fc2ブログ

Fate/Grand Order「ぶっちぎり茶の湯バトル ぐだぐだ新邪馬台国 地獄から帰ってきた男」 感想

fgo20221006.jpg

一世一代の茶席。始まる。

以下、ネタバレありの感想です。




fgo20220915.jpg

実質「ぐだぐだ邪馬台国の続編」みたいな内容で
「裏切り」「復讐」がテーマという
タイトルからは考えられないほど重い内容でした。
ただ、ちゃんと「ぶっちぎり茶の湯バトル」をしてたと思います。
要所要所でボケが入るあたりとか
いつものシリアスとギャグのバランスの取れた
ぐだぐだイベントらしさはあって良かったです。

全体的にノッブの出番が多かったですね。
最近は本人よりも本人の関係者、
維新組や人斬りサークルが目立って出番が
あまりないことが多かったですけど
今回は最初から最後までノッブが味方ポジションの
ブレインとして活躍していました。

FGO20201028.jpg

もはや邪馬台国と言えば新選組ですよね。
って感じで活躍する人斬りサークルの皆さんですが、
今回は特にまじんさんがCV中村悠一氏になったりで
目立ってた印象です。

fgo20221002.jpg

黒幕も含めて今回の敵は「弱者側の人間」で
被害者的な側面が強かったのですが…
だいたいサルが悪いよね。
実際今回の話はだいたい秀吉被害者の会と
厄介オタクによる争いみたいな部分がありましたからね。
ノッブといい…あの時代の戦国武将の
カリスマ持ちは人を狂わせるフェロモンでも搭載されてるの?
ただ今回は豊臣秀吉の負の部分ばかりが目立っていましたけど
ちゃんと功績も武勲もある人物ですから
実装される時はそこらへんちゃんと語られて手のひら返すと思う。
(実装されるかどうかは分からんが)


とりあえず今回一番評価が上がったのは
ワンワンマンですね。何だあのカッコよさ?
戦闘でもお世話になりました。
一番笑ったのは石田君周りですね。
いくら何でもガバガバすぎじゃないですか?
沖田さん放置はアカンって…
戦下手っていうのが現れていて逆に良かったかも。

fateFC2.jpg

抹茶ラテだけは許せない。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
Fateシリーズは基本的に史実・伝承でアレなことしている英雄もそこはぼかされていい所が語られる・悪い事にも理由があった、みたいなノリが基本なので今回、秀吉の負の一面にスポットライトが当てられたのには驚きました。

石田三成が好きな人間としてはいい扱いとは素直に言えない扱いではありましたが、とりあえず暴走する秀吉に振り回されつつもなんとか豊臣を守ろうとした苦労人という感じで、そこまで悪い扱いではなかったのにはホッとしています。
2022/10/06(木) 09:47 | URL | NoName #-[ コメントの編集]
Re: No title
> Fateシリーズは基本的に史実・伝承でアレなことしている英雄もそこはぼかされていい所が語られる・悪い事にも理由があった、みたいなノリが基本なので今回、秀吉の負の一面にスポットライトが当てられたのには驚きました。

ノッブとかも茶化してるけど結構負の面あったりしますからね。
そもそも戦いによって名を上げた英雄全員にそれは言えそうです。

> 石田三成が好きな人間としてはいい扱いとは素直に言えない扱いではありましたが、とりあえず暴走する秀吉に振り回されつつもなんとか豊臣を守ろうとした苦労人という感じで、そこまで悪い扱いではなかったのにはホッとしています。

三成に関しては本当に苦労人っていう印象があったので
そこまで印象悪くなかったですね。
むしろ駒姫に対しても秀頼に対しても申し訳ない感じになってたのが
彼の本質的な人間臭さが出てて良かったです。

2022/10/08(土) 10:50 | URL | せーにん #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

せーにん

Author:せーにん
皆様のおかげで
この度15周年を突破しました。
これからもよろしくお願いします。

[Twitterやってます]
https://twitter.com/seininTK

最近の記事
最近のコメント
開閉式カテゴリ一覧
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
twitter
RSSフィード
ブログパーツ