fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2021. 11. 11

SHAMAN KING 第31廻「恐山ル・ヴォワール deux2」 感想 #SHAMANKING

shaman20211111.jpg

人の心が産みしモノ。


【Amazon.co.jp限定】TVアニメ「SHAMAN KING」Blu-ray BOX 1(初回生産限定版)(複製原画5枚セット付き)



今回は葉とアンナの出会いが描かれる
「恐山ル・ヴォワール編」の第2話。
アンナの秘密、鬼の脅威、そしてマタムネの過去が
明らかになったお話でした。


■葉
you20211111.jpg

まだ何物でもない少年。
これまでの葉ってユルイ感じで
滅多に動じないキャラとして描かれていましたから
何にでも動揺する彼の姿は
結構新鮮に映りますね。
小学生が命のやり取りしてるわけですから
当然とも言えますが…同じぐらいの年齢で
神クラスのシャーマンになってる子もいるんだよな…
アンナとは最悪の出会い方をしたわけですが
ここから数日で自ら「嫁」を自称するくらい
好感度を稼ぐんだから本当に凄いですね。


■アンナ
anna20211111.jpg

人の心が読める少女。
何故幼少期の彼女がああまで人を拒絶するのかが
説明されたのですが、
実際人の心なんて見えない方が良いですからね。
読心能力は能力としてはかなり強力なものですが
デメリットの方が大きい気がするんですよね。
人混みの中に入った時とか心の声五月蠅すぎて狂うと思います。

アンナさんって放置しておいたら
確実に第2のハオになりかねない存在
だったと思うんですよね。
この話はアンナを葉が救う話と同時に
「ハオを救えるかもしれない」という
可能性を見出すまでのお話でもあったんだと感じます。


■マタムネ
matamune20211111.jpg

ハオを慕いながらハオを倒した猫又。
今回の話で「マタムネはかつてシャーマンファイトにおいて
パッチ族に転生したハオを倒した存在」

「生前ハオに拾われた猫だった」という事が判明します。
おそらくハオにとって最大の理解者で、
ハオの優しさや寂しさを知っているからこそ
彼を止めるために行動できる唯一の存在。

葉のOSが刀をイメージしたものなのも
マタムネの影響が大きいんだと思います。
(侍を持ち霊にしたのは偶然だと思いますが)

prknFC2.jpg

土産屋のおっさんお活躍にこうご期待。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

No Subject

正直、ポンチとコンチの名前を逆さまに言う展開は、
規制とかでセリフ変わると思っていたので、
普通にピー音すらなく、堂々とあの台詞がでた事にびっくりです。

葉は基本的に緩いので、ここまで感情的なのは本当に珍しいですよね。
まだまだ未熟な頃だからこその喜怒哀楽と言えます。
でも、緩いと言う本質は今も昔も変わらないのが葉です。
憎むとかそう言う感情持ち続けるのは辛いって価値観はわかりますが、
実際、そういう負の感情を背負わないと言うのは難しい事です。
辛いとわかっていても許せない、憎しみ、憎悪といった感情は人間にあり、
緩く穏やかにするのはそう簡単な事じゃないですからね。

Re: No Subject

>花月(かづき) さん
コメントどーも

> 正直、ポンチとコンチの名前を逆さまに言う展開は、
> 規制とかでセリフ変わると思っていたので、
> 普通にピー音すらなく、堂々とあの台詞がでた事にびっくりです。

うん、自分もまさか原作そのままだとは思ってもいませんでした。
しかも2回も言ったぞ林原閣下

> 葉は基本的に緩いので、ここまで感情的なのは本当に珍しいですよね。
> まだまだ未熟な頃だからこその喜怒哀楽と言えます。

ここでの経験があったからこそ
何事にも動じないメンタルが鍛えられたのかもしれません。

No Subject

>葉
ゆるさがない葉は貴重ですね

>アンナ
アンナの両親って未だに明かされていないですよね
噂だと 閻魔大王の娘言われているようですね

>マタムネ
主であるハオのこと理解していたはずなのに結局抹〇する道を歩んでしまった その事後悔して未だに成仏は出来ない そして葉達の先祖の葉賢もハオを抹〇したことで地獄に落ちてしまった

NHK「安心しろ!岸辺露伴は動かないで○チ○ソヤローを解禁した!大抵の言葉はなんとかなる!」
林原さんに「ちん○とちん○」を言わせたのもすごい。
お土産のオッサンはCV大友龍三郎だけで活躍するのが分かるレベルですね。クロコダイルの人ですし。
今回だけでマタムネ役がドフラミンゴな為元七武海が二人もいる状況に。

麻倉葉王役は七海ひろきさん。元宝塚トップスターにして、声優デビュー後は何故かノブナガがタイトルに付き、ノブナガが登場する作品では高確率で出てくる声優兼女優です。・・・この作品ノブナガいないのですが何故出てきた!?

まだ葉が普通の少年感が残っている話でした。本当に本編では年の割に達観しすぎてますし。

Re: No Subject

>からららら さん
コメントどーも

> >葉
> ゆるさがない葉は貴重ですね

葉のユルさはあるいみここで生まれたとも言えますからね。

> >アンナ
> アンナの両親って未だに明かされていないですよね
> 噂だと 閻魔大王の娘言われているようですね

アンナの正体に関しては結局明かされませんでしたが、
明かされなくていいんだと思います。
ただ、鬼の素養の方は息子に大きく受け継がれたみたいですね

> >マタムネ
> 主であるハオのこと理解していたはずなのに結局抹〇する道を歩んでしまった その事後悔して未だに成仏は出来ない そして葉達の先祖の葉賢もハオを抹〇したことで地獄に落ちてしまった

何気にこの時に名前として出てきた葉賢が終盤で重要人物になるとはね

Re: タイトルなし

> NHK「安心しろ!岸辺露伴は動かないで○チ○ソヤローを解禁した!大抵の言葉はなんとかなる!」
> 林原さんに「ちん○とちん○」を言わせたのもすごい。

林原閣下に容赦なく言わせおったぞこの作品…

> まだ葉が普通の少年感が残っている話でした。本当に本編では年の割に達観しすぎてますし。

ここから3年ぐらいであの域に達するんだから凄い

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/8948-b5e8cd46

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード