fc2ブログ

せーにんの冒険記

プロフィール

せーにん

Author:せーにん
この度、14歳になりました。

冒険したい。

 

最近の記事

 

最近のコメント

 

最近のトラックバック

 

月別アーカイブ

 

カテゴリー

 

FC2カウンター

 

ブロとも申請フォーム

 

2009. 01. 20

テイルズオブハーツ クリア感想

テイルズ オブ ハーツ アニメムービーエディション(特典無し)テイルズ オブ ハーツ アニメムービーエディション(特典無し)
(2008/12/18)
Nintendo DS

商品詳細を見る


結局クリアに一か月もかかってしまいましたが
ようやく終わりました、隠しダンジョンやら
隠し援護キャラやらはまだ出してないので
とりあえずラスボスを倒してエンディングを見ただけの感想です。

(以下ネタバレあり) 今度はCGだ!
(俺はアニメーションエディションですが)
ということで発売したテイルズオブハーツ
最初予約特典のあまりの頭の悪さに苦笑するしかなかったですが
プレイしてみればDSとは思えないほどのボリュームと内容で結構楽しめました。

戦闘は攻撃回数の制限がなくなりEGが続く限り攻撃できるため
コンボがやりやすくなった反面、敵のHPが増大化し
色違いの敵との戦闘では全滅間近まで追い詰められることもあり
バランスは取れていたと思う。
ただ相変わらずボタン連打で勝てるんですが
まぁそこは所詮アクションゲームではなくRPGだと思えば問題ない
また戦闘に参加していないキャラが援護できたりするのが特徴的
なにより俺は2Dのテイルズの方が好きだからなぁ

イノセンスの時とは違ってちゃんとダンジョンにギミックがあって
楽しかったけど、スピルメイズや街道の移動はちょっと微妙だったかも
どうせなら最初からエンカウント有のフィールドにすればよかったのになぁ
それだけが残念です。

話の方はちゃんと題材通りスピリアという
設定を活かしつつ上手くまとまっていました。
前半はちょっと微妙なところがありますが
中盤以降のシナリオは素晴らしかった
人によっては退屈に感じてしまうかもしれませんが
こういうは最初から最後まで明確な目的のために
真っ直ぐ突き進んでいくという王道展開は
少年漫画好きとして非常に燃えるし、懐かしくも思えた
特に最期の『いばらの森の眠り姫』には思わず感涙
年を取ると無駄に涙腺が緩くなってくるな…



それでは恒例の各キャラ感想

<パーティーキャラ>

■シング・メテオライト (CV:シモン)
sing01.jpg

3作連続で主人公が人格変貌かよバンナムよぉ!
(管理人はヴァスペリアをプレイしていません)
気弱でもDQNでもない久しぶりの王道熱血系主人公
序盤こそ少し卑屈なところがあり、中盤ではヘタレてしまいますが
序盤の"自分の罪に対する意識"と"中盤の挫折"を描いたからこそ
俺の中でシングの評価は上がったんだと思います。
やっぱり好きですねこういうやたら無鉄砲で考えなしで底なしのお人よしな熱血バカは(爆)

でも君はいろんな意味で無茶しすぎだぞ
心臓が止まったときなんか「え、もしかしてクロトリパターン?」
と思ってしまったし、リチアを助けるため飛び降りたり時は呆れを通り越して爆笑
やっぱり馬鹿は死ななきゃ治らないとはよく言ったものだ
恋愛に関してはずっとコハクに一直線(ベリルカワイソス)
むしろ歴代主人公の中でも特に恋愛への意識が強いように思えました


■コハク・ハーツ (CV:南夏奈)
kohaku01.jpg

あの主人公にしてこのヒロインありかと思うくらい
いろいろと無茶しすぎなヒロインでした
特に"あの拷問シーン"はヒロインのやる仕事じゃないと思う(苦)
序盤からパーティにいるけど戦闘に参加できるのはかなり遅め
感情がなくなったり、高所恐怖症だったり、ミソマニアだったり、
方言で喋ったり、いろいろあったけど上記の無茶シーンがたたって
イマイチ萌えない…(むしろ前半のスピリア損失状態の方が一番良かったような…)

でも最後の『ケーキ入刀斬(命名俺)』は見てて思わず爆笑
あれだな古今東西、流派東方不敗に勝る力はないということか


■ヒスイ・ハーツ (CV:霧寺メイ)
hisui01.jpg

コハクとヒスイと聞くとあの姉妹を思い出します。
序盤で「ウチの妹に手を出したら殺すぞ」
とか言ってたオープンシスコン魔人だったが
中盤以降は自身がリチアのことを気になってきて
それどころではなく、結局コハクとシングの中を認めるようになる
(まぁ相手があのシングじゃ半分あきらめだろうなぁ…)
序盤こそはシスコン以外は目立たない人だったが
中盤以降リチアの秘密を知ったことにより物語に大きく関わってくる
むしろ終盤の活躍っぷりを見ると
テイルズオブハーツ陰の主役はヒスイなんじゃないかと思ってしまう


■イネス・ローレンツ (CV:リナリー・リー)
inesu01.jpg

説明おばさんではなく怪力おばさん
何かと超でかい人
テイルズシリーズには必ず一人はいる胸の大きなセクシー美女担当だが
やたら大食漢で酒豪、おかげでお腹の肉もやばいらしく
『プニプニのタプタプ』という不名誉な称号まで手に入れる

シリーズ恒例の○○○キャラだが案外あっさりしてた気がします
でもその時のシングの勇士はやたらカッコ良かった
ちなみにいつの間にかヒスイとシングにソーマの代金を
踏み倒されてるのだが、本人は気付いているのだろうか?

実はあえて見て見ぬふりをしてるのに一票


■ベリル・ペニト (CV:撲殺天使)
beriru01.jpg

これで18歳!ありえねぇ!
なるほどこれが合法ロリということか…ゴクリ
まぁ年齢と見た目の最大のギャップキャラはすでに
プレセアちゃん(28)がいるが、この人は見た目以上に行動がお子様
それでいてきちんと『恋する乙女』をやってるんだから驚きだ
なんか最後の最後まで自信無さげにしてるたが
最終的には自ら身を引いてコハクの背中を押してあげるなど
意外と空気の読める常識人だったりする。
何気に隠し秘奥儀があるらしく、プレセアといいアニスといい
やっぱりロリキャラは優遇されやすいみたいだ


■クンツァイト (CV:カフカ・サンビーム)
kuan01.jpg

最初は目的のためなら手段を問わない冷酷な機械兵だったが
シングのノーテン菌に中枢回路をやられて
終盤では立派な熱血キャラになってしまう
痛みを感じないロボットのためか何かと弄られ役で
特にリチアやコハクからの扱いが酷いような…
相手のスリーサイズやらキック力を図れるどうでもいい機能が付いている
しかしどうして人間って奴はロボットに"心"を求めるんでしょうか?


<非戦闘員>
アガーテやクレアやイオンと同じで戦闘は行わないけど
パーティにはついてきてスキットには参加するメンバー


■リチア (CV:田村ひより)
ritia01.jpg

本作の最重要キャラ、途中からパーティにくっついてくる
やたら自虐することが大好きな本作のキャラの中でも
最強の自虐プレイヤー
イネスにも勝るとも劣らない大食いキャラで体重のことだけはタブー
外見はロリだが実年齢は2000歳を超える
彼女こそ本当の合法ロリ、むしろロリババァ


■カルセドニー (CV:ティエリア・アーデ)
karu01.jpg

絶望した、カルが仲間にならないことに絶望した!
結晶騎士団の若き隊長で姫に忠誠心を持っているなど
なんかリオンやミルハウストに似た設定のライバルキャラだが
なんだかんだで歴代テイルズのライバルキャラの中で
一番主人公と仲良くなった奴なんじゃないでしょうか?
とりあえず彼の"一世一代の愛の告白"には注目


サブキャラ

■ペリドット (CV:エーリカ・ハルトマン)
教会三馬鹿トリオの紅一点
どこか憎めない奴だと思ったらやっぱりいい人だった
設定的にルーティと似てるところがあると思った
しかし…なぜ仲間にならねぇ・・・


■バイロクス (CV:ボビー・マルゴ)
教会三馬鹿トリオのお世話係
幼少のころからカルセドニーの衣食住をお世話してきたらしく
彼がいなくなった後果たしてカルセドニーは自立できるのだろうか?


■バライバ・マリン・ド・レ (CV:一之瀬ことみ)
RPGには一人は確実にいる皇女キャラ
自分を守ってくれる騎士に好意を抱いているという
なんともアガーテによく似た設定のキャラ
本作の自虐プレイヤー優勝候補の筆頭だったが最後はまともになる
そういえばミルハウスとの中の人が出てるよな…これは偶然?


敵キャラ

■クリード (CV:リュウセイ・ダテ)
本作のラスボス
なおブラックキャットとは何も関係ありません
なんだかんだでこの人も誰かを救おうとした結果
ああなったわけで…やっぱり可哀想な奴だった


■インカローズ (CV:越前リョーマ)
思えばカルセドニーなんかよりもずっと宿敵キャラやってる気がしますが
いかんせんまともに戦う回数が少ないのが惜しいと思った
しかしなんでこの作品に出てくる機械兵は
こう無駄に人間っぽいんでしょうか?



■クロアセア (CV:ウラタロス)
クンツァイトを執拗に追いまわすストーカー
余談だがクロアセア&クリノセラフ戦前のクンツァイトはやたらカッコ良かった


■クリノセラフ (CV:海馬瀬戸)
こいつもなんだかんだ言って誰かの為に何かを成そうと
したが為に他を切り捨てようとした機械兵


■コラダーム (CV:ちよちゃん)

だめだ…朋先生ボイスを聞くと
どうしてもシリアス分がぶっ飛ぶ…orz

でも守護騎士の中では最終的に一番処遇が良かったキャラ


■コーネルピン
モロキュウでアボガドなピーマン野郎


■ストリーガウ
本作の変人代表
捕らえたコハクを○○した変態
終盤になるにつれどんどん変態度が増し強さも凶悪になってくる。
彼の武器がドリルなのはカッキーへのいやがらせか?


総合的にみると俺個人としては十分楽しめました。
でも人の感性など人それぞれで、俺がどんなに「面白い」と力説しても
世界のどこかで「つまらない」と言ってる人も必ずいるだろう
結局物事の良し悪しは自分が決めることなんですよ。

ただ喜びや楽しみを誰かと共有できるってことは素晴らしいことだと俺は思う



関連記事
スポンサーサイト



COMMENT▼

よかったです(^^*)いいところを沢山あげてくれて嬉しかったですし、つっこみたいとこもつっこんでくれましたし…コーネルピンの説明はよかった(笑)あとこれは私事ですが、インカローズのcvをリョーマ君にしてくれてありがとですっ!(テニプリの大ファンなので(笑)←←)

Re: タイトルなし

>きぃさん
ハーツは機種の関係でボリュームが少なかったですが
久しぶりの2D戦闘のテイルズで非常にやりごたえがありました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://takaoadventure.blog98.fc2.com/tb.php/965-4d363e0e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

ブログ内検索

 

リンク

このブログをリンクに追加する
 

twitter

 

RSSフィード