fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 09. 24

ひぐらしのなく頃に 卒 第14話 感想 #ひぐらし卒

eua20210924.jpg

神楽し編 其の参


ひぐらしのなく頃に業 其の壱《 通常版 》 [Blu-ray]


higurasi20210925.jpg

バトルアニメだこれーー!!

今週は梨花と沙都子が30分間ひたすら戦ってた回でした。
沙都子の戦闘力相変わらずパネェなって思いながらも
梨花ちゃんの戦闘力もどんどん上がって行って
最終的にはフォームチェンジしたり
オーラを出したり、武空術を使いながら
空中戦を繰り広げたり…ほぼドラ●ンボールだよね。

もうね…今までの考察とか予想とか
どうでもよくなるくらいの超展開で終始笑いまくっていました。
俺、エウアさんの気持ちがわかったわ。

higurasi20210924.jpg

場面をコロコロ変えつつ二人が争うシーンは
シンエヴァのゲンドウVSシンジを思い出しました。
こいつらいつの間にマイナス宇宙に行ったんだ…
分校の屋上で戦うのは罪滅ぼし編の
圭一VSレナ戦のオマージュだったんでしょうね。

rika20210924.jpg

戦いの最中、沙都子に対して視聴者が思ってたことを
梨花ちゃんが全部ぶちまけてくれたのは
非常にすっきりしました。
「高校生にもなって勉強くらい自分でやりなさいよ」
至極ごもっともだと思いましたよ。
ただ、これまで自分を殺し続けた沙都子に対して
「それでも一緒にルチーアに行きたい!!」
って思っているあたり、梨花ちゃんの愛も重いですよね。

両想いだけど目指すべき場所が全く異なる
二人の最高の泥仕合、

それがひぐらしのなく頃に業卒という物語でした。


来週ついに最終回。
一応予想しておくと

・互いに妥協案を提示して沙都子と梨花が和解
・エウアさんは満足したから勝ち逃げみたいな感じで消滅
・高校生になった梨花と沙都子がそれぞれ別々の道を歩みだす所で終了


本作は梨花と沙都子が互いに共依存の関係だったことが
全ての発端だったようなものなので、
それを終わらせて未来へ歩みだすのが物語としての
ケジメになるんじゃないかと予想します。
…まぁ外れるんでしょうが。

emiriaFC2.jpg

OPで散々「バトルアニメしてる」って言われてたけど
本当にバトルアニメになるとは…
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

能力バトルもうみねこのお家芸でしたね

No Subject

なんかこれまで沙都子の扱いどうするんだ。これだけやって許すのか、許されないのか、梨花の対応は?
……とか色々考えていたんですが、今回のドラゴンボールを見て色々とどうでもよくなりましたw

もうダメだw最後までこの勢いで行って笑わせてくれw

No Subject

結局、ひぐらし業&卒という作品で圭一たちは沙都子と梨花の壮大過ぎるはた迷惑な百合喧嘩に巻き込まれただけのただの被害者だったんですね……

No Subject

梨花と沙都子バトルアニメ突入した結果部活メンバーはほぼ空気になって残念 先週圭一に何かあると思っていたのに…結局何もなかった

梨花と沙都子は仲良く殺し愛しているけど、ひぐらしの設定だと死んで当人の意識は別のカケラにループしても、元の世界はそのままで続くんだよなぁ

圭一やレナ、園崎姉妹は二人が死んだ世界で何があったのか、自分たちに何かできることはなかったのかと苦しみ続ける事になるのを二人は理解しているのか

ひぐらし礼で竜騎士氏は羽入に命のやり直しなんて間違いだった、もう世界はループさせないとか言わせておいてこれはどうなのか

No Subject

≻超展開で終始笑いまくっていました
まさかOPのバトル描写がイメージではなく伏線だったとは思わなんだ。エウア→悲劇が喜劇にしか見えない視聴者代弁、羽入→困惑しながらも奇跡(いい最終回)を信じる視聴者代弁、レナ→こんなの意味が分からないよ!と頭を抱える視聴者代弁に見えたw

≻梨花ちゃんが全部ぶちまけてくれた
沙都子勉強しろよ!とツッコんでくれた梨花ちゃん。猫騙しの時は物理的にしか腹を割られなかったけど今回は精神と肉体的にも腹を割って話し合えて泥試合になれた感ありましたね…半分は今まっで好き勝手にされた恨みも込めてそう

≻高校生になった梨花と沙都子がそれぞれ別々の道を歩みだす所で終了
業・卒を反転すると卒業になるのでこのアニメの纏めとしては一番しっくり来るパターンだが…果たしてどの様な結末やら。

No Subject

ひょっとして旧作と同じでオヤシロ様は視聴者の代弁者で
エウア=愉悦部の視聴者ポジ
羽入=それ以外の視聴者ポジ
でしょうか?

No Subject

>最終的にはフォームチェンジしたり
オーラを出したり、武空術を使いながら
空中戦を繰り広げたり…ほぼドラ●ンボールだよね。

煌の魔法少女ネタはこの伏線だった・・・?

>俺、エウアさんの気持ちがわかったわ。

愉悦部へようこそ

>「高校生にもなって勉強くらい自分でやりなさいよ」は
至極ごもっともだと思いましたよ。

まあ、沙都子が本当に言いたいのは、「あんたの夢に付き合って身の丈の合わない学校に入ったんだから、親友なら常に私を一番に扱ってよ!」という事でしょうけどね
もちろん梨花は沙都子の母親じゃないので、親友とはいえ常に一番に扱えというのは無理な話ですが
(でも梨花ちゃまも強引にルーチアに誘うのはどうかと思う)


>ただ、これまで自分を殺し続けた沙都子に対して
「それでも一緒にルチーアに行きたい!!」
って思っているあたり、梨花ちゃんの愛も重いですよね。

なんで梨花ちゃまはそこまでルチーアに拘るのかが、よくわかんないですけどね
そんなにお茶会が気に入ってたのか・・・・・・

Re: タイトルなし

> 能力バトルもうみねこのお家芸でしたね

もはや半分ぐらいうみねこ

Re: No Subject

> なんかこれまで沙都子の扱いどうするんだ。これだけやって許すのか、許されないのか、梨花の対応は?
> ……とか色々考えていたんですが、今回のドラゴンボールを見て色々とどうでもよくなりましたw

視聴者全員思考を放棄して「考えるな、感じろ」になったわけですから
非常にすっきりする回だったと思います。

Re: No Subject

> 結局、ひぐらし業&卒という作品で圭一たちは沙都子と梨花の壮大過ぎるはた迷惑な百合喧嘩に巻き込まれただけのただの被害者だったんですね……

OPの雛見沢四天王的なシーンで「加害者面するな!」って言われてますからね…
最初から最後まで徹頭徹尾被害者でした

Re: No Subject

> 梨花と沙都子バトルアニメ突入した結果部活メンバーはほぼ空気になって残念 先週圭一に何かあると思っていたのに…結局何もなかった

梨花と沙都子がメインで他のメンバーはほとんど空気でしたね…

Re: タイトルなし

> 梨花と沙都子は仲良く殺し愛しているけど、ひぐらしの設定だと死んで当人の意識は別のカケラにループしても、元の世界はそのままで続くんだよなぁ

猫騙しの後とか部活メンバー滅茶苦茶きまずいだろうな…
本屋の店主さんも悲惨

> 圭一やレナ、園崎姉妹は二人が死んだ世界で何があったのか、自分たちに何かできることはなかったのかと苦しみ続ける事になるのを二人は理解しているのか

理解はしているんでしょうけど…
沙都子的には最終的にたどり着く世界が本物の世界で
他の世界は偽物みたいな感覚なんでしょうね。

Re: No Subject

>電子の海から名無し様 さん
コメントどーも

> まさかOPのバトル描写がイメージではなく伏線だったとは思わなんだ。

となると圭一たちの悪人顔も最終回で出てくるのかな?

> ≻梨花ちゃんが全部ぶちまけてくれた
> 沙都子勉強しろよ!とツッコんでくれた梨花ちゃん。猫騙しの時は物理的にしか腹を割られなかったけど今回は精神と肉体的にも腹を割って話し合えて泥試合になれた感ありましたね…半分は今まっで好き勝手にされた恨みも込めてそう

ようやく本当の意味で本音で語り合えたんですよね…

> 業・卒を反転すると卒業になるのでこのアニメの纏めとしては一番しっくり来るパターンだが…果たしてどの様な結末やら。

梨花からの卒業、沙都子からの卒業、
そして雛見沢からの卒業


Re: No Subject

> ひょっとして旧作と同じでオヤシロ様は視聴者の代弁者で
> エウア=愉悦部の視聴者ポジ
> 羽入=それ以外の視聴者ポジ
> でしょうか?

となると自分は確実に前者ですね。

Re: No Subject

>通りすがりの幻想殺しさん
コメントどーも

> 煌の魔法少女ネタはこの伏線だった・・・?

ソシャゲがバトルものなのもそういう…

> 愉悦部へようこそ

曇らせ展開が好きな時点で自分は愉悦部員だという事を理解しています。

> まあ、沙都子が本当に言いたいのは、「あんたの夢に付き合って身の丈の合わない学校に入ったんだから、親友なら常に私を一番に扱ってよ!」という事でしょうけどね

子供か!って思うけど、子供でしたね。
100年経っても精神年齢だけは変わらなかったお二人の泥仕合でした。

> なんで梨花ちゃまはそこまでルチーアに拘るのかが、よくわかんないですけどね
> そんなにお茶会が気に入ってたのか・・・・・・

正直そこがいちばんよくわからない

No Subject

漫画の方はひぐらしのなく頃に巡になるですね
アニメとは違う結末見たい

No Subject

開幕バトルのゴングそれは一発の銃声から

繰り返す者二人のバトル(惨劇)DBのオーラを出しての空中戦だったり場面を移し替えてのエヴァバトルだったりエウアじゃなくても堪能できました。

月夜の校舎屋根でのひぐらし伝家の宝刀悟志のバットVSレナの鉈で殴り合い斬り付け合い血みどろの戦いは作画に気合はいってましたね。

本音でころしあった二人におこせる「奇跡」が最後の鍵ですね。ある種のハッピーエンドを期待したいのですが。オヤシロブレードいい方向に働いて欲しい・・・。

二人が起こすであろう「奇跡」に満足してエウアは消えるが妥当でしょうね。かなり堪能してましたし。

梨花がお茶会を楽しむのはうみねこのベルンカステルが好きだからかと。かたやお茶会みたいな堅苦しいのを嫌うのがラムダデルなので二人の構図はここからきてると思います。

雛見沢の人間で外で青春した例がルチーアだけってのが、ルチーアに固執する理由の1つじゃないですかね?
あと雛見沢も呪いさえなければ好きだったから、閉鎖的で都会でない学校を選んだとか

沙都子は雛見沢に縛り付けるのに、良い所ではなく呪いという「そりゃ誰でも逃げたくなるわ」って部分で心をへし折りに来てる時点で、沙都子によく固執出来るなと
あんなの折れるまでは余計に逃げたくなるだけなのにずっと仕掛けてきた邪悪の権化と化した相手に

Re: No Subject

>からららさん
コメントどーも

> 漫画の方はひぐらしのなく頃に巡になるですね
> アニメとは違う結末見たい

アニメとは違う視点で各欠片を回るのか
それとも全く新しい欠片なのか

Re: No Subject

>怪傑ズパック さん
コメントどーも

> 繰り返す者二人のバトル(惨劇)DBのオーラを出しての空中戦だったり場面を移し替えてのエヴァバトルだったりエウアじゃなくても堪能できました。

き、きっとイメージ映像で実際は二人で殴り合ってるだけだと信じたい
(ひぐらしの描写を簡単に信じてはいけない)

> 月夜の校舎屋根でのひぐらし伝家の宝刀悟志のバットVSレナの鉈で殴り合い斬り付け合い血みどろの戦いは作画に気合はいってましたね。

ナタ使いの第一人者のレナさんならともかく
梨花ちゃんはあの細腕であのサイズのナタたを良く振り回せますよね

> 本音でころしあった二人におこせる「奇跡」が最後の鍵ですね。ある種のハッピーエンドを期待したいのですが。オヤシロブレードいい方向に働いて欲しい・・・。
> 二人が起こすであろう「奇跡」に満足してエウアは消えるが妥当でしょうね。かなり堪能してましたし。

エウアさん、このまま消滅したとしても「満足したぜ」って顔で消滅しそうなんですよね。

> 梨花がお茶会を楽しむのはうみねこのベルンカステルが好きだからかと。かたやお茶会みたいな堅苦しいのを嫌うのがラムダデルなので二人の構図はここからきてると思います。

もはや根本レベルで相性が悪い二人だけど、両想いという地獄のような構図

Re: タイトルなし

> 雛見沢の人間で外で青春した例がルチーアだけってのが、ルチーアに固執する理由の1つじゃないですかね?
> あと雛見沢も呪いさえなければ好きだったから、閉鎖的で都会でない学校を選んだとか

最悪ルチーアじゃなくても雛見沢から離れればそれでいいと思ってそうだけど
一度甘い汁を啜ってしまったが故にルチーアに拘るようになってしまったのが
梨花ちゃんの悲劇の始まり。

> 沙都子は雛見沢に縛り付けるのに、良い所ではなく呪いという「そりゃ誰でも逃げたくなるわ」って部分で心をへし折りに来てる時点で、沙都子によく固執出来るなと
> あんなの折れるまでは余計に逃げたくなるだけなのにずっと仕掛けてきた邪悪の権化と化した相手に

どちらも悪手を打ち続けたってことなんでしょうね

No Subject

>>バトルアニメだこれーー

ですね
でも映像見ないで音声だけ聞いたら百合カプの喧嘩アニメですね

Re: No Subject

> >>バトルアニメだこれーー
>
> ですね
> でも映像見ないで音声だけ聞いたら百合カプの喧嘩アニメですね

沙都子と梨花の痴話げんかに巻き込まれる雛見沢のお話でした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8816-f97600cd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード