fc2ブログ

無能なナナ 第10巻 感想

nana20210105.jpg

3年後の世界でナナの新たな戦いが始まる。

以下、ネタバレありの感想です。



よかった。
「能力者は人類の敵」と言うナナしゃんは
演技だったようで安心しました。

…完全に騙されてましたね自分。


■能力者は人類の敵

3年後の世界では能力者の人権がほぼ無いような扱いで
能力者たちは政府の管理下で囚人のような生活を送っていました。
当面のナナの目的は「仲間の奪還と現在の生活からの脱出」みたいですけど、
最終的に一番救わないといけないのは
ナナオくんだと思うんですよね。
最初のターゲットが最後の敵になる展開は面白そうです。


■タイムリーパーVS無能力者

10巻のメインはタイムリーパー
佐伯シズカとの戦いがメインでしたけど、
一度時間系の能力者と戦っているだけあって
彼女の対策自体はかなり簡単だったと思います。
ただ、今回は「フウコの死を阻止する」
「シズカを殺さず味方に引き込む」

必要があったのでかなり限定された状況での
頭脳戦が面白かったです。

あと、フウコちゃんが死んだときの絶望的な表情は凄かったですね。
シュタインズ・ゲートの「失敗した」を思い出しましたよ。
やっぱりナナしゃんは曇らせてなんぼですよね。
ただ、そのあとちゃんと自力で復活してるあたり
流石9巻まででやたらメンタルを削られながら
鍛えられただけありますよね。


■生き返った男

今回でキョウヤの能力のデメリット
(記憶の容量が少ないこと)や
彼の妹がついに登場したので
11巻は彼と妹の話がメインになって行きそうです。

noeruFC2.jpg

「第3部スタート」って感じの10巻でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

せーにん

Author:せーにん
皆様のおかげで
この度16周年を突破しました。
これからもよろしくお願いします。

[Twitterやってます]
https://twitter.com/seininTK

最近の記事
最近のコメント
開閉式カテゴリ一覧
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
twitter
RSSフィード
ブログパーツ