも決して魔軍司令に足りないってわけじゃなかったって事ですかね?

Re: タイトルなし

> キルバーン、戦闘力はそんなに高いと思えないんですよね
> 搦め手とかトラップとかが強力な知能派ってイメージで

キルバーンは実際直接的な戦闘力より
絡め手が得意なタイプですから、
それが通用しない相手、もしくは頭脳を持って罠を
突破してくる相手には弱い。

> ヒュンケルは剣の腕は同格という事は、それと魔法通用しなくても良い勝負だったハドラーも決して魔軍司令に足りないってわけじゃなかったって事ですかね?

実際ハドラーは弱いわけじゃないですからね。
あくまでメンタル的な問題があったのと、
相手が竜の騎士というチート相手だから総体的に弱く見えただけ。

No Subject

>キルバーンによって大魔王バーンの真の目的を
知ったバランは彼を一刀両断するなど
規格外の強さなのは相変わらずであることを見せつけました。

こんなのを暗殺してこいとかバーン様も無茶を言いなさる
まさに藪をつついてドラゴンが動く

>親衛騎団の変形シーンがやたら気合入ってた。

これは親衛騎団の変形する玩具が出ますね

Re: No Subject

>通りすがりの幻想殺し さん
コメントどーも

> こんなのを暗殺してこいとかバーン様も無茶を言いなさる
> まさに藪をつついてドラゴンが動く

真魔剛竜剣が復活してるの知らなかったわけですから
行けると思ったのでは?
まぁ…剣が無くても竜魔人化したら太刀打ちできなさそうだけど

> これは親衛騎団の変形する玩具が出ますね

フィギュア出そう

今更だけど、原作の時も違和感はあったのだがポップの初期の逃げ癖についてレオナが言う所
レオナ合流以後で逃げたのって、演技だったバラン戦だけで実際は未体験では?
ダイやマァムは魔の森で複数回+クロコダインでそこそこ経験してますけど

Re: タイトルなし

> 今更だけど、原作の時も違和感はあったのだがポップの初期の逃げ癖についてレオナが言う所
> レオナ合流以後で逃げたのって、演技だったバラン戦だけで実際は未体験では?
> ダイやマァムは魔の森で複数回+クロコダインでそこそこ経験してますけど

そこはダイやマァムにこれまでの戦いについて
聞いてたのではないだろうか?っと予想しておきます。

No Subject

大魔王バーンは本当に風格と実力、
壮大なスケールの野望を持つ
素晴らしいラスボスですね。

今回バーンの目的が明かされる回ですが、
当時地上を消し去ってしまうというものだったとは
衝撃でしたね。
考えてみれば人間を抹殺しようとする、制圧した国々には
占領をしていない。地上の富や資源に無関心だった。

そして妙に魔王軍の統率がいい加減で軍に対し
お遊戯感覚なのもこういった伏線があったように思えます。

そしてアバンやバランといった実力者をしっかり警戒できる
用心深さも厄介。
しかし今回はそれが大きな災禍で帰ってくるとは、大魔王も
思いもしなかったのだった・・・

Re: No Subject

>TT さん
コメントどーも

> 大魔王バーンは本当に風格と実力、
> 壮大なスケールの野望を持つ
> 素晴らしいラスボスですね。

悪役としても戦う理由が理解できるという点でも偉大な存在でした。

> そしてアバンやバランといった実力者をしっかり警戒できる
> 用心深さも厄介。
> しかし今回はそれが大きな災禍で帰ってくるとは、大魔王も
> 思いもしなかったのだった・・・

強者には最大の敬意を表して正面から戦うあたりも評価が高い点ですね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8762-8df099de

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード